人気ブログランキング |

カテゴリ:その他のぼやき( 82 )

30にして立つ!そそり立つ!

吾十有五而志于学

三十而立

四十而不惑

五十而知天命

六十而耳順

七十而従心所欲

不踰矩


シドニーシェルダン風超訳:
ワイは15で勉強しようかなぁと思ってたら、知らん間に30になってしもて、やっと家を出て独立したのはエエモノの40になったらなんかもうどうでもようなって、悩むことすらなくなり、50になったら神様の声が聞こえるようになった。でもって60になったらボケて子供がえりしてもうて素直に人の言うことを聞くようになったんやけど、70になってらもう何をしようがもう周りの誰も注意もせんし、おき楽極楽じゃなぁ。


今思えばなんでまたこんな孔子の言葉を学生に教えていたのか理解に苦しむが、30を過ぎた、今の自分が立ってるかと聞かれると、いろんな意味で立っていない。

まぁそれなりに頑張ってるつもりではあるが、もともとちゃらんぽらん(どちらかと言われると右の方。メガネの髭ではありませんので。)な性格のため、必要以上に努力する気も起こらないし。私は別にこれでいいんだが、下で働く人間たちはそういうわけにも行かないだろうなぁ。

とっとと、私を追い抜いて行ってくれればいいんだけど…。

このままボーッとしてたら、神様の声が聞こえてくるかなぁ。

そしたら、競馬や宝くじで一山当ててやろうっと。

ウフフフフ、人生って楽しいね。
by yaling | 2004-10-18 20:00 | その他のぼやき

【わたしぃ...夢を...見たの...】

a0013882_1325499.jpg


こんなこと考えたことありますか?

「夢」と「思い出」の違い

「夢」っていうのは将来の夢じゃなくて、寝ている時にみるほうの夢

「これの違いを説明して」と言われるとたぶん恐らくほとんどの方はこういうのではないか

「夢」は勝手に想像してみたもので
「思い出」は実際に経験したことの記憶…

「記憶」

これが曲者で、脳ミソが覚えている記憶はいわばHDの中のデータと一緒で同じデータと
いう意味では寝ている間に見た夢も本当に経験した思い出も同じものだということになる。


■■こんな経験をした■■


とあるお店でふと見かけた商品があった

その時は何も考えず、ただ見ただけだったのだが、数日経ってから、むしょうに欲しくなり
購入することを決意。

置いてあった店だろうと思った店に行ってみたのだが、どこにも置いていない。

店員にそんな商品がなかったか聞いてみるのだが

「前からそんな商品は扱っておりませんよ」

という返事が。

私の思い違いで別の店だったかも知れないとそこと似たような別のお店に行ってみる。

が、ない!

思い当たる限りの店に行ってみたのだが、どこにもそんな商品は売っていない。

そうこうしている間に、もともと本当にその商品を見かけたかどうかも疑わしく思えてきた。

「あれ、もしかして夢だったのかぁ」




本当のところはどうだか未だにわからない。ボーッとしているとこんなことしょっちゅう起こりうる。
痴呆症ではないのだが、お風呂でボーっと頭を洗っていて、ふと気が付くとまた頭を洗っていたり。
そんなことありません?

「あれ?私さっきあたま洗わなかったっけ…?」

本当にあったことの記憶なのか、夢でみたことの記憶なのか

現実と非現実の違いなんて頭の中だけの話なので「記憶の領域」に入ってしまうともうそこ
にはハッキリとした境界線などないのではないか。

ましてやそれを他人に証明することなど現代科学では不可能だがせめて自分の中だけでは
ハッキリとさせておかないといけない。そうしないと、そのうち夢の中で生活することになる日
が来てしまうかも。

おい!寝るんじゃない!しっかりと目を覚まして現実を見るんだ!

寝言は寝てから言おう!

