<   2006年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

新たな生活を送るアナタへ。

新生活

人は出会いと別れを繰り返して成長していく。そこに偶然なんてものはなく総てが必然。無駄な出会いなんてあるわけがない。人は人から何かを感じ取れずに成長なんてできないもんで、逆に出会ったのに、何も感じることがないなんて奴は大した成長すら出来ないもんだと思われる。

私は海外留学をしたせいもあってか、多少普通の人より大目に人との出会いと別れを経験してきたと思っている。(その中に恋愛経験が少ないのが寂しい限りではありますが…)なかにはたった数週間程度しか一緒にいる時間がなかったにも関わらず、私に大きな影響を与えてくれた人物もいる。

そんな生活の繰り返しだったためか、もともとの性分のせいかはわかりませんが、基本的に人との出会いは「一期一会」だと思ってきた。だから、別れた友とはとくに連絡を取り合ってはいない。それでも縁のある友や、私を気に入ってくれた友はいつまで経っても付かず離れずの距離を保って、自分のそばにいてくれている。親友とかそんな風に呼ぶつもりもないが、私はそんな彼らを大切に想っている。

確かに別れは寂しいもんだ。でも別れなくして出会いはない。別れがあるから出会いもある。

友達にしても、結婚相手にしても、付き合っていて辛くなるような関係はそうそう長続きはしない。本物の友やパートナーは期が熟したとき自然と現れるもんだと思う。彼らは自然と自分の側にいてくれるし、そんな彼らと付き合うのに変に気を使う必要はない。彼らはまるでそこにいるのが当たり前かのように自然とそこにいてくれる…。

そういう友やパートナーに出会うために出会いと別れを繰り返しているわけだ。

その日が来るまで焦っちゃいけない。平常心で、自分らしく。人との出会いを通じて自分を磨かなくっちゃ。そんな彼らに出会えた時に、そんな彼らと対等に付き合えるような自分に成長するためにも。気張る必要なんてどこにもない。

新たな生活を始めるんだから、気分一新!これから出会うべくして出会う運命の人たちのために。もっともっと素敵で魅力的な人間になるために。アナタなら大丈夫!
[PR]
by yaling | 2006-03-30 12:42 | その他のぼやき

これは日本の魔女裁判の始まりか?

ニセ科学シンポ:血液型性格診断など議論 愛媛大で開催へ

「血液占い」アナタは信じますか?

私は100%信じてはいませんが、経験上多少相手を見る場合に血液型を考慮(色めがねを通して)にいれて判断することは今でもある。だ、けれど、もちろん例外はあるし、家族構成によっても変わるし、一概に血液型のみで人を判断することはない。

だから、それを科学ではないというのは全くもって構わない。だけど、科学者がそれを目くじら立てて「科学で証明できないものは存在しない」という姿勢は好きになれない。

この記事のシンポジウムはあくまでもそのような「ニセ科学」がナゼまことしやかに人々に信じられるのかを議論する場であって、けっして「血液型性格診断」の真偽を問うものではないというのだが…。

なぜそんなものを信じるかだって?

それを議論してなんになるの?

例えば宗教。何で信じるの?あれは科学的か?人間は本当にアダムとイブから生まれたの?

テレビでよく見る大槻教授。UFOも幽霊もプラズマ理論で説明できるなんて仰ってますけど、じゃあそのプラズマ現象とやらを実演してもらえるのかというと、それは出来ない。あくまでも理論上での話らしいのだが、実際世の中には説明のつかないことだってたくさんあるわけですよ。


なんであんなに綺麗な嫁さんをもらったのに、アイツは浮気をするのだ?

これもプラズマ現象なのか?

なんであんな不細工な男が、あんな美人といっしょに歩いているんだ?

これもプラズマ現象のなせる業なのか?


とにかくね、人間なんて至極不確かな、理論的ではない、感情的な生き物なわけですよ。あんたら「科学者」とやらみたいになんでもかんでも論理的に思考してはいないんだよ。ナゼそれがわかんないんだろうか…。

血液占い信じてる人間が「非科学的」だなんて言ってるあんた等の方がよっぽど「非常識」だと私は言いたい。親としてウチのチビたちに教育を受けさせるのであれば、そんな理論尽くめな人間になるよりも、それ位受け止められるぐらいの余裕を持った感受性豊かな人間に育って欲しいと思うのだが。
[PR]
by yaling | 2006-03-29 12:00 | ニュースなぼやき

ちょっとナニ気にいい感じのデジタルプレイヤー

世間では「iPod」が俄然トップを独走しておりますが、そのおかげもあって、他のメーカーのデジタルプレイヤーも値が下がり、最近では20Gのハードディスク内蔵のプレイヤーが1万円台で買えるようになりました。

