<   2005年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

何故いけない?「公職選挙法」

民主がHPに代表の第一声掲載、総務省の指摘で削除

候補者がさ、自分の主張をより多くの有権者たちに聞いてもらえる手段としてインターネットはもっと活用されてしかるべきだと思うんだけれど…、何故イカンのか。

「今はそういうルールだから仕方がない」なんて言い訳せんといてね。そういう時代に合っていないことをよりよい方向に変えていくのがアンタらの仕事なんじゃないの?

「昔からそうだから」とか、「前例がない」とかそんなどうでもいいことばっか気にしてなんで物事の本質を見極められないのか。

確かに今ある決まり事を変える作業って面倒臭いもんだ。だからと言って確実に現状にそぐわないことなのならもっとダイナミックに変えていく必要があるはずだ。

そんなだからいくら大きな声で「改革」なんて言ってみたところで実体が伴わないんだよ。

アンタらはデビッド・カッパーフィールドか?どうせ見せるのなら国民が「あっ」と驚くようなイリュージョンを見せてくれよ。アンタらのは「ゼンジー北京」にも劣るよ。
[PR]
by yaling | 2005-08-31 11:27 | ニュースなぼやき

【女王の教室】【ドラゴン桜】に共通するテーマ

今朝の「朝ズバッ!」で各党代表者たちが出て来て話してたんだけれど、自民党参議院議員「山本一太」!お前うざい。人の話聞けよ!っていうか全員の発言に被ってモノ言うんじゃないよ。若手の割りにメディアにもよく出てくるし、ハッキリとした強気な物言いには一目置いてたんだけれどアレはないな。酷すぎる。ウソでも注目していた議員のひとりだっただけに残念ですよ。どこかで一度ちゃんと謝っておいた方がいいな。たぶん。

で、民主の代表として「連邦」?じゃなくって「蓮舫」が出てたんだけれど、彼女スッカリ議員さんになっちゃったね。ちょうど私が北京に留学していた同時期に彼女も北京にいたんだけれど、結婚して北京でなにやってんだろうなんて思ってたら、すっかり立派になっちゃって…。(なんて親戚のおっさんじゃナインダカラ)でも流石元芸能人!テレビの進行を弁えた人間だけのことはあって、人の発言をジャマすることなく、しっかりと自分の主張を効果的に発言していたところは好印象でした。

で、ドラマの話のはずが結局選挙の話になっちゃったけれど、強引に話を進めるとその中で「サラリーマン増税」やら「国民に負担を…」なんて話も当然でてくるわけですけど、最近のドラマや漫画で「一般市民は搾取される階級で国や企業の言いなりになっていたのではいくら努力しても報われない。」といったテーマを扱ったものをよく見かけるようになった。今放送されてるこの二つのドラマも教育・学校の話ではあるが、共に「現代社会を賢く行きぬく術」を扱っているドラマだと思う。

【女王の教室】は6年3組の新任教師「阿久津真矢」(略してアクマ)が非情なまでに成績の悪い生徒(自分に逆らう生徒)をいじめる話でそんなやり方に不満を抱いた主人公たちの戦いを描いたドラマなんだけれど、まぁハッキリ言ってマンガみたいな話で、雰囲気は(BGMも)まんま「ハリーポッター」で阿久津先生も「魔女丸出し」みたいなキャラクター。なんだけれど、言っていることは決して間違っていない。後半に入ると子供たちはそんな逆境に堪え、次第に自立・成長していく。フィクションだし、ショッキングさを売りにしているドラマだけに過剰演出もあるのは確かだけれど、イマドキの親や子供に見せるのならこれぐらいしないと訴えかけるものがない。うそかホントかあまりの非情ぶりに「抗議の電話」が殺到(これも最近よく見かける広告手法だけれど)らしいのだが、あんなもんを真に受けて見る様な人間はホラー映画に感化されて人を殺しかねないので見ないほうがいいかもしれない。

で一方【ドラゴン桜】は経営不振で倒産の危機に直面した龍山高校の倒産処理を任された元暴走族弁護士「桜木健二」が龍山高校の再建をはかる為、自ら教師(自分の経験を活かしながら)として平均偏差値36のダメ生徒たちから5人を東大に送り込むまでを描いたドラマ。【女王の・・・】と違って、こっちは悲壮感はない。あっけらかんとしつつも結局は「バカはどれだけ努力してもバカのまま。東大に行け!東大に行けば人生が180度変わる」ってな感じ。

