<   2006年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

私の好きなアメリカ・嫌いなアメリカ

温度差とは我々だけが感じうる

2004年11月、ブッシュの再選が決まった後、アメリカからこんなメッセージがネットで配信されました。
Sorry Everybody

そこにはブッシュを再び大統領にしてしまった、アメリカ国民から世界に対して謝罪のメッセージが込められています。

「ごめんなさい。それでもほぼ半数のアメリカ国民は反対したのです。」

「世界の皆さん。本当にごめんなさい。」

「一生懸命やってはみました。本当に本当にごめん。」

「国民の半数はブッシュが嫌いです。」

彼らをみていると、そこには私が好きなアメリカ像が見えてきます。

しかし、社会はそう単純には動いていません。目に見えない力。そこにはさまざまな権力や利害関係が存在し、それらは確実に世の中(国)を動かしています。

今アメリカ本国で放送されている「24シーズン5」でジャック・バウアーはそんな敵と対峙しています。同じFOX製作の「プリズンブレイク」(いましょっちゅうTVCMが流れているアレです。)
もそんな内容になっています。ネタばれになるのでここで詳しく書けないのが残念ですが、2つともなかなか面白いのでDVDが発売されたら、ぜひ見てみてください。

そんな目に見えない力が、世論を操作する一方、そのような反体制的な題材を人気ドラマで取り入れることができるのが、アメリカ。どこぞの共産主義国家では考えられないことでもあります。

その反面、このFOXテレビっつうのが実はブッシュ政権(共和党)のスピンドクター※として知られており、クリントン政権時代にはモニカルインスキーのニュースで「クリントン落としキャンペーン」を大々的に打ち出していた。つい先日もFOXテレビのコメンテーターが米大統領報道官に任命されたのだが…

米大統領報道官:テレビコメンテーターのスノー氏を指名

この新たに任命されたスノー氏、ブッシュ寄りのFOXテレビにおいて「ブッシュ政権にも辛口の論評をすることで知られる」てんだから、本当にもう何がホントで何がウソなのか私の頭じゃ解析不能だわ。

で、結局じつのところあれもそれもこれも総て世論を欺くための情報操作だったりするわけですから、それでも国民の半数近くがブッシュ再選に反対できたアメリカはまだまだ捨てたもんじゃないとも思える。(日本人だったら8割がブッシュ派になってそうだわ。)

すっかりアメリカの犬と化した日本政府。戦後、その負担を全て負わされ続けている沖縄県民。対岸の火事だと大した興味を示さない本土の人々。

日本にもアメリカぐらい「ごめんなさい」を言える人間がいたら、こんなことにはなっていないのかもなぁ。

※≪スピンドクター【spin doctor】
情報操作の専門家。狭義には,政治家や党派の情報操作アドバイザーをさす。スキャンダルによって流布した否定的見解を肯定的見解に転換させる場合など。アメリカで 1980 年代中頃から用いられ始めた。
〔スピンは情報操作・ねじ曲げの意〕
三省堂「デイリー 新語辞典」より
[PR]
by yaling | 2006-05-18 15:53 | 海外での思い出

差別と区別のあいだ

就職性差別:大阪の男性が提訴 派遣会社に賠償求める

ま、そのうちこんなことになるだろうことは、ずっとわかってましたけど、実際こうやってニュースになるとなんとも気持ちが悪いもんだと思う。

ずっと前にも同じような記事を書いたことがあるような気はしますのであまりいろいろ書きませんが、とにかくやりたい仕事の面接を受けるのは勝手だけど、現場として希望する性別があるのはあってしかるべきだと思う。それを差別と呼びたきゃそう呼べばいい。

『ただ、もし私が社長で会社の受付けに人を置くのなら、間違いなく29歳のむさ苦しい男ではなく、20そこそこの若い女性であることに違いない。』

私のこの発言は男性差別とも言えるが逆を返せば女性差別でもあることに気づける人間はたぶんそんなことでとやかく言わないのではないかと私は考える。

需要と供給、お互いの要求が合致して、初めて契約成立なのである。

男女間のみならず、受付の人材募集を例にとれば、例えばそこには容姿差別も発生するだろう。でも仕方ない。テレビで「安田大サーカス」のくろちゃんがよく「自分はアイドル志望だ」と言っているのをみるが、そんなことは現実問題としてありえないわけで。それを差別というのはどうなのだろうか。

とにかくさ、会社的な立場で言わしてもらうとイランもんはイラン。逆を言えば、女性しか募集してなくてもその人材が断るに惜しい人材であれば、私が経営者なら間違いなく採用してるのさ。

