人気ブログランキング |

ダウンタウン松本人志氏 『ピクミン2』にチャレンジ!

深夜ラジオ番組『放送室』 5/28放送分にてダウンタウン松本氏が【ピクミン2】をプレイしてみての感想を述べられました。ピクミンはTVCMでもおなじみの任天堂ゲームキューブ用の人気ソフトでその愛らしい見た目に反し、結構えげつないゲーム内容で幅広い層に人気があります。

松本氏の感想としては
 「オレにはピクミンは向いていない」

その理由として
 「優しすぎるから」

判るような気がしました。私もピクミンを最初にプレイしたときにちょっと引いてしまった。最初のウチは少量のピクミンを大事に大事に育てていき、犠牲もできるだけ出ないようにとプレイしていくのだが、あまりそこにこだわり過ぎるとゲームが進まなくなる。

「これは戦いなんだから、多少の犠牲は仕方が無いのだよ」

といった割り切りがゲームクリアには必要なのだ。


a0013882_16193.jpg
【任天堂ピクミン】より

最初に出てくるちょっと大きめの敵(上の写真)になにも考えず不用意に近づいた時に、悲劇が起こった。まだ操作に不慣れなこともありボーっとしている間にあれよあれよと大事に大事に育て上げた可愛いピクミンたちがバクバク喰われていくのである。それはある意味壮絶な光景であった。

『あぁ~ごめんよぉ~オレがヘタクソなばっかりにぃ~』

それまでは、ゲーム内での一日に出るピクミンの犠牲者数は1~2匹だったのだが、この日は百匹ぐらいが天に召された。この時はちょっと凹んでしまい、それ以上ゲームを進めることが出来なくなった。

数日後、気を取り直してゲーム再開。序盤から敵を倒すことよりもピクミンを増やすことに専念。攻撃力の強い赤ピクミンをメインにあの憎き敵を倒すために物量作戦に出るためだ。多少の犠牲は仕方が無い。

「何が何でも倒してやる。」

この辺りから、だんだんと感覚がマヒしてくる。ピクミンの数も序盤はなかなか増えないが物量作戦に出て敵を倒すと、どんどん増えていく。一度の戦いで数百匹のピクミンが死んでいってもまたすぐに死んだ数以上のピクミンが生まれてくるのである。そうなるとなにも感じなくなる。消耗戦。我が子のように可愛かったピクミンは手コマと化し、消耗品のように扱われていく。それでもピクミンたちは何の不平不満も言わず命令通りに黙々と敵の真っ只中に突入していく…。

恐いゲームだと思いません?

最初は1人の兵士の犠牲に報復を考えるが、それはだんだんと泥沼化し引くに引けなくなって、どんどん増兵していく。そのうち人を人と感じなくなり…なんて、まるどこかの国の戦争のようじゃありませんか?

でも私は決してピクミンを否定しているわけではありません。ゲームとして良く出来ているし、必ずしも消耗戦に出なくとも、犠牲を最小限に抑えてゲームを進めることも不可能ではない。最短時間でクリアするには消耗戦が手っ取り早いだけで、頭を使い、無駄な戦いを避けて通れば、時間はかかるが先に進めるようになっている。結構絶妙なゲームバランスを持っている近頃珍しい良作だと思っています。

社会に出て組織のなかで出世して人の上に立つことを考えたときに、可哀想とか情けばかりでは出世できない。リスクはリスクとして考え、ある程度の犠牲は仕方がないと割り切った上で人を使うことを覚えない限り、いつまで経ってもペーペーのままなのである。

そういう意味では松本氏は吉本興業という組織に属し、多数のライバルたちを押しのけてトップに立ち、芸能人の長者番付にここ10年連続して上位に名を連ねている言わば勝ち組である。でも、芸人の世界はどちらかというと団体競技(チームプレイ)ではなく、個人競技なので彼がこれほどの成功を収めたのは決して人を踏み台にすることによってではなく、(多少はそれもあったかもしれませんが)自分の才能によってトーナメントを勝ち残ってきたわけで。そういう意味で松本氏には人をコマとして使うという一面において免疫がなく、抵抗を感じたのではないか。と私にはそう思えた。
by yaling | 2004-05-29 12:00 | オススメゲームソフト
<< レコードが売れないのは誰のせい? 犯罪国家「アメリカ合衆国」 >>