人気ブログランキング |

なぜハリウッド映画なのか…。

ハリウッド映画化して欲しいマンガはコレっ!

ま、なぜそうなのかなんて、私も痛いほど良くわかっておりますけど…。それでいいのか?

なぜ日本映画じゃだめなんだYO!

「デビルマン」のせいか?「ハットリくん」のせい?それとも最近の作品なら、「最終兵器彼女」のせいなのか?

はぁ…。確かにダメそうな気がしてきた…ってオイ!セイセイセイ!

(気を取り直して)

だからってハリウッド映画が必ずしも成功するとは限らんのですよ。まぁ、たぶんおそらくどの作品を取ってみても、ハリウッド映画になってしまった時点で、原作の雰囲気はすっかりなくなってそうだし。いくらジャパニーズホラーが人気で「呪怨」のハリウッド版が日本人監督で日本を舞台に撮影されたからって、漫画はそうもいかんわけですよ。

「頭文字D」の実写版は日本で撮影されましたし、主人公たちも原作の設定そのまんまというのには驚かされましたが、多少無理はあったにせよ、同じアジア人ということでギリギリのところで成立していたとは思いますけど、じゃああれが金髪青目のアメリカ人で「藤原とうふ店」とか言われても、「なんでやねん!」と突っ込みを入れまくりの映画になることは目に見えているわけです。

まあそれに、たとえハリウッド映画だったとしても、映画化してひどいことになった事例はゴマンとあるわけで…。「北斗の拳」とかルーク・スカイウォーカーも出演していた「ガイバー」とか…。漫画じゃないけどゲームからの映画化「ストリートファイター」なんてのもひどかった。原作読んでいないのでなんともいえないですけど、近々公開予定の「ナルニア国物語」なんてのもあんまり大した映画じゃなかったし。

ま、これもラストチャンスということでハリウッドに任せる前に、「デスノート」実写版を見てから判断するということにしてみようではありませんか。スタッフの皆様!いよいよ真剣に実写化に取り組まなくてはいけなくてよ!期待しております金子修介監督!

CGのデュークも見てみたいけど、どうも「デビルマン」を思い出してイカンので、いっそのこと阪本順治監督作品「ビリケン」でビリケンを演じた「杉本哲太」をノーメイクで出すってのはどう?雰囲気はあると思うんですけど。
by yaling | 2006-02-17 16:30 | 映画・TVのぼやき
<< あなたの余命はあと… 所詮偶像なんだよなぁ。 >>