「ごめんごめん。差別してたからこれで許して。」

「裁判起こされたら、面倒だ。そんなはした金恵んでやるよ。」

どれほどの精神的苦痛を受けたか知りません。どれほどの志を持って、自分の意見を主張しているのかも知りません。あなたのその訴えがこの後社会にどう影響を及ぼすのか…私にはわかりません。だけど、その金受け取った時点であなたはただの「プロ市民」。

そんな風に私は思うんですけど、そこんとこどうよ?
[PR]
by yaling | 2006-05-14 13:49 | ニュースなぼやき

常識のない客に遭遇した店員へ送る言葉

昨今の2chの影響って怖いものがある。

2ch用語が現代用語として使われるようになるだけならまだしも、生き方や思想にまで影響を及ぼすようになってきたのではないかと、先日の「給食費滞納問題」なんかを見ていて感じるようになってきた。

「プロ市民」なんてのも本来は違う意味があったらしいが、いまやすっかり2chで出来た悪い意味合いでしか使われていないような気がする。

で、店頭なんかで仕事をしていると、そんな影響を受けたであろう物言いをする客に遭遇する機会が増えてきた。具体的に数字では言い表せないのが残念だが、私が今の職場に入ったころ(5~6年前)と比べるとかなり目立つようになった。(ただ、増えたとひとくちに言っても、全体の中から見ればそれはごく一部で、間違っても客のすべてがそんな非常識になったとは言いたくないのだけはご理解いただきたいところではありますが。)

(私の職場では特殊な商品を扱っているのだが、それをここで言及できないので例えとしてコンビニに置き換えて話を進めると…)

こんな客がいた。

「これ、買ったけどやっぱり要らないので返金したい。」

これくらいは当たり前。そんな客は昔から居たし、例え原則不良品以外の返品は受け付けないと謳っていたとしても、そこで少しでも申し訳ないと態度に出してもらえれば、こちらも人の子。無下に断われる訳がない。

だが、最近のはこう来る。

「この肉まん、食べてみたけどオレには合わない。返金してくれ。」

不味いのは謝る。だけれど、食べてしまったもんを返金できるわけない…。その旨を伝えるとこう返してくる。

「だったら、これがマズイことを職場で言いふらしてやるからな。それでもいいのか。」

いいんです。不味いって言ってもらうのは一向に構わないというか仕方ない。ですけど、それを理由に返金を迫るのは「脅迫」って言いません?

しかもこれを言ってる人がもし学校の先生だったりしたら、あなたならどう思います?

それでも客は客。お店はお客あってのお店です。「店の利益にならない客は客ではない」と言えるほど強気な会社ならいいんだけれど、大抵のお店ではそんな訳には行かない。バカにバカといえないこの憤り。そんな時、どう割り切れば店員としての自分の気持ちを抑えることができるのか。

こんな話があるそうです。

地球上に存在する魂の数は質量一定の法則により常に一定である。戦後、日本はたくさんの戦死者の生まれ変わりたちの力により、すさまじいほどの経済成長を成し遂げ、国家としてここまで上りつめてきた。しかし、その後、平均寿命が延び、高齢化に伴い人が死ななくなった。人が死なない分、動物たちが住みかを失い、絶滅していく。死んだ動物の魂は人として生まれ変わるのだと。

あぁ、そうか。アナタ人間一回目なんですね。それならアナタが人としての常識がないことにも納得がいく。だから、そんな無茶なことを平気な顔して言えるのですね。可哀相に…。早く一人前の人間になってくださいね。
[PR]
by yaling | 2006-05-13 12:53 | 仕事のぼやき

ペ様英国デビューか?

「マダム・タッソー」にヨン様ろう人形

うそぉー。まさかぁー。日本人客目当てで、ペ様だなんて、英国人の伝統と誇りも地に落ちたもんだ…。

なんて思っていたら、あ、香港のね。なら納得。

そういや最後に行ったときは「ビクトリアピーク」改装中で、それっきり行っていないけど、キレイになったんだろうか。また近々ぺ様を拝みに行こうかしら…。
[PR]
by yaling | 2006-05-11 14:41 | ニュースなぼやき

今日の気になるニュース

少子対策ブラ披露

ひな祭りの時期に時事ネタを取り入れた変り雛や、年始に変り羽子板なんてのはニュースで毎年見ますけど、なんだこれ?

『大手下着メーカー「トリンプ」はこれまでにも「構造改革ブラ」や「ウォームビズブラ」など、時事問題に関連した特製下着を開発してきた…』らしい…。

話題づくりしなきゃいけないのもわかりますけど、これいけてるのか?