番組の展開としては【女王の】が主人公たちがひたすら「おしん」のごとくいじめられて行くなかで成長していく子供たちといったもので、【ドラゴン】はどうすれば東大に入れるかの「テクニック」描写が多く、見ていると自分もなんだか東大に入れそうな気分になってくるところが気持ちいい。

どちらもファンタジーなんだけれど、これがこの絶妙のタイミング(選挙前にね)で放送されていることが興味深い。それでも両者とも「国民よ!開眼せよ。バカのままでは報われないぞ!」的なテーマなだけに、国民はドラマを見た後に、今一度襟元をただして各立候補者の話に真摯に耳を傾けないといけないと思う。

「日本を、あきらめない。」

ん?どっかの政党のキャッチフレーズだな。私はとっくにあきらめてますけど…。
[PR]
by yaling | 2005-08-30 13:53 | 映画・TVのぼやき

今度の選挙は「ジャケ買い」か?

「好感」政党は自民50%、民主20%…ネット調査

a0013882_19145581.jpg

「嫌悪感」では、結成間もない国民新党が、共産、公明の両党と並んで19%で最も高かった。


とほほ。

まぁ、私も前の記事にもそんなこと書きましたし、他の方々もそれを楽しんでおられますけど、そんな下衆な楽しみがまんまネット調査で反映されるのも致し方ないことではあるとも思うんですけど、これがそっくりそのまま選挙にも反映されちゃうとなるとちょっと問題だな。

あんた「ジャケ買い」じゃないんだからさ、国の行く先を政治家の見た目の印象で選んでどうするよ。(笑)

まぁね、顔ほどその人柄を表すものはないと私も思いますよ。だけどこんな情報ばっか見てるとついつい本番でも見た目で選んじゃいそうな自分が怖い。

誰が一番「悪人顔」かを選ぶ選挙ではないことだけは忘れないようにしなきゃだわ。
[PR]
by yaling | 2005-08-28 19:07 | ニュースなぼやき

9・11「衆議員議員選挙」への道

連日テレビに出てくる各党の代表者たち。

いやー。なんでどうして「政治家」ってのはああなんでしょうかねぇ。

あーでもない、こーでもないと屁理屈こねてなかなか的を得ない。

民主党なんかが「郵政民営化には賛成だが、法案には反対」なんていうのも言いたいことはわからなくもないが、ならそれなりの対処の仕方があったはず。なんでただ「反対」としか言えなかったのかその理由を聞きたい。けど言わない。

まぁ見てるこっちの知能レベルに合わせてお話するのが難しいのもわかりますけど、それだから小泉さんの「これは郵政民営化反対か賛成かを問う選挙なのであります!」なんて言葉に世論も載せられちゃうわけで…。

もっと簡潔に、もっとシンプルに、透明感のある議員さんがいればいいのになぁ。

そこで、冗談でもなんでもなく、マジでネットを基盤にした「インターネッ党」とか結成してさ、(ネーミングセンスの良し悪しは置いといて…)

「マニフェストはBBSに寄せられた閲覧者たちからの意見をまとめサイトとして作成」

「収支決済は全てエクセルフォーマットでネットで公開」

「議員活動のすべてをリアルタイムストリーミング放送いたします」

なんてのがあったらいいのにと思った。

そんなのがあったら一票入れるな。間違いなく。


ただね、日本って国はもうすでにかなり危機的な状況に立たされている訳ですよ。借金借金で自転車操業してるヤフオクの出品者よりも首が回らない状態な訳ですよ。自分の汚れたケツ拭きを何代も後の子孫たちに押し付けるようなマネをしてるわけですよ。

こんな状況において国民にとって耳ざわりのいいマニフェストなんてありえるわけない。現状において痛みの伴わない政策なんてものはハッキリ言って眉唾モノで信用できない。確かに国の金の流れをキレイにすれば本当はなんでもないことなのかも知れないが、たとえ政権を取ったところで今の野党にそれだけの改革をやりとおすだけの力があるわけがない。