現実逃避はいけません!
by yaling | 2004-10-03 13:23 | その他のぼやき

ブロガー必携!【goo RSSリーダー】結構便利です

【goo RSSリーダー】
a0013882_10392484.jpg


お気に入りのブログなどを一括管理できて、一括チェックしたいなぁって方にオススメなのがこちらの「RSSリーダー」であります。

いつも巡回しているブログのRSSを登録していくだけで専用のブラウザーから簡単にチェキラッチョできます。「goo」のソフトということで、左枠でリスト表示させると最初に見たくない「goo」関連のサイトリストが出てきて、しかもそれらは削除できないのが難点ではありますが、まぁここは眼をつぶって…。

エキサイトのブログのRSSを登録したい場合は
①各ブログの左下「excite」の下にある「XML」のURLを
②「RSSリーダー」の左上にある「RSSサイト追加」に登録すればOK

これでみんなのブログをらくらく巡回できます

エキサイトブログがいっぱいいっぱいの方も、エキサイト以外のブログもいっぱいチェックしたいヘビーブロガーも一度お試しあれ。
by yaling | 2004-10-03 10:37 | その他のぼやき

『おまわりさん弱っ!』大丈夫か日本の警察は!

最近よく街角で見かける露天商。

今日、ひとりでチャリに乗って巡回中の若いお巡りさんがめずらしくそんな露天商に声を掛けてるのを見かけた。

「ここ、無許可で店出したらあかんよ。すぐのけて。」(※のけて=かたづけて)

ってどう見ても横断歩道にはみ出て店を出しているし、売っているものもどう見ても違法な商品だ。許可とって販売するようなもんじゃないんだけど…。

ちなみに商品はCATVのチューナー(これも最近おおっぴらに売っているのをよく見かけるけど、違法な商品じゃないの?実験目的ってどういうことぉ?)に映画のコピーDVD(なぜか公開中や未公開の作品ばかり)。

「お!どうなるのか。がんばれお巡りさん!」

と陰でこっそり応援しながら様子をうかがっていると到底素人には見えない店員(角刈り、白のダボジャージ上下着用。おそらくmade in Italy)が

「まぁまぁ、ちょっとこっち来ィな。」

とお巡りさんを人差し指で呼んで、道の端に移動させて何か言っている様子

「…まぁまぁ、お前よりオレの方がよぉ知ってるから…」

白ジャージはニコニコしながらも威圧的な態度を取っている。

で、ゴニョゴニョ話をしている間、ちょっとよそ見をしていたら…

「あれ!お巡りさんいっちゃったよ…」

何もなかったかのように、お巡りさん退散。

「こんな時間に店閉められたら商売にならんわぁ!ガハハハ」

そこには勝ち誇った白ジャージの品のない笑い声が高々と響いている。

トホホ…

弱いネェ。だったら最初から声かけなきゃいいじゃん。

これでいいのか!日本の警察よ!
by yaling | 2004-09-30 15:13 | その他のぼやき

ん!?これはいいのか?こんなに堂々と!

アーロンズロッド

すごいネェ、これ。

男同士だと売春にならないのか?

写真入りで、PRに書いてある内容も結構泣ける。

捨て身の攻撃。

昔読んだ本を思い出した。

比留間 久夫著【Yes・yes・yes】
【内容】そちらの気もないのに、自分の人生に何も見出せないな主人公が上のようなお店での仕事に身と投じていくお話。

え?なんでそんなの読んでるのかって?

ま、まぁ、人生いろいろありますしねぇ・・・・・・、実はそちらの方の趣味も・・・・・・。

って!ないってばサァ!

万人にはオススメいたしませんが…、興味をもたれた方は一読のほど。
by yaling | 2004-09-26 18:52 | その他のぼやき

ブログ始めて5ヶ月経過!

なんだかんだとここまでやって参りました。

別に何か言いたいことがあったわけでもなく、ただなんとなく始めたブログだったんです。っていうか、ただ、ブログが流行ってるっていうからどんなモノなのか一度試してみよぉ~っと。っていうぐらいの気持ちでスタートしました。だから5ヶ月も続いていることに自分でもちょっとビックリ。

でもこれというのも、ここを見て下さっている皆様のおかげであります。毎日大体150人くらいの方々にご訪問していただいております。そんな中でも特にコメントを残してくださっている皆様には感謝感謝でございます。

もっと、もっといろんな人に見て貰える様なブログにしたいと思う反面、自分の感性で、無責に好き勝手なことを書いているのにも関わらず、ちゃんと見に来てくださる皆さんがいることを考えると、「無理に媚びた記事を書くよりも、自分と似たような感性や考えをお持ちの方たちと面白おかしく意見を言い合えるほうが楽しいなぁ」と最近思うようになりました。

とは言え、こんな広大なインターネット社会の中で小さなコミュニティを作っていたのでは意味がない上に勿体無い話でありますので、今後も積極的にいろんな話題を記事にしていければと思います。