こんなおばあちゃんの絵が入った下着で出てこられた日にゃ男子として全く「萌えない」わけでして、ましてやそれを「赤ちゃんが支えている図」なんてものは子供たちがあまりにも不憫で余計に子供を作る気が無くなりそうだわ…。

事が「少子対策」だけに、こんなセクシーじゃない下着では「萎え」てしまう訳で、さらなる少子化に繋がりかねない大問題だ。こんなんじゃ「少子対策」よりむしろ「笑止対策」が必要なわけで…。

あ!もしや、私がブログでこんな親父ギャグを書き連ねることを織り込み済みで、このような笑止なブラを作ってきたわけか!うぅ~…おそるべし「トリンプ」。

おみそれいたしやした…。
[PR]
by yaling | 2006-05-11 10:39 | ニュースなぼやき

『ファイナルデスティネーション3』

a0013882_10492693.jpg

ファイナルデスティネーション3オフィシャルHP

このシリーズ好き。

「第1作目」は修学旅行でパリに向かう高校生の主人公が、搭乗して席に着いた後すぐに、自分たちが乗る飛行機が落ちる白昼夢を見たことで、機内で大騒ぎして離陸直前に飛行機を降ろされるところから始まった。が、彼らを降ろした後、飛行機は離陸直後爆発。乗客は全員死亡。しかし、運良くその時の騒ぎで一緒に飛行機を降りたクラスメイトを含めた7人が次々と死んでいく。一度決まった人生のゴール(最終目的地)はナニがあっても変えられないというお話。

この映画にはジェイソンもフレディも出てこない。死ぬときは運悪く、いろんな要因が重なって、事故死していく。「そんなやつおらんやろ~」とこだま師匠顔負けの突っ込みをスクリーンに入れたくなるシーンも多々あるが、そこがまたこの映画の魅力なんだと私は思ったりもする。

「第2作目」は高速道路で運転中に自分が多重衝突事故巻き込まれる白昼夢を見た、主人公が、その直前に難を逃れるのだが…やはり運命は変えられないのか…。ってな展開。シチュエーションは違うけど、後は似たようなお話。ただ、同じ死に方だと芸がないので、みんな違った形で、事故にあっていく。

で、この2作目なんだけど、1作目が日本ではそれほどヒットしなかった為、配給会社が続編であることを強調すると余計に集客が見込めないと判断したため、宣伝文句に続編であることを一切謳わず全く別モノの顔をして劇場公開された。日本公開時につけられたそのタイトルが「デッドコースター」だった。

で、今回いよいよ「第3作目」が公開されたわけだが…。

遊園地にやってきた主人公たち(もうすぐ卒業式を迎える高校生)。だが、その中のひとりウェンディだけは、何か嫌な予感がする。薄気味悪い偶然が続く中、彼女等はジェットコースターに乗ることに。が、しかし、座席に座った彼女はコースターが暴走し、全員が死亡するという予知夢を見る…。で、今回も降ろしてくれと大騒ぎし、一緒に乗っていたはずの7人がこの事故から一度は逃れることができたのだが…。

と後はお決まりのパターンへ。

で、感のいい方はここまで読んで「ん?」と思われたかも知れないのだが、いみじくも「第2作目」の邦題が「第3作目」のストーリーと被ってるところが、「ファイナルデスティネーション」!!

ローラーコースターのように押し寄せる恐怖というイメージで「デッドコースター」って邦題を決めたつもりでしょうが、ノンノンノン!アナタ、それたぶん予知夢を見たんじゃないの?

ギャャーアアアッ!

だけど、今回は懲りすぎて「そんなやつおらんやろ~!」度が120%だったので65点。

だけど「ピタゴラスイッチ」のホラー版だと考えれば、90点ぐらい挙げても良いかもしれない。
ピタゴラそうち41番のうた
ホラーが苦手な方もこの歌を歌いながら映画を見れば怖くないはず…
[PR]
by yaling | 2006-05-07 11:35 | 映画・TVのぼやき

あなたのお悩み解決いたします。

B・ゲイツ氏、「お金持ちでなければよかった」

あははは。もう笑うっきゃない!

よし!太っ腹なオレ様がお前のその悩みすべて引き受けてやる!

有り金すべてコチラに送ってきなさい。

↓↓↓↓宛先はコチラ↓↓↓↓
[PR]
by yaling | 2006-05-06 19:01 | ニュースなぼやき

はぁ?「給食費滞納」問題?なにそれ!

今朝のフジの「とくダネ」を見ていて驚いた。

給食費を滞納する親が増えていて問題になっているそうだ。NHKの視聴料不払いなんてのは以前から問題視されつつ、その都度不祥事を起こして話が前に進まないNHK側にもホントあきれる限りだけれど、給食費の不払いだなんてありえるの?

