【負け犬の遠吠え】30過ぎ独身女性は「負け犬」か?

a0013882_13289.jpgもう、今更な話題ですが【負け犬の遠吠え】なる本が売れています。30過ぎの独身女性が口ではなんて言ってみたところで「負け犬の遠吠え」でしかないという話であります。結構乱暴な言い方で、反感もかっているようですが、ベストセラーになった背景にはそう思っている人が多いのでは。でもいったい誰がこの本を読んでいるんだろうか。

30前に結婚した主婦?ありえなくはない。理想の結婚とは程遠い現実に直面しながら悠悠自適に暮らす、独身女性を見て羨ましさからくる妬みでこの本を読みながら彼女たちを見下し嘲笑しているのか。

当の「負け犬」と呼ばれた女性たち?これもありえる。人前では強気な態度を見せても、やっぱり寂しがりなのが人間。心のどこかで自分のことを「負け犬」だと思っている?でも、これは男女関係なくそんなもんだ。それでも、ひとりがいいなんて言い切ってしまうのは余程の変人か、完璧主義の潔癖症(自分の弱点は認めたくないのが度を越してもはや精神病)ぐらい。そんな人には「そんなにひとりが好きなら人里離れた山にでもこもって仙人にでもなればいいのに…」と思ってしまう。

今朝のテレビでもこの本が話題になっていて、街頭インタビューしていた。
その中で「負け犬」に当たる女性のひとりがこう言っていた。

「30前にこの人だと思えるような男性がいなかった。男がダメすぎる。」

確かに今の男は情けなくなっているかも知れない。でもいいじゃん。情けない男の上に立ってバリバリ仕事したいんじゃなかったの?ウーマンリブから始まり、男女平等、男女雇用機会均等、ジェンダーフリー。田嶋陽子先生がひとりで張り切って言ってるだけじゃないよね。昔の男尊女卑は本当にすごかったと思うし、男女問わず人権や自分の生き方を選ぶ権利は平等であればいいと思う。これからももっとこういった風潮が促進されて女尊男卑にすればいい。このままいけば女帝もでてくるんだしさ。

でも悪いけど上記の女性の発言はなぜかやっぱり「負け犬の遠吠え」に聞こえるのよねぇ。女が強くなったのなら、女性が男を養ってもいいじゃ。大黒柱になればいいのよ。ダメな亭主でもいいじゃん。「主夫」なんて言葉もあるぐらいだし。私はそれもいいと思うよ。家事でも育児でもやれるけどなぁ。嫁さんにそれだけの稼ぎがあれば。にも関わらず「男がダメ」なんて結局心のどこかで「食わしてもらおう」と思ってるのが見え見えなんだよね。田嶋陽子先生を見習いなさい!自分がひとりなのを「男がダメ」なせいにしちゃうのはやっぱりかわいくないんじゃないの?

別の主婦がこうも言っていた。(彼女はここでは勝ち組)

「30過ぎで独身でもお金持ってて、仕事バリバリこなして、家も持ってて、それは勝ち組になるんじゃないの?」

そんなのこれまで男は普通にやってきたことじゃない?仕事して稼いで家族養いながら、小さいながらもマイホームを建てるためにコツコツ働いてきたじゃん。男でもいくら小金持っていてキャバクラのオネエさんにモテても、40過ぎて独身なんてやっぱり虚しいもんだと思う。

あ!これだ!女性なら「30過ぎ」だったのに、男だったら「40過ぎ」。この10歳の差が平等じゃないんだ。だから男女差別なんだ。ごめんなさい。じゃ、言い換えます。

男女問わず40過ぎの独身は「負け犬」である。

人間みんな弱いもんだよ。自分の弱さを知って初めて強くなれるもんだよ。
ひとり強がってみたところで、本当にそう思ってるの?

男女平等結構!ジェンダーフリー上等!