ま、わざわざ購入するまでもなく、最近の携帯電話では音楽再生なんて当たり前ですし「iPod」を筆頭に、音楽だけでなく、動画再生もできるようになってきました。

ウチでは妻が「iPod」(G5)を所持しておりますが、当の私はというと、どうも「iPod」な気分になりきれず、安物プレイヤーを何台か購入しながら、あれこれと試していくなか、「音がなりゃどうでもいいや」ってなもんで、結局最近ではオークションで2500円で落札した長瀬産業のPD-205がメイン機だったりするから情けない。でもこれナニ気にしっかりしていて、メモリはSDカード使用なので本体のみでは何にも出来ないながら、単4電池一本で14時間も駆動してくれるし、3000円そこそこの販売価格のくせにちゃんと液晶表示画面もあって、無駄なく、必要最小限の機能はすべて備えているため、気軽にMP3を楽しむには最終形とも言えるような機種だったりするのです。

で、今回記事にしたかったのは、実はこのPD-205ではなくて、流行の動画再生もできるこちらだったりします。

今回私がお勧めのデジタルプレイヤーはコチラ
[PR]
by yaling | 2006-03-28 18:16 | こんなもん買っちゃいました

妻とチビたちは「仮面ライダーカブト」に首ったけ。

以前ガセネタで名前が読めない新ライダーニュースを記事にしましたが、結局なんのひねりも無いネーミングのまま始まった「仮面ライダーカブト」(←テレ朝のHP)。
a0013882_134040100.jpg

私的には中途半端ながら、後半、突っ込みどころ満載で、心を奪われた「響鬼」熱が冷めやらぬまま、放送終了後に安くなった「ディスクアニマル」をオモチャ屋で買いあさり、とりあえず全部並べてひとりでにやけていたのですが、それを横目に、薄情にも妻とチビたちはすっかり「カブト」ファンとなり9話目にして、すっかり「カブト」にお熱な我が家となっております。チビたちは写真を撮ろうとカメラを向けると主人公よろしく人差し指を上に向けるポーズばっかで、どれも似たような写真ばっかりだし。ま、それはそれで大きくなったときに懐かしくなるんだろうけど…。そういや私にも変身ベルト付けてポーズを決めていた写真が実家にあったなぁ。

で先日、いきなり上のチビがこんなことを言い出した。

「おばあちゃんは言ってた。りんごをすって食べると体にいい。」

で、なんのことやらわからず「は?どのおばあちゃんが言ってたの?」なんて聞き返しちゃったんだけど、よくよく考えてみてようやく「天道総司」ごっこ(カブトになる主人公の名前ね)だということに気づいた。実際にそんなセリフが劇中に出てくるわけじゃないんだけれど、妻が食事中に言ったこととか注意したことを「天道風」に言ってるらしい。

決して、テレビのセリフを真似てるわけじゃなく、オリジナルなところが親バカながら結構ウケタ。

ストーリー展開のテンポもよく、ノリも軽いので見やすいながら、なかなか魅せてくれる「カブト」ですが、1話でカブトになり損ねた加賀美くんが9話でとうとう「ザビー」に変身したことで(ザビーはカブトムシじゃなくてハチのデザイン)私も徐々にはまってきております。

でもやっぱカブト虫なデザインは安直すぎていまだに不満なんだけれど。ただ、クロックアップ時の映像ではなんちゃってながらマトリックスでお馴染みとなったブレットタイム(特殊な撮影方法。被写体がとまっているのにカメラのアングルが移動する)が見れるのはすごい。「なんちゃって」なのは予算の都合もあるんだろうけど、せめて劇場版ではなんちゃってじゃない本物のブレットタイムで見せてもらいたいもんです。

とにかく、「仮面ライダーカブト」(←東映のHP)面白くなってきました。チェッキラ!
[PR]
by yaling | 2006-03-28 13:24 | 映画・TVのぼやき

PSE問題古ければ古いほど安全!?

電気用品安全法で経産省方針 89年製造まで「ビンテージ」

なんだこれ?あちこちから反発喰らって、これまでに2転3転してますけど、今度は「ビンテージ」の定義ですか。まぁそんなあやふやなもんに定義付けするための苦肉の策としてなんだろうけど、こんなんじゃ意味無いじゃん。

だいたいさ、89年以前の製品と90年以降の製品なら間違いなく90年以降の製品の方が安全に決まってる。そんなのなら例えば10万円以上はビンテージとかにした方が判り易いような気がするのは私だけ?