しかも、貧しくて払えないってのならまだしも、毛皮のコートやら、休日には家族揃ってハワイ旅行なんかに行くような家庭でも「払わない」らしい。

なんだこれ?

日本人っていつからこんなみっともない国民に成り下がったんだろうか…。

そんな親たちの言い分としては「義務教育なんだから、給食費も負担しろ」だの「好きで行かせている(学校に)わけじゃない」とか自分勝手にもほどがある理由ばっか。

義務教育だろうがなんだろうが、そこまでポリシー持ってんならオマエんとこの可哀相なガキを学校に行かせるなっちゅうの!オマエんとこのガキが義務教育も受けれずに親に似てバカな能無しになろうがこっちとりゃ知ったこっちゃないわけですよ。

不払いを催促するのに、先生方も多大な労力と気苦労があるらしい…。

そりゃそうだわな。教育者になった覚えはあっても取り立て屋になったつもりはこれっぽっちもないだろうし。「取り立り屋」なんて商売が成立するぐらいだから、そんなことするぐらいなら、先生辞めて取り立て屋になった方が、給料もよくなるってなもんだわ。

そんなことに労力を割くぐらいだったら、きちんと授業に集中してくれたほうが親としてありがたい。

だいたいさ、学校学校って、なんでも学校の責任にする親増えてるけど、オマエらはナニ?何様?その汚らしいオマエそっくりの子供の親じゃないのか?子供っつうもんは親の背中みて育つもんなんだよ。学校?そんなもんはあくまでも子育てのサポートの場であって、親なしに子供は育たないことがなんでわからんのだ。学校だけで子供が育つのならオマエら全員なんの役にもたたない社会に寄生する蛆虫じゃんよ。

学校と親が二人三脚で連携とれなきゃやっていけるわけがないのよ。

大体なによりも可哀相なのはそんな親に育てられる子供たちだわな。そんな親のいる学校には自分のところのチビたちを入れたくないなぁ。

ホント、オマエナニサマ?ナニ国王?

社会が自分中心で回ってるなんてセリフは「天道総司」だけで十分だっつうの!
バーカバーカ!

参考サイト:
給食費 ~理由なき滞納
給食費問題

これらのサイト見てみると、数年前から問題になっているらしい…。こうなったら、給食全面廃止でみんなお弁当なんてことになりかねない。毎日お弁当だなんて…。ありえなくない?頼むから、親として頼むから、給食費ぐらい払いましょうよ。それもこれもアンタのためでもあるんですから。感謝の心を忘れないで。
[PR]
by yaling | 2006-05-04 10:16 | ニュースなぼやき

話題の「プリズンブレイク」第1話を見る

a0013882_1274534.jpg

最近やたらと「24」の効果音が流れる中、いろんなタレントを起用した「プリズンブレイク」のTV
CMを見かける。

「24」ファン必見!

だなんてヒット作に便乗しているような売り文句の作品が良作なわけあるかいっ!なんて私はすぐに思っちゃうわけですが、それでもそこまで頻繁にCM流すほどなのだから、仕方ない。見てもない作品に文句をつけるほど怠慢ではありませんことよ。ええ、見ますとも、一度見てやりますともさ。

ってなわけで、ニュースで話題のUSENがやってる無料パソコンテレビ「GYAO」で公開中の「プリズンブレイク」第1話を見てみることに。(これは5/14までの公開なのでお早めに。そのあとDVDもレンタル開始だから慌てる必要もないんだけれどね。)

「GYAO」

アラ…奥さん!いいですわよ、これ。

無実の罪で死刑を宣告された兄を助けるためIQ200の弟が自ら銀行強盗を犯し逮捕、刑務所に入れられるところから話は始まる。

a0013882_12343111.jpg

この弟「マイケル・スコフィールド」役を演じる「ウェントワース・ミラー」がなかなかカッコイイじゃないのさ。ドラマとしては多少ご都合主義な演出もありますけど、確かにIQ200の天才が刑務所に入るとこんな風に人間関係も上手くコントロールしちゃうんだろうなぁ…なんて思える頭脳明晰な主人公が繰り広げるストーリー展開がなんだか見ていて気持ちがいい。

本国でも好調で、いよいよ佳境に入ってきた「24シーズン5」と並ぶ勢いの人気作品とのこと。やりますなFOX。ただの2匹目のドジョウ狙いかと思いきや、なかなかどうして良いものを作ってきます。今年のFOXは「24」と「プリズンブレイク」の2本立てだな。こりゃ豪華でよろしい。
[PR]
by yaling | 2006-05-03 12:41 | 映画・TVのぼやき