で、たまに見に来ていただいているけど、コメントはまだ残していないという方がいらっしゃいましたら、是非コメントを残していってやってください。是非リンクを貼ってやってください。どちら様に限らず、コメント、トラックバック、リンクフリーであります。是非アナタのブログを私のリンクに追加させてくださいまし。

これからも皆様よろしくお願いいたしまするるる。
by yaling | 2004-09-02 18:28 | その他のぼやき

『知る幸せ』と『知らない幸せ』

インターネットの普及でどんな情報でも瞬時に手に入れることができるようになり、なんでも知りたがりの私なんぞはもうインターネット無しでは生きていけないほどの情報依存症と化しております。

でも、世の中知らない方が幸せなことがあるのも事実。

たとえば、身近なところで言えば食材。

いつもは数百円の安い「メロン」しか食べたことがなかったこどもが、ある日、お中元やらなにやらで一個数千円のメロンを口にすることが出来たとする。

「なんだ!これは!今までのメロンと違う!こんなのはメロンじゃない!」

なんて親孝行な子供を持った親は神に感謝してください。またはそんなアナタの教育は間違っていなかったと自分を褒めてもいいのではないのでしょうか。でも普通なら

「なんだ!この美味しいモノは。これがメロンだったのかぁ。今まで、だまされてたぁぁ!」

こうなると次回数百円のメロンを買ってきても

「本物のメロンが食べたいなぁ、こんなウリの出来損ない食べれないよ。」

なんてことになる。知らなければそれで幸せだったのに。。。



そんな私が最近体験したお話をひとつ

私は昔から手品が好きで、自分でもいろいろ練習していた。オモチャ売り場で売っているようなタネも昔はよくおこずかいで買ったものだが、そんなものを普段持ち歩くわけにもいかず、大人になってからは、特別な道具がなくてもその辺にあるトランプやコインやタバコ(吸わないんだけどね)やらを使って出来るものをいくつかマスターしていった。

そんな中、留学中にアメリカで「the selffolding dollar bill」(自分で折曲がるドル紙幣)っていう手品を見てやりたいなぁと思っていた。

どんな手品かというと単純に手のひらに載せたお札が勝手に折り畳まれていくというもの。

本格的なマジックショップに行けば売っているんだろうけど、売っているマジックは買っても結局、がっかりすることは子供のころに学習済みなので、出来る限り自力でやり方を見つけようと思ったのがかれこれ7年ほど前の話。

それからいろいろ考えたが、手先の器用さとかそういう類のマジックではないことだけはお札の動きを見ていればわかる。結局、実際に仕掛けを購入しないと出来ないのかなぁなんて諦めかけて、何度か手品を売っている店を見つけるとそのネタがないか確認してみたんだけど、見つからないまま今に至った。

それが、数日前、昨今のテレビでのマジックブームの再来でそのことを記述したHPを見つけてそのタネがわかった。

「なーんだ」

そうなのよ。いつもそうなのよ。特に手品のタネなんてそんなものなのよ。

7年間思い続けたこの手品。結局、そんなもんなのよねぇ。

あー買わなくてよかった。

でも知らないままでいた方が夢があったなぁ。
by yaling | 2004-09-01 16:52 | その他のぼやき

歳を取ると筋肉痛の時間差攻撃が…

うきゃ!!筋肉痛

最近筋肉痛が時間差攻撃で襲ってくる。

若い頃は何か運動をして、その夜はすっかり筋肉痛だったけど、最近は数日遅れでやってきやがる。

「あれぇ、なんか今日ダルイなぁ。カゼでもひいたのかなぁ。」

朝起きて、体がだるいんだけど、なんでダルイのかさえ判らない。

数日前の運動のことなんかすっかり忘れてるもんで…。

やばいなぁ。

こんなことじゃいけませんヨォ。大体いっこく堂じゃあるまいし、時間差攻撃って…

ちょっと時差ありますみたいなのが許せない。

「わたしは~とある店員yalingと申します。世界を股にかけるインターナショナル人間。時差ボケなんて普通だよね」って言うじゃない~

「アンタ、本当はただの老化現象ですからぁ~!」残念っ!

「加齢臭ただよう変態中年オヤジィ~!」斬りっ!

「最近回りの目がぜんぜん気にならなくなってきました。」切腹!

