<   2005年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

まさかそんなことはないとは思いますけど…

列車事故のニュースを見てからずっと心のどこかにひっかかっていたことがあって、ついさっき、そのことをふと思い出して、ネットで調べて驚いた。

a0013882_1641760.jpg

【電車でD】
これ同人誌で結構前に話題になって、会社の子が持ってるのを読ましてもらったことがあって、「頭文字D」のパロディで車が電車になってる奴なんだけど…。

…。

ま、運転手がこれのマネしたとは到底思えませんけどいまの世の中なにが起こるかわからないですから…。

亡くなった方々のご冥福を祈ります。
[PR]
by yaling | 2005-04-30 16:09 | ニュースなぼやき

人間なんてホントばかな生き物なんですよ

スピリチュアルなユニフォームと安易な正論~真夏のスーツ是非問題

真夏日が続くゴールデンウィークもなおアツイaco様のこの記事からTB。(いや暑苦しいとかそんなことは思ってもいませんけどね…(微笑)←高校の社会科の先生が言った一言を思い出した「そういえば、あの女性雑誌ありましたよね…なんて言いましたっけ…ほほえみ?」)

ネタ元になった「クール・ビズ」の話から離れてしまいますが、いや、ホント、真夏に背広なんて着たくないんです。

こんな私でもほんのちょっとだけ外回りの営業の真似事をしたことがあるんですけど、はっきり言ってありえないわけですよ。クソ暑いのに長袖なんてのはもってのほかなのはいうまでもがなですけど、その上ワイシャツにネクタイしてジャケット羽織るなんてのはある意味非常識というかバカとしかいいようがない。真夏に重ね着なんて、バカも休み休みにしてくれってなもんです。

こども服なんかでね、TシャツにロングTを重ねた風なやつがあるのご存知?最初にロンT着た上からTシャツを重ね着したおしゃれ風なんだけど、実は一枚なの。見た目重ね着じつは一枚。あれのねスーツ版をマジでどっか販売してくれないかと本気で考えたこともあるくらい…。

いやね、おしゃれとか、そんなモンクソ喰らえなわけですよ。それでなくてもクソ暑いのにあんなモン着せられて、涼しい顔が出来るかっ!ってなもんです。

でもね、私等庶民はね、Tシャツ一枚で公共の場に出て認められるほど、偉くないもんで仕方ないといっちゃ仕方ない。そんなにスーツがイヤなら六本木ヒルズに住むか、もしくはホワイトカラーやめるかのどっちかしかない。

で、私はホワイトカラーを辞めたわけですよ。(そんなのお前が負け犬であることを肯定するための詭弁だと言われちゃ元も子もないんですけど。)

でもね、制服は絶対的に必要なわけです。中学時代、進学先の高校を選ぶ際にわざわざ私服の高校を選んだ友達がいて、それを見た私は

「毎日着る服を考えるなんて、ありえないわ。」

なんて言っても、当時私の学区で私服の高校なんて私立の偏差値高めの高校のみだったもんで、そんなところに行けやしない私のその発言は負け惜しみだとその友達には思われたかもしれないけど、それでも高校生になってその友達に話を聞くと、結局メンドクサイからみんなGパンにTシャツだという事だった。

そういう意味で制服はホント便利なもんだとは思う。ましてやaco様の仰るとおり、世間は人を外見でしか判断しないもんで、営業マンがTシャツにデニム姿で現れても「お帰りください」と言われるのは火をみるより明らかなことである。

制服を脱個性だと言うバカはチョンマゲにふんどし姿で営業に出ればいい。ただ、不条理な真夏にスーツ姿はある意味、チョンマゲにふんどし姿と同じくらい滑稽な姿だということを声を大にして言いたい。

人は往々にして、自分の作ったルールに縛られて雁字搦めになって身動きが取れなくなる。今回のJR福知山線の大惨事にしても本来はお客の利便性の為のダイヤのはずが、いつしか運転手にとって安全性以上に重要なファクターとなってしまった結果だと思えるし。

いくら個性を大事にしろと言っても、人間が集団生活をする以上はルールは必要。個性がなくなるからとルールを無視するやつは無人島に行くか、自分の部屋にでも引き篭っていて欲しい。自分というものを見失うことなく、社会に適応していくことはそんなに難しいことじゃない。世の中思っている以上に選択肢なんてのは沢山あって、それが見えないということは実はルールに縛られた結果、視野がそれだけ狭くなってるということをまず自覚した方がいい。

そうやって広い視野を持って、制服というものを機能性で考えた際に真夏にスーツがいかに理不尽な格好かということを思い知らされるのである。あれをなんとも思わない奴はルールに雁字搦めになりながらも個性を謳うバカタレだと言いたい。

