人気ブログランキング |

カテゴリ:その他のぼやき( 82 )

珍珠奶茶(タピオカ入りミルクティ)

a0013882_19593277.jpg

神戸の南京町って最近、観光客相手に店の前に出された屋台というか露天というかばっかりであまり好きじゃなかった。大しておいしくもない、どこの店で買っても似たようなぶたまん(同じ冷凍のを使ってるんじゃないかと思ってるんですけど)にふかひれとは名ばかりの春雨入りラーメンやらどれもどうでもいいものばっかで残念無念で。

タピオカ入りミルクティーも結構売ってる店はあるんだけれど、どれもタピオカはフニャフニャでミルクティーもやたらと味が薄くて…。

そんな中、まともな珍珠奶茶を売ってる店を発見。一杯350円也。お茶っ葉は台湾から取り寄せているらしい。(台湾の紅茶が本当においしいのかどうかしりませんけど)タピオカは東京の業者から買ってるらしいが、しっかりとモチモチしてました。場所は三宮寄りの門から入ってちょっと行った右手側の路地の中。行かれる方はお試しあれ。
a0013882_2062158.jpg
a0013882_2063133.jpg

by yaling | 2005-04-22 20:07 | その他のぼやき

【訓読みの「訓」の字は音読み】トリビアの泉より

この前「トリビアの泉」で訓読みの話を聞いたのだが、同じようなのを発見したので報告。

「北京語の北京は広東語」

はぁ?

と思われるでしょうが、そうなんだから仕方がない。

「北京」ってなんて読みます?

「ペキン」ですよね。

でもこの読み方日本語じゃないよね。

じゃあ中国語の標準語である北京語(普通話)かというとそうではない。

北京語で「北京」は「Beijing(ベイジン)」であり「Peking(ペキン)」ではない。

が!しかし、その昔、かすかな記憶を辿っていくと伊丹空港が国際空港だったころ北京の行き先には「Peking」と書いてあったような気がする。(ちなみに今関空では「Beijing」になっている)

何故だ!しかも北京大学のホームページを見てみると何故だか大きく「Peking University」と書いてあるではないかい!

何故!?

で、更に調べてみるとこのような記述があった。

「ペキン」は広東語の発音だそうです。
西洋と最初に接したのは中国でも南の方だったために
英語には広東語の方が定着したのでしょう。
でも中国政府は「Beijing」の方を正式名称としているので
最近は英語でも「Beijing」と書くことの方が多いようです。

日本語と中国語より

へぇ~へぇ~へぇ~

「北京語の北京は広東語」

ここに新たなトリビアが生まれた。
by yaling | 2005-02-25 18:11 | その他のぼやき

ぞっ・ぞっ・ぞっ・ぞーしーん♪

a0013882_18175413.jpg


日本橋でんでんタウンに新しいお店がオープンしました。

その名も「ぞうしんでんき」

今話題のCATV万能チューナー専門店。(最近中古PCも申し訳ない程度においてあるけど)

いつでも逃げられるように、店内は以前閉店した店舗の内装そのまんまだし、棚も会議室なんかにある折りたたみの長テーブルだし…。

胡散臭さ120%!!

「ジョーシン電機」と間違えんといてや!うちは「ぞうしんでんき」やさかい!

気分ぞうぞう「ぞうしんでんき」!

切腹!
by yaling | 2005-02-17 18:22 | その他のぼやき

「レイティング(年齢制限)」なんてクソくらえだ!

最近何かと未成年者の犯罪がニュースになる度にゲームやら漫画やら映画やらインターネットやらをバッシングする光景を目にするが、そんなモンは責任転嫁以外のなにものでもないとずっとここでも言ってきたことなんですけど…

だからといって表現の自由をなくすわけにもいかず大人たちは責任転嫁ならぬ責任逃れをやり始めた。それが「レイティング(年齢制限)システム」だ。

表向きは判断能力のない年齢、十分に理解できないであろう年齢の子供たちに過激なモノを見せないようにということなんだけど、これって単なる「臭いものには蓋をしろ」な論理であって、何故それがいけないことなのかを教えることにはなっていない。