かと言って、私なんぞは「か弱い人間」でありますゆえ、あまりにも痛そうなことばっかり言われちゃうとすぐにぐうの音をあげてしまうのでご注意あそばせ。

それにしても、急にどこぞの「フェミニスト」団体かのように女性ばかりを擁立する「自民党」のやり方はエゲツナイけど、「国民新党」の面々の絵面もかなりエゲツナイ。(とくに綿貫氏の顔。あれは漫画にでてくる悪徳政治家の顔だ。注意:実際にそうだとは言っておりませんのでお間違いなく。)

新党「日本」においては田中康夫知事の横で顔に日の丸のフェイスペイントでニコニコしながら一緒に「ニッポンちゃちゃちゃ♪」をやっている小林興起氏が不気味で痛々しい。

不気味といえば、いつも選挙の度に不気味に思っていた梅田の大きな歩道橋埋め尽くすあの宗教団体の集まりなんかは(信仰心を背景に政治活動というのがどうもひっかかっていた。)今思えば、それでも「インターネッ党」じゃないですけど、彼らの意見を反映していそうで、他のに比べれば健全なのかなぁとも思えてきた。(これも実際のところはどうかなんて知りませんけど。)

あとオマケの新党「大地」!アンタラの大地はすでに「不毛」の大地やないかい!

とにかく国会なんてものは田中真紀子言うところの「伏魔殿」であることに違いなく、(そういったアンタは伏魔殿のプリンセス)そんな魑魅魍魎の集まる国会議員候補者たちの中に本当にデビルマンがいるのかどうかをあと2週間足らずの間に見つけ出さないといけないわけで、もう暫く情報収集に明け暮れる毎日なのであります。

情報収集にはこちらの参考サイトからどうぞ
a0013882_13334063.jpg

[PR]
by yaling | 2005-08-25 13:33 | ニュースなぼやき

日本初!「性器無修正」劇場公開作品

「愛についてのキンゼイ・レポート」日本初の性器無修正上映
a0013882_13483069.jpg


とうとう日本もここまでやってまいりました。クワイ・ガンが日本人の性を「開眼」させる日がやってきたのであります。

男性器と女性器の結合部分がスクリーンにアップで映し出されるそうです。

衝撃的です。

でも日本にはチラリズムなんてのがあって、「モロ出し」が良いかと問われれば否であります。

実際私も数年間の米国生活を通して、あの包み隠さない「モロ出し」映像にはゲンナリしたものであります。

最近では「着エロ」なんてのも流行しておりますが、得てしてああいうものは多少の想像性があってより効果的な興奮を得ることが出来るのだと考えます。

また、女性の思考はセックスについては直接的な表現よりもより間接的、写実主義よりも浪漫主義を好むと思われるが、そういう点に置いて実は「モロだし」を良しとしない日本人男性は他の男性に比べると、より女性的なのではないかとも言える。(でも昔から「裏本や裏ビデオ」なんてのがなくならないところを見るとそうでもないのかなぁ。って実際のところはその日の気分だったりするんですけど。)

なんて小難しい言葉を並べてみても結局はただの「エロおやじ」なだけなことに変わりないんですけどね。

「愛のコリーダ」無修正版が日本全国のシネコンで上映される日は近い!
[PR]
by yaling | 2005-08-23 17:18 | 映画・TVのぼやき

バスで駐禁を取り締まる!?

国交省 バスにカメラ、違法駐車一掃 ナンバー撮影、警告

最近、よく駐禁車がレッカーされていく風景に出くわす。その手際もかなり洗練されてきておりニコラス・ケイジの「60セカンズ」までは行かなくとも、レッカー車が現場に到着してから5分とかからずに車を運んで行きやがる。

そりゃ悪質な路駐は確かにうっとおしいんですけど、ちょっと停めるには近所に駐車場がなかったり、やたらと駐車代が高かったりと、特に都心部のマイカーでの移動は面倒なことが多いため、運転する側の勝手を言わせてもらうとなにもそこまでしなくても…って思ってしまう。

かと思えば、どうみても元気そうっていうか威勢のいいお兄さんがスモーク貼りまくり威圧感たっぷりのベンツを駐停車禁止区域にどうどうと駐車した後に、こっそりその車を見てみるとの運転席にデカデカと「身体障害者等駐車禁止除外車標章」があったりして更にびびることがあるんだけれど、あれはいったいどういうこと?(それでもそこで「障害者を差別しとんのか?」言っちゃうわけ?ある意味どこかに障害はありそうですけど…)