とにかく中途半端な法律作って、反発喰らったからってその場しのぎの妥協案出すところがなんとも情けない。そんな中途半端なモンなら思い切って中止にしてみろってぇーの。

海外の不良製品を締め出したいんだったらさ、名指しでさ「中国製品は品質検査受けたものだけ販売可能」とか言っちゃえばいいのに。

結局とばっちり喰らうのは私ら小市民なわけで、年金にしても税金にしてもとにかく貧乏人の首しめるような真似ばっかしてっとそのうちお前等まとめてケチョンケチョンにしてやるから覚えてやがれっ!ってなもんだわな。

PSEマーク:坂本龍一さんら音楽家が制度の見直し訴え

3/28追記:中古販売実質容認報道の罠
残すところあと4日。どうなることやら…。
[PR]
by yaling | 2006-03-23 13:26 | ニュースなぼやき

大人のお小遣いっていくら?

考:小遣い/3 妻編 額決める人は小数 家族の総額、「手取りの1割」が適正

私の小遣いは今は決まっていない。結婚当初は2万円ってことになってたけど、当時は弁当を作ってくれていたし、私も酒タバコはやんないもんだから、べつに不満もなかった。

いまは弁当なんてないので基本その辺の店で昼食を済ませている。それだと2万ぐらいじゃ足りなくなってしまうもんだから、昼食代は別にくれるようになった。ただこうなってくると、なんだかもうなにがなに代なのかもあやふやになってきて、実質いくらが小遣いなのか取り決めがないのと同じ状態になってきた。

上記の記事だと、収入の一割ってことになってるけど、それって夫に対してだよね。私個人的には夫婦の小遣いは同額であるべきだと思っているから、もし一割だとしたら、二人で2割まで使ってもいいってことになるの?それとも半分こ?その辺どうなんだろう…。専業主婦か共働きかによっても変わるんだろうけど。

結婚している方でここを見てくださっている方々。お宅ではどんな感じになってますか?
もしよろしければ教えておくんなまし。
[PR]
by yaling | 2006-03-23 11:53 | 仕事のぼやき

WBC優勝よりも『日本橋ストリートフェスタ』

本日、第2回日本橋ストリートフェスタが開催されました。
a0013882_1851675.jpg

春分の今日は初代チャンピオンを競うWBCの決勝戦ということもあり、あんまり人が来ないような気もしなくはなかったんだけど、実際は結構な人出で賑わっておりました。

コスプレしている子たちも去年と同じくらい居て、だけど去年より気合の入ったプレイヤーが多いような印象を受けました。それに通りがかりの人たちから「写真とっていいですか?」の声に気さくの応じてしっかりとポーズまでつけているコスプレイヤーたちも結構見かけて、そんな彼らに個人的にかなり好感を持ちました。

だけど、肝心のパレードの方はなんだか、おざなりな感じで、イマイチ盛り上がりに欠けたなぁ。っていうかさ、メイドカフェのメイドさんたちなんてなぜか駆け足で、人垣の間を「ちょっと失礼します…」状態でそそくさと移動していくもんだから、それ目当ての見物人たちも写真撮ろうと必死で追いかけなきゃいけない始末。お前ら全員、「ラストサムライ」京都御所でのプレミア試写会があったときのトムクルーズを見習えっての!トムはなみんなに愛想振りまいてたった50mほど進むのに2時間も掛けたんだからな!

でさ、私が「やっぱ日本人ウザイな」って思ったのは、そんな日に日本橋に来てるくせに「オタッキー」だとか「コスプレキモ」だとか言ってる輩がチラホラ居たこと。なんだったら好きなくせに「見ただけでなんのキャラだかわかる自分が怖い…」なんていってるお前!いいじゃんよ。好きなら好きで堂々としてればよ。

去年はそれほどでもなかったんだけど、今回は外国からのお客さんも結構見かけた。空き店舗だらけでスカスカになりつつある「でんでんタウン」がやりようによっては世界から注目されるコスプレの聖地になりえる可能性を私は感じたわけですよ。

いいじゃん。好きなら好きで。キモくても大丈夫だよ。それ隠したところでお前がキモイことに変りないんだからさ。キモイもんがキモイもん好きで何が悪い。

お祭りなんてものはのっかってナンボな訳ですよ。ハロウィーンとかもそうだけど、あんなのただ見てるより参加した方が面白いに決まってるわけで。

年に一度の街をあげての仮装パーティーだよ。それで世界から人が集まるんだよ!本質を見極めずに、自分の体裁ばっか気にする日本人に明るい未来なんてくるわけないっていう話だ。

a0013882_1615573.jpg

某市長に扮する私。今度街で見かけたら石でもぶつけてください。
[PR]
by yaling | 2006-03-21 16:16 | ニュースなぼやき

『マインドハンター』見ちゃったのねぇ。

a0013882_1614338.jpg
マインドハンター公式HP
どこで寄り道してたのかしんないけど、全米公開は2004年1月らしいので、2年越しでやっと日本で日の目を見ることになった、この作品。監督はうまいのかヘタなのか微妙なラインからなかなか抜け出せないあのレニーハーリン。世間的に一番名前が通っているのは間違いなく「ダイハード2」なんだろうけど「ドリブン」はともかく、「クリフハンガー」やら「ディープ・ブルー」はB級アクション映画として、それなりに見れたので個人的にはそんなに嫌いな監督ではない(っていうかむしろ好きなほうかな?)。監督作として他には「エルム街の悪夢4」や最近では「エクソシストビギニング」などもあり、そういう意味ではアクションありホラーありと多彩な才能の持ち主であることに変わりはなく、この「マインドハンター」もよくも悪くも、そんな監督らしい作品ではありました。