ちょっと前にどこかの記事で(元の記事がどこにあったか忘れちゃったのでソース不明でごめんね)『怪物なり悪者が主人公で人を殺していく映画(ホラーとかね)を見た後よりも、正義のヒーローが悪者をコテンパンにやっつける映画を見せた後の方が子供は暴力的になる。』なんてのがあったんだけど、これは実際私にとってすごく納得のいく内容でありました。

ジェイソンを見て人を殺そうとする人間は私自身今まで見たことないんだけれど、仮面ライダーやウルトラマンを見た後に友達にキックする子供は死ぬほど見てきたし、自分もそうだった。

で、親のほうもヒーロー者の暴力は比較的簡単に容認しちゃうんだけれど、ジェイソンは子供に見せたくないっていう。

これって結局、正義なら力で解決してもいいって言ってるようなもんで、言い換えれば「アメリカの戦争は正義だからOK」っていうのと同じ理屈である。でも本当に必要なのはそんな教育ではなくて、ジェイソンを見せて「怖いね。こんなことしたらダメだよね。」であり、「こんな人がいたらどうすればいい?」ってことなんじゃないのか。

大人の勝手な価値基準でレイティングするのも、見せなきゃ大丈夫なんていう希望的妄想もそろそろやめて、少しずつでも現実を教える努力をした方が世の為であり、子供のためでもあると思うんだけれど。

親が子供に「勉強しなさい」なんていうのも同じで、これも本当に子供の将来のためというよりは将来子供が社会的に落ちこぼれたときに「ほら見なさい、あの時ちゃんと勉強しなさいって言ったのに、ちゃんとやらなかったアナタが悪いのよ。」と責任を逃れる為の「勉強しなさい」であり、決して子供の為なんかじゃないのはほとんどの親に言えることだと私は考える。

本当に子供のためを思って勉強させたいのなら、「勉強しなさい」なんかではなく、「お母さん(お父さん)と一緒に勉強しよう」っていうべき。「教えてやる」なんてスタンスもNGだな。よほど勉強のできる親ならともかく、基本的に勉強嫌いで子供の教科書見てもちんぷんかんぷんな私らにとってはやっぱり「一緒に…」っていうのが正解なんだと思う。ましてや最近売れてる本が「大人のドリル」なんていうんだから尚更そうだわさ。

そうやって、一緒にいろんなものを体当たりでお互いが吸収していくことができれば、ホラー映画見せようが、殺人鬼が主人公のゲームをしようが、ちゃんと何が現実でなにがウソなのかを見極められる子供になるんじゃないの?

いい加減逃げるのはやめた方がよさそうだよ。
by yaling | 2005-02-17 14:45 | その他のぼやき

高野山に行ってきたよ!

a0013882_1322194.jpg
この写真ちょっと補正かけたのであまり雪降っていないように見えますけど、本当はもやのかかったようなぐらい結構な雪が降っておりました。
a0013882_1325016.jpg
添乗員やってたときに何度も訪れた場所なんだけど、こんな雪の日に来るのは初めて。また違った趣があっていい感じです。
a0013882_133887.jpg
あまりの寒さにお地蔵さんも鼻水垂れてます。(っていうかツララに…)
a0013882_1332557.jpg
たまには高野山もいい感じ。次は6月頃にアジサイが満開になったらまた来ようっと。
by yaling | 2005-02-04 13:02 | その他のぼやき

オークションの転売ってどうなの?

最近、オークションの転売で小銭を稼ぐ人が増えている。

どこかの家電屋がオープンセールで限定10個で出した商品を転売するのはまだ許せる気がする。

だけどね、コンサートとかのチケットを買い占めて転売するのってどうも許せないような気がしてきた。だってダフ屋といっしょじゃんね。あんなの素人のする仕事じゃないわよね。

それでもね、いい席確保しようと、何件か予約した分で、余ったのを転売するのならギリギリ許せるけど、最初っから行く気もないチケットを買い占めて高値で転売目的で購入するのがいただけない。

チケット売る方もさ、国際線の航空チケットみたいに名前入りにして身分証明書で確認するぐらいのチェックは出来ないもんかね。

なんて言ってみても、そんな面倒臭いことしてくれるわけないか…。

でもホント迷惑だよね。高値で売れるんだから仕方ないのかなぁ。
それが資本主義ということなのかなぁ。

なんかすっきりしないね。
by yaling | 2005-02-02 18:22 | その他のぼやき

【千とシェパードの神隠し】

うわぁぁぁあああああ!!!!!