来年の6月からは駐禁はソッコーでチケット切られるようになるし、そんなことならいっその事市内の住民以外は市内マイカー乗り入れ禁止とかにしてくれると助かるんだけれど。っていうか大体ひとりで移動するのにあんな大きなRV車乗ってるやつはホント迷惑だからたくさん税金とってさ、一般市民は全員軽自動車ってことにすればかなりエコだと思うんだけれど。(軽は事故った時怖いので私はあまり乗りたくないんだけど、みんなが軽ならぶつかっても遊園地のバンパーカーみたいで面白いんじゃない?わざとぶつけ合ってみたり・・・)

だけど、確かにバスが時間通りに運行されれば便利なことには違いない。たまになにを血迷ったかバス停の前でハザードたいて駐車している奴がいるけど、なんなんだろうねあの図々しさわ。どこぞの国の大王だってのならまだしも…。それこそあんな車にはバスごと体当たりしちゃっても構わないと思うんだけれど。

でもバスってなんであんなに車高が高いの?あのせいでやたらと揺れるよね。最近は「ノンステップバス」やら大阪市内なら赤バスとか背の低いバスもあることにはあるけど。私はどうもあの揺れが苦手で私の住んでる路線は基本座席は空いていないので「バス=立って乗るモノ」なんだけれど、乗ると酔うまではいかなくてもかなり疲れる。決して「毎日の通勤で足腰鍛えられてよかったね」なんて前向きな気持ちにはなれない。

揺れの少ないバスで時間通りに運行されるのならマイカーはなくてもいいかなぁ…。

ま、時間通り時間通りなんていうけど、JRの列車事故の件もあるし、自分がもっと余裕を持って通勤すればいいだけなんですけどね。
[PR]
by yaling | 2005-08-21 12:49 | ニュースなぼやき

小さいことはいいことだ!

a0013882_17162469.jpg

任天堂、「ゲームボーイミクロ」を1万2000円で9月13日に発売

そういや、ソニーも売れ行きが悪くなった頃にPSやPS2を小型化して販売してたなぁ。あ、任天堂もゲームボーイを小型化して出してたな。

日本においては常に小さいことは美徳とされて、携帯電話も一時期はかなり小型化(特にPHSは小さくなってたなぁ)されたけど、あんまり小さすぎてボタンが押しヅライことこの上なかったので結局大きくなったんだよねぇ。(その分過剰な機能もたくさん搭載しちゃう羽目になっちゃったんだけど。)

そのくせオイラのナニが小さいことはどうしてこうも評価されないんだろうなぁ。小さいことはいいことなんだから「フランクフルト」よりは「ポークビッツ」。

「日本人ならポークビッツだろっ!」

なんて言ってみたところでここは「シモネタ禁止ですからぁ、切腹!」(いまどきギター侍かよっ!!)
[PR]
by yaling | 2005-08-18 17:23 | 物欲MAX!コレ欲しい!

あら、こんなところにも「ゲートキーパー」が!

ソニー、映画評ねつ造で150万ドルの賠償金

ふーん。

自作自演って見つかるとかっこ悪いね。

でも、CMってどこかで「自画自賛」なもんだから、私個人的にはあんまり問題ないような気がするんだけどなぁ。

どこぞのオカマ評論家に「すごいんです!」なんてCM流してた映画もあったけどあれといっしょじゃんね。

今どき評価は金で買うもんだって思ってるクリエイターは映画業界に限らず(特にゲーム業界なんかに)結構多いと思うし…。

日本は比較広告も禁止されてるけど、結局は自己判断の世界なんだからさ、今どきマスコミの情報を鵜呑みにしてまんまと操作されてる人間の方がどっちかっていうと問題ありな気もしないでもないな。