でも自分の弱さを認めず、いつまでも強がるのは辞めた方がいい。かわいくない。(男女関係なくね)人から愛される人間になったほうが人としての魅力もあるよ。結局、人間ひとりじゃ生きられないもんなんだからさ。そんなに力む必要ないよ。

結局勝ち負けなんて本人が決めることで、本人が本当にそれで納得してるのなら、他人がどうこう言うことじゃない。でも本心では「負け犬」だと自分で思っているアナタは明日、職場で少し素直になってみては。本当はかわいい人なんだからさ。案外いい人近くにいるかもよ。

開き直りは本当に可愛くない!
[PR]
# by yaling | 2004-04-19 13:28 | 本のぼやき

ボランティア精神の本当と嘘

[あなたの命ハウマッチ?]と似たような話ですが、
ボランティア精神というものにも少なからず疑問を抱いてきた。

世の中に本当に他人の為に何かを出来る人がどれほどいるのか。
結局自分の懐が痛まない程度に、いい事をした気になって、自己満足のための押し付けのボランティアなんじゃないのか...(そうではない人がいないとは思ってはいません)

このような話が題材になった映画も少し前に公開されました。
「すべては愛のために」
a0013882_175722.jpg

http://www.ainotameni.jp/

この映画は未見なのでどういうラストかは知りませんが、「お金持ちの人妻が私財を投げ打って援助物資を集めてエチオピアへと向かうのだが、現場で待ち受けていた到底太刀打ちできない悲惨な現実に絶望する…」なんていう話なんです。この映画の主人公のように私財を投げ打ってボランティアに従事する人なんて本当に稀な話で、それでも実際に何もしないより、少しでもなにか人のためになることを…と考えることは確かにいいことなのかも知れないとは思うのだけれど、それはあくまでも自分の生活が確保された上での話であるのでなんだかスッキリしない。

今回NGOについてのひとつの意見をネット上で見た。
www.hotwired.co.jp/altbiz/yamagata/000229/textonly.html

皆さんはコレを読んでどう思われます?

追記:今回イラクで最初に人質となった3人について日本政府は「自己責任」ということで彼らを非難し、海外メディアから非難されている。私が思ったのはジャーナリストは自分の命を懸けて「自己責任」で海外に出向いていく。最終的に対価を得るのだから、結局自分のため(の仕事)であって、国益のためではないし、ボランティアでもない。でもそんな彼らでも拉致され人質になったら、例えばアメリカなら黙って軍を派遣して救出に向かうだろう。8年前にペルーの日本大使公邸占拠事件があったときは、日本政府はグダグダな対応で127日間も人質を拘束され続け、結局ペルーの特殊部隊に救出してもらった経緯がある。日本大使は国の仕事としてペルーに行ってるわけだが、そんな彼らですら日本政府は自分たちで解決することなんてできなかったのだ。ということは日本政府のいう「自己責任」というのは「どこでどんな目に遭おうが助けられない国の国民であることを自覚し、それを了解した上での自己責任」と言っているのだろう。確かにその通りだ。ダメな政府を当てにするほうが間違っている。ましてや最初に人質になった3人のうち1人は純粋にボランティアだったのかもしれないが、1人はジャーナリストで1人は「絵本を描くため」に行ったのだから、ある程度自分の命を懸けていてほしかった。
[PR]
# by yaling | 2004-04-16 19:58 | ニュースなぼやき

「言いまつがい」

前述のダジャレ練習帳もいいんだけど、どうせパクっちゃうならいかにもなダジャレより自然な感じのダジャレの方が聞く方も笑えるハズ。

と言うわけで糸井重里さんの『ほぼ日刊イトイ新聞』から出版されている、「言いまつがい」を推薦。

a0013882_155816.jpg


「ほぼ日刊イトイ新聞」はコチラ
http://www.1101.com/home.html

昔、女友達が飼っているオカメインコを前に「オカメインコに似た言葉なかったっけ?」という話になり、「おかちめんこ」と言いたかったところを「おかめちんこ」と言って赤面してたのを思い出しました。「おかめいんこ」と韻が似ていたのでその場にいた全員、最初は気づかずに聞き流していたんだけど、少し経ってから「ちんこって!!!!」と突っ込んで大笑いになりました。

このネタ、ついでに本家『言いまつがい』に今から投稿してきます。採用されたら一緒に喜んでください。では。
[PR]
# by yaling | 2004-04-16 15:59 | 本のぼやき

あなたの命ハウマッチ?