いつもラブリーな姫のこの記事にTB。

ある。そんなことあるよね。

今、ほんのつい今しがたそこにあったはずのモノが忽然と姿を消すわけですよ。

まぁ、会社なんかでデスクの上にあったはずのペンやら消しゴムがなくなったりするのであれば、まぁなんとなくその辺に犯人がいそうでちょっと「ムッ!」とする程度のことなんだけど、1人しか居ない部屋で、別に何をしたつもりもないのに、ふとした瞬間に目の前にあったはずのモノがなくなる…。

アレってなに?誰の仕業?

そりゃね、何かの弾みで机の下に落ちたとか、その上たまたま上手く転がって思いもよらぬ場所から出てくるなんてことも少なからずあります。

けどね、散々躍起になって探したにも関わらず、見つけられずに、もう精魂尽き果てて、諦めモードで机の前に戻ってみると…

「あ!あった」

って。アレ何?ナニワザ?

大槻教授の言うところのプラズマ現象のせい?

今度機会があったら、部屋に24時間監視カメラを取り付けて、その正体を突き止めてやる!心して待ってやがれ!

【本当は自分がボケてるだけのボケおやじの決意表明】
by yaling | 2005-01-13 16:57 | その他のぼやき

【カメラ】についてふと思ったこと

今ネット上でちょっとお祭りになっているカメラがある。
a0013882_13124382.jpg

Contax Tvs Digital 定価138,000円

どうしてこんな高いデジカメがお祭りなのかというと、某インターネット通販サイトが送料込みで4万円で販売しているからだ。

これを持っている子が会社にいたので少しお借りした。

発売されたのが2年近く前ということもあり、高級デジカメとは言えど、動作がモッサリしていて、ちょっとイラッとなる。500万画素だけど、最近のデジカメはどれもキビキビ動く。電源をオンにしてから直ぐに撮影可能になるし、撮影後の書き込み速度も速く、すぐに次の写真が撮れる。

それに比べるとコイツは138000円なんて、目ン玉が飛び出しそうな定価のクセに何をするにものんびりしてやがる。書き込む時間も結構なもんで、こんなカメラでウチのチビを撮影しようものなら、「はいチーズ」と言った時にはすでに50メートル先を走り回っているに違いない。

でもね、このデジカメ触っていて思い出したことがある。

アメリカの大学に留学していた頃、単位稼ぎで「photography」のクラスを受講したことがある。その当時はデジカメなんて代物はございませんでしたので、祖父のお下がりのボロボロの一眼レフカメラ(オールマニュアル)を使用して、毎回与えられるテーマについて、モノクロ写真を撮影して、授業中に大学の暗室で自分で現像して、出来上がった作品を採点してもらう、というクラスでありました。

生徒達が使うカメラもマチマチな為、カメラの使い方のレクチャーも簡単なもんで、とにかく撮影してきて、現像するっていうのがメインのクラスでしたっけ。

それでも一応、絞りとシャッター速度の関係を気にしながら、与えられたテーマをいかに自分らしく表現するのか、あれこれ考えながら、撮影しておりました。

でもね、最近はさ、デジカメのお陰で何も気にせずパシャパシャとってたじゃない。「失敗しても削除すりゃいいさ」って構図も何も考えずにただただシャッターを押しまくってたじゃない。

でもね、本当に撮影するってことはこういうことなんだなぁ。って、このデジカメ使いながら思い出したんですよ。

Contaxってブランドには何の思い入れもありませんし、カールツァイスだかカールルイスだかどうでもいいんですけど、ゆっくりとした時間の流れを感じながら、あれこれと自分の思いを馳せながら撮影するのもいいもんだと。