っていうかさ、「全米公開興行収入ナンバー1」なんて結構詐欺っぽい謳い文句なんかずっとなくなんないしな。

日本の配給会社もこれを受けて500円返金してくれないかしら。宣伝みて面白そうだけど、見たらつまんなかったのいっぱいあったよ。

※ちなみに「ゲートキーパー」についてはこちら
[PR]
by yaling | 2005-08-16 20:37 | ニュースなぼやき

増税と郵政民営化

5分でわかる「郵政民営化」
郵政民営化議論ここがポイント!
何が変わるの?郵便局
なぜいま増税がさけばれるのか

もう「郵政選挙」でいいです。他にあるもっと大事な何か…は忘れちゃってください。

だけど、そうする以上はせめて「郵政民営化」の意味ぐらいは知っておかなくっちゃね。

というわけで「オールアバウト」より。

ただ漠然と「手紙出さないからいらん。」とか「別に貯金するほど金ないしねぇ。」なんて理由で民営化賛成ってのもありだし、小泉さん嫌いだから「反対」ってのも別に問題ないとは思いますけど、ただそれによってどんな影響があるかは知っておかなきゃだわ。
[PR]
by yaling | 2005-08-16 16:15 | ニュースなぼやき

「絶対絶命」 やってられないわぁ♪

みなさまのNHKならではの、あまりにマヌケなオチ。

そうです。わたすが「真剣十代しゃべり場」を見ながら真剣に突っ込む変なおじさんです。(あんなケツのあおい中学生の意見はそうねそうねとサラリとかわせる大人になんなきゃなぁ。)で今日はいつも元気なaco様のこの記事よりTB。

最近思うんだけど、人生って実は常に2択なんだよね。YESかNO。オンかオフ。アナログなようで実はデジタル。(どっちか答えを出せずにボーっとしたら結果的にNO/オフになる)

大局で見るとそりゃいろんな意見があって、いろんな岐路が合って、単純に2択じゃないとは思うんだけど、刹那的には全て2択しかないんじゃないかと。(まぁその2択の連続コンボによって結局は多様なアナログ的な結果が生まれるんだけれど)

が、その辺を案外ファジーにしてきたのが日本文化であり、曖昧なままお互いが意思の疎通を図れる日本人ってのは、ある意味それはそれですごいことだと思うんだけれど、それも結局は”単一民族”のなせる業っていうか、国際社会においては結構白黒ハッキリさせないといけない局面が増えてきたような気がするのね。

そりゃ白黒の間には灰色があってそれにも白っぽいのやら黒っぽいのがいろいろあって、その多様性を認めることこそが(特に国際問題については)必要なんだけれど、これを踏まえた上での灰色は許せるんだけれど、いまの大半の日本人にとっての「グレーゾーン」ってのは「どっちでもいい・どうでもいい」の灰色のような気がしてならない。

そんな投げやりで甘い判断が今のダメダメな政治や社会を作り出してきたと思う。

昔の日本人ってのはかなりストイックで自分に厳しく、モラルを持っていたからその辺はなぁなぁで曖昧であっても社会が成り立っていたんだろうけど、今のヌルイ甘えた人間ばっかりの社会でなぁなぁにされてもこんなダラシナイのは国をダメにする以外に何も生み出さない。

私が何気に「石原慎太郎」都知事が嫌いになれない理由は、やっぱりあのハッキリものを言うところが気持ちいいからに他ならない。周りの都合も考えずに無茶な暴言を吐いたりもするけど、あれも絶対”確信犯”だし。なにより良いか悪いかは別としてしっかりと自分の意見を露骨なまでにハッキリと言えるのは「日本人的」ではないかも知れないけど、好感が持てる。

自分の意見を持った上での「灰色」は大いに結構だし大人だなぁとも思えるけど、投げやりで無思想なファジーさはどうも好きになれない。判らない人間が判ろうともせずにあんなニュースをみるもんだから「郵政民営化反対か賛成か」なんてことが言えるんだし。

結局バカには2択が判りやすいんだよね。適当に選んでも50%正解なわけで。選択肢が2択のテストなら鉛筆ころがしても50点取れるけど、4択だと25点しか取れない訳だから。

それに今の日本に多様な選択肢は必要ないかもしれない。そんなのは答えを先延ばしにするだけで一向に解決に向わない。それなら白黒ハッキリ決めさせた方がバカにも判りやすいし、結果が出るのも早そうだな。

落ちるならとことん落ちなきゃわかんないじゃない?

私?私はいつでも何人(国籍ね)にでもなれるつもりですことよ。オホホホホ。
[PR]
by yaling | 2005-08-16 13:48 | ニュースなぼやき