以前からずっと疑問に感じていたことがある。
昨日のニュースでもそのようなのがあった。

「日本国内では出来ない移植手術を受けるために家族やボランティアが街頭募金を呼びかけ、資金が集まったので手術を受けるため渡米することが決まりました。」

一瞬いい話に聞こえる。この不景気の折、「ひとりの命」を救うために数千万から数億のお金が集まるのである。

ただ、この「ひとりの命」というのがどうも引っかかる。

イラクでは毎日多くの人が死んでいる。
北朝鮮やアフリカでたくさんの子供たちが飢餓で死んでいく。
高々数百万の借金が返せなくて、自殺する者がいる。(まぁ、これは自業自得ではありますが。)

CMで数百円で15人分のワクチンが…なんていうのがあるのを見ると、いつも「これだけのお金があったら、何人の命が助かるのだろう」とついつい考えてしまう。

それが実際に渡米したところで「移植」できる自分にあった臓器が見つかるかどうかもわからない、見つかっても成功するかどうか100%保証できない「ひとりの命」のために使われる。

アメリカのやり方を見ていると、どうやらアメリカ人1人の命=イラク人1人の命ではないのは明らかであるが、日本人の命もやっぱりそれくらい高いものなのか。

家族が自分の家族を守るために募金を集めるのは当然と言えば当然である。もし私の妻子がそんな病気や障害のために移植手術が必要だとなったら、何とかしようと走り回るに違いない。人の命の重さは金額の多少ではない。わかってはいるつもりだがやはり釈然としない。

移植手術を募金によって受ける人にお願いしたいことがある。

『あなたの命は多くの犠牲の上に成り立ったものである。
手術の結果、健康を得ることが出来たあかつきには、少しでもそれを世の中に還元できるような人生を歩んでください。あぁ、あの人の為になら何億でも惜しくない。そう言ってもらえるような人物になれるように頑張ってください。決して、こんな奴の為に…なんて言われないように。』

こんな私の考え方、間違ってるのかなぁ。
[PR]
# by yaling | 2004-04-16 11:49 | ニュースなぼやき

『コーチング』

少し前にテレビを見ていて驚いたことがあった。

部下に嫌われない上司になる。部下を上手く教育する。

「コーチング」

ほう、確かに私も最近の若いものは(こんなフレーズが出てくる時点で本物のオヤジになってきたんだなぁとつくづく思う。)注意してもすぐ不貞腐れるし、嫌になったらすぐ会社を辞めてしまう。いくら注意したところで、改善されないのであれば、辞めてもらって大いに結構なんだけど、ウチの業種は元々人気のある業種でもないので、そう簡単に辞められては次を探すコストもバカにならない。それならいっそ注意することはやめてアホはアホのままで何とか有効活用する方法をと考えていたこともあった。

『アホの壁』

なんて本がよく売れた背景には同じように考えていた人が多いのだなぁとも思っていた。部下に嫌われない上司になって、上手く教育できたらそれはいいことだと思いながら、その番組を見ていて驚いた。

「なんだこりゃ、なんで部下のご機嫌伺いながら仕事をせんといかんのか!」

ミスを犯した部下に「コラ!」と一方的に注意するのではなく
「どうしてこうなったと思う?」と自分で考えるように促すとか、
「キミらしくないなぁ。いつもならこんなミスしないはずなのに。仕事のし過ぎで疲れがたまってるんじゃない?」だって。

アホか!

自分の2歳の息子か、もしくは月謝を払って勉強しに来た生徒ならまだしも何で給料もらってる社会人に対してこんな気を使わなければいけないのか。こんなこと死んでも言うかボケッ!!!!

確かに昔のように会社に対しての忠誠心なんてなくなってきているし、私も会社のために死ぬ気なんて毛頭無い。しかし、給料を稼ぐためにはそれ相応の仕事をするのは当然であると考えている。ラクして給料もらえるわけが無い。嫌な上司に頭を下げないといけないことも往々にあると思う。

自分のミスに対して注意されても「出来る上司」からであれば本当に申し訳ないと思うし、注意していただいたことに本当に有り難いとも思った。(そのときは一瞬カッとなるけどね。)たとえダメな上司からでも心の中では

「クソ!今に見てろ!お前みたいな低能はすぐに追い抜いてやるからな。」

と思いつつ、頭を下げ同じミスは二度と犯さないように気をつけてきた。

「会社をなめるな!仕事を甘く見るな!お前みたいなアホな部下はいらんのだよ。」

上司は部下に嫌われることを恐れる前に自分の仕事見つめ直して欲しい。
自分の仕事に自信を持って欲しい。
「この人になら黙ってついて行こう」と思える上司になってもらいたい。
機嫌なんてとってもらいたくない。

結局自分の仕事に自信が持てない、部下に何とかしてもらおうと考えている、他力本願な上司の方に問題があるのではないかと私は感じた。

皆さんはどうお考えですか?
[PR]
# by yaling | 2004-04-16 10:56 | 仕事のぼやき