スピードが命だなんて、日本にいると、それでなくても時間に追われて生活している感があるのだが、特に大阪に住んでるとどうもセッカチな自分になりがちだ。「早飯早便芸のうち」なんて生活がスッカリあたり前になっていたんだなぁと思った。

腐っても138,000円のContaxなので、撮影した画はそれなりに雰囲気があるらしいし(すみません。この辺詳しくないもんで…私には評価できません)、今更、フィルムカメラで撮影するほどカメラにお金も時間もかけられないけど、でもたまにはいいカメラじゃなくっても、手持ちのデジカメでも持って街に出てさ、空をゆっくりと流れる雲でも見ながら、いろんなことに思いを巡らしつつね、何気ない景色を切り取ることができれば素敵じゃない?

毎朝の通勤途中に見慣れた景色も、また変わって見えるかも…。
a0013882_1537398.jpg

皆様もいかが?
by yaling | 2005-01-10 13:10 | その他のぼやき

祝!3万人突破!to Me!

ヒロシです。

今朝出勤してから、ブログの訪問者数をみたらちょうど30000人目でした。

祝!3万人目!の私…

キリ番ゲットオメデトウ!ワタシ…

それから来て下さった皆さんへ

ありがとう…。
by yaling | 2005-01-09 17:35 | その他のぼやき

人生における勝ち負けの判断基準

「負け犬」ってのはただの笑かしじゃなかったんすか。

新年早々絶好調なacoyo様に遅れをとってなるものかとTB。本年もしっかりとついて行きますぞい!

30過ぎの独身女性が勝ちか負けかを今更論議する気にもなれないので、そこは置いといて、アメリカ留学中に「アメリカ人は、えてして子供じみたバカが多いナァ」と感じていたのですが、最近日本人も負けず劣らずバカが増えてきたと言わざるを得ない。

なんてこんなこと書くと「なんだお前、偉そうに。お前だけが賢いつもりか?何様じゃ、ボケ!」なんて言われそうなんだけど、まぁ確かにどこの馬の骨ともわからない私の発言より、マスコミの意見の方が信用できそうだと私自身、そう思いますけど…。

でも「ズバリ言うわよ!」

人生においての勝ち負けを他人に決められて、「はい、そうですか。」と考えている人間がそこにいるのならそれは本当に恐ろしいことだ。

「アナタは幸せですか?」

なんて聞かれて、アナタは自分で自分の考えを答えずに「30過ぎの独身女性は負け犬とマスコミが言っていたので不幸せです。」なんて答えるの?

貧乏だろうが、幸せな人は沢山いるし、金持ちなのに文句ばっかり言ってる不幸せな人も沢山いる。

「勝ち組」とか「負け組」とか、そんなマスコミの言葉に踊らされて喜怒哀楽しているアナタには自我ってものはないのかね。結局、自分なんだよ。自分がどう思うかなんですよ。

そりゃね、社会で共存するには最低限守らないといけないルールはありますよ。自分さえよけりゃなんて論理は通用しません。でもね、それでもそのルールに従いながらも自分自身が満足できる人生を歩めるようにと皆日々努力しているわけですよ。

それをさ、その自分の人生をさ、マスコミに「負け犬」だと言われて、落ち込んでるようでは、ホントアメリカ人のことをバカだと笑ってはいられません。

そんなに自分の人生までを他人に委ねたいもんなのかなぁ。

どうせなら、マスコミよりもより公正になるように、国にそんな判別機関でも作ってもらうか?

総務省に「国民勝負評価局」でも作って判定してもらうか?

「はい、アナタの社会的地位、資産、家族関係から勘案してアナタを勝ち犬と認定します。」

でさ、認定書でも貰うか?

だったら、ついでに「負け犬」はかわいそうだから、「負け犬手帳」でも作ってもらって市営地下鉄、バスの料金を半額にしてもらうか?

バーカ!自分の幸せは自分で勝ち取るもんなんだよ!努力しろ!ちっとは頭使って考えろ!楽して他力本願で幸せになれると思うな!自分の人生を他人に委ねて不幸とか言ってんじゃないよ、ボケ!

2005年新年早々負け犬が吠えております。今年も吠えてまいりますのでよろしく。
by yaling | 2005-01-09 11:03 | その他のぼやき