キャストも一般受けするかどうかは置いておくとしても、それなりに豪華なメンバーだ。ヴァル・キルマーにLL・クール・Jにクリスチャン・スレイター。監督同様今となっては微妙なラインナップだが、3人とももはやベテランとも言えるであろう中堅どころ。決して「それダレ?」なんて本国アメリカでは言われることはないだろう。

内容はネタばれになるので詳しくは書きませんが、作品自体はなかなかがんばっており、息つく暇もないくらいに、怒涛の展開を見せてくれる。全体的な雰囲気は最近のヒット作「SAW」に近いものがあるのだが、公開は同じ2004年なので、決して真似をしたわけではないと言っておこう。なんだけれど、やっぱり似てる作品であることは変わりなく、配給会社もその辺りを配慮した結果、これほどまでに公開が遅れたのかも知れないなんて勝手に想像してみた。ホラーテイストの謎解き映画っていうと最近他にもいくつかあったので、ブームだったのかも。

この手の作品にありがちなご都合主義な部分は多々あり、いろんな意味で裏切られっぱなしで、結局「犯人なんて誰でもいいじゃん!」なんて言いたくなる気持ちはわかりますが、まぁまぁそこはあえて深く突っ込まずに、そのシチュエーションを楽しむのがこの映画の楽しみ方だな。

それにしても一番驚いたのは最初の犠牲者だな。映画たくさん見ていない人はそれほどびっくりしないかもしれないけど、私はビックリした。

ま、謎解き好きよりはホラー好き向けな盛り沢山ムービーです。75点だな。(70点ぐらいなんだけど、最初の犠牲者に5点追加だ!)
[PR]
by yaling | 2006-03-20 16:52 | 映画・TVのぼやき

今週のビックリドッキリメカ発進っ!

司令官は、あなたです──タカラトミー「秘密基地をつくろう!」開発秘話
a0013882_11255760.jpg

2005年の「WPC EXPO」でのニュースとして、こんな商品があることはネットでも話題になりましたが、とうとう発売が決定されたようです。

これさえあれば自宅で、「ポチっとな」ができちゃうわけで、特に三十路も過ぎた男性方はすごいそそられちゃうんだろうけど…。

でも・・・。

これフル装備のパソコンを想像すると結構痛いもんがあるなぁ。それでなくてもパソコン周りはごちゃごちゃしているのに…。

しかもすぐ飽きちゃうんだろうなぁ…。


やっぱ自爆スイッチだけにしとこっと。
[PR]
by yaling | 2006-03-20 11:26 | 物欲MAX!コレ欲しい!

伴侶の死は「開放」を意味する!?

伴侶が死んだ後の精神状態に新発見

先日、なんかのテレビで「夫に先立たれた妻の寿命は延びる」なんてデータを見て、ちょっと寂しい思いをしたのだが、ここでもそれが裏付けられているようだ。

この記事では男女問わず、伴侶の死について述べられているが、日本人の男性は妻に先立たれると家事なんかができずに生活が荒んで、寿命が縮まるような気がしていたのは単なる私の勘違いだったのだろうか。

「伴侶の死は慢性的なストレスの原因の終わりを意味している」

元はといえば赤の他人。そんな二人が家族として生活していくことって、やっぱりそんなにストレスが溜まることだったのですかねぇ。ウチなんかでは案外私は平気なんですけど、妻はストレス溜まってそうだし…。一概には言えないこともあるのだろうけど、平均的にはやっぱストレスを感じているんだろう。なかには伴侶に先立たれてそれまでなんともなかった人が後を追うように亡くなる話も聞いたことはあるんだけれど。

私なんぞは、それもひっくるめて「結婚」だと結婚する前から思っていたので、そこはそんなに苦に感じていないんだけれど、じゃあストレスがゼロかと問われれば答えに窮する。こんなんじゃ「開放されたなんて死んでも思わない!」と断言はできないはねぇ。

どっちにしても相手のためには早死するのが一番なのか。

こんな記事、未婚の方にとっては、いよいよ結婚したくなくなるような内容だろうなぁ。ま、逆を言えばそれ位の覚悟をして結婚したほうが離婚率も下がって、いいこともあるように私は思っちゃったりしちゃうわけなんだけどね。
[PR]
by yaling | 2006-03-18 13:41 | ニュースなぼやき