ギター侍【波田 陽区】のHPはコチラ

ネタはコチラ
by yaling | 2004-08-29 13:51 | その他のぼやき

【降霊機】試してみました

ベクターよりダウンロード

結構、悪趣味なソフトでした。

結局ランダムで答えを出しているだけなんだけど、「悪い霊を複数ダウンロードしました」とか「キチガ●!」みたいな答えもあるのであんまり品がいいものではなさそう。

最終的な結論が出るまでの過程がまぁまぁ、凝っているのでそこを楽しめる人はそれなりに評価できるかもしれませんが、マジメでなんでも真摯に受け止めてしまう方にはオススメいたしません。

でも占いとかもそうなんだけど、結局なんの根拠もないものがほとんどで、基本はいろんな答えのひとつをランダムで表示しているだけのものが多い。

私もひとつ持っている有名な占いグッズで【マジック8ボール】っていうのがあります。(このHPでも試せます。質問を考えながらボールをクリックしてください。)
a0013882_13363325.jpg

使い方は最初に8の字を上に向けておいてまず「Yes」か「No」で答えられる質問をする。

例えば「彼女は私に興味をもっていますか?」「明日彼女に告白してもいいですか?」みたいなね。

それからそのボールをひっくり返す。

そうすると裏に丸い窓があって、最初は真っ黒なんだけど、ボーッと回答が現れる。

仕組みは単純で中に黒っぽい液体が入っていて、その中に多面体のサイコロみたいなのが入っている。これの各面に答えが書いてあって、そのうちのどれかが浮かび上がってきて、裏の窓に出てくるのね。

「Yes」とか「疑わしい」とか「当然!」とか「やめた方がいい」とかね。(本物は全部英語表記ですが。)


でも人間の悩みなんてどんなに複雑な問題でも突き詰めていけば最終的には2択なわけで、一見アナログでも実はデジタルな世界だったりする。

結局やるかやらないかしかない。(「今は見送る」っていう選択は先延ばしにしているだけで、いつか最終決定を下す必要があるので)。

で、どっちが本当にいいかなんて誰にもわからない以上、こんな占いグッズに背中を押してもらうのも、いつまでもウダウダ悩むよりは案外、潔いことなのかもしれないなぁなんて思った。

「降霊機」の話から大分ずれてしまいましたが、まぁホドホドにお試しあれ。

マジック8ボールは「アマゾン」でも購入可能です。
by yaling | 2004-08-28 13:35 | その他のぼやき

鼻毛はポリシーであり生き様である!鼻毛万歳!!

そこの兄さん・・・・
今日はコトミさんのこの記事にTB。

電車なんかでもたまにいますよね。鼻毛出ている人。

友達なんかでも、もし出ていても注意しにくいよね。鼻毛に関しては。

「出てるよ」

なんて言って、本人が恥ずかしい思いをするんじゃないのかって。

これをちゃんと言い合えるのが本当の親友なんだとは思うんだけど、特に相手が異性だとなかなか言い出せない。

でもね、一本チョロっと顔を出していて、息をする度に

ピョロロロロ~ピョロロロロ~

なんて涼しげになびいているくらいならまだしも、本気でボーボーに出ている人がいるよね。

間違ってもそんな人に鼻毛が出ていることを注意したらいけませんよ!!

気づかない訳ないじゃん。ありえない。どう見ても出てるんだから。遠慮が無い。

【そんなのワザとに決まってるでしょ!】

あれは間違いなくあの人のポリシーであり、生き様なんだから。

いわばモヒカンみたいなもので…。

だから、「鼻毛出てますよ」なんていうのは相手にとって当たり前のことである以前に
とっても失礼。もし何か言いたいのであればこう言うべきである…

「素敵な鼻毛ですね!」又は「立派な鼻毛をお持ちで…」

間違いない!

P.S. 北京のディスコで一目ボレして、毎日ラブレターを渡し続けて、友達にはなれたが結局どこぞの大使館員の息子に持っていかれたディスコの小姐は私がこれまでの人生で知り合った女性の中で1・2を争うほどの美人であったが、よく見ると鼻毛がでておりました。ま、それでイヤになるほど繊細な神経は持ち合わせておりませんが、ちょっとビックリして引いてしまったのは間違いありません。出来れば出ていない方に100万点。
by yaling | 2004-08-28 10:43 | その他のぼやき