そんなもんはどこぞの誰かが作りだした幻想でしかない。また違う流行が生まれれば、それが新たな常識になりうることを忘れてはいけない。

チョンマゲにふんどしが次世代のフォーマルウェアになる日は近い。
[PR]
by yaling | 2005-04-29 12:11 | 仕事のぼやき

珍珠奶茶(タピオカ入りミルクティ)

a0013882_19593277.jpg

神戸の南京町って最近、観光客相手に店の前に出された屋台というか露天というかばっかりであまり好きじゃなかった。大しておいしくもない、どこの店で買っても似たようなぶたまん(同じ冷凍のを使ってるんじゃないかと思ってるんですけど)にふかひれとは名ばかりの春雨入りラーメンやらどれもどうでもいいものばっかで残念無念で。

タピオカ入りミルクティーも結構売ってる店はあるんだけれど、どれもタピオカはフニャフニャでミルクティーもやたらと味が薄くて…。

そんな中、まともな珍珠奶茶を売ってる店を発見。一杯350円也。お茶っ葉は台湾から取り寄せているらしい。(台湾の紅茶が本当においしいのかどうかしりませんけど)タピオカは東京の業者から買ってるらしいが、しっかりとモチモチしてました。場所は三宮寄りの門から入ってちょっと行った右手側の路地の中。行かれる方はお試しあれ。
a0013882_2062158.jpg
a0013882_2063133.jpg

[PR]
by yaling | 2005-04-22 20:07 | その他のぼやき

罵詈雑言

80年代の漫才ブームから行くと今のお笑いブームは何回目のブームになるのかは知りませんけど、若手の芸人たちを毎日のようにテレビでみるようになりましたね。個人的にはコントが苦手で漫才の方が好きなもんで、そういう意味で今のお笑いはちょっと寂しかったりするんですけど。

ここのブログ名が「ぼやき」というのも元々は人生幸朗師匠のぼやき漫才から来るのかどうかは知りませんが、たまに商店街なんかで見かける酔ってるのかシラフなのか、ひとりで大声で怒鳴ったり、ぼやいているオッサンっていうのは近づきたくはないけど、見ていて面白いから好き。

だから最近だとちょっとだけそんな匂いがする「カンニングの竹山」さんとかマイブーム。あとこっそり「たむけん」の「**死ねっ!」っていうのも好きなんだけど、こっちは芸として末永く続けていくにはもうひとひねりしてもらわないと、結構辛いネタ。関西では許してもらえても、全国では厳しいんじゃないのかなぁ。

とはいえマイブームの「カンニング竹山」さんもかなりギリギリらしく、一部の放送では局にクレームの電話が殺到したようですけど。

ただ、日本人って辛抱強いというか、何も考えてないというか自己主張しなさすぎなのは、「NOと言える日本」をはじめずっと前から言われ続けてきたことなんだけど、今回の「反日」のニュースとか見ていて思うのはやっぱりガマン強いというよりは無知で言い返す言葉が思いつかないだけのような印象を受ける。(それでも日本人は言い訳とか良しとしないじゃない?アメリカの大学生はクラスに遅れてきて、スミマセンの一言もないまま何故遅れたのかいい訳し始めるもんね。これはもう自己主張とかそういうレベルじゃないと思うんだけれど。)

なんて偉そうに言ったところで、「じゃあお前はなにを知ってるんだ」と言われてしまうと返す言葉もございませんが、とにかく何かを発言することからはじめるしかないと思い、こうやって記事にしてみてはいるのですけど。

敗戦国としての立場の弱さっていうのは今後もずっと続いていくんだろうけど、だからと言って卑下する必要もなければ、媚び諂う必要もない。最初から何もかも理解できるわけないし、物知り顔をしてみたところで内容が無いことは誰がみても一目瞭然なんだから、そんなことは棚にあげておいて、ここはひとまずぼやいてみようよ。

「しらない・わからない・関係ない」

なんて他人顔しているよりも、自分なりに思うことを言い合うことさえできれば、同じアジア人としてすぐに共感しあえるはずだと私なんぞは思うんですけど。(それこそ私に言わせりゃ日本人にとっては、アメリカ人のほうがよっぽど理解しにくい(理解しがたい)国なんだけどねぇ。)

その代わり、あまりにも無責任な根拠のない罵詈雑言は恥の上塗りになるだけだから辞めておこう。同じ毒を吐くにも、やっぱり多少のひねりというか知的センスを加味しないと見るに堪えないですから。

多少の過激な発言もいいんじゃない?そういう発言をすることによって生まれてくる責任みたいなのも実際あると思いますし、それに対するリアクションから更なる考えが出てくるかも知れないですから。当たり障りのない、触らぬ神にタタリ無しっていうのが一番悪なんじゃないかと。
[PR]
by yaling | 2005-04-22 18:10 | ニュースなぼやき

私的メモ

yahoo!掲示板で反日デモについての討論が盛り上がっている。
YAHOO!掲示板【中国の反日デモ】

意味のある発言から、流言飛語まで活発に更新されているが、しょうもない活動家たちのくだらない抗議活動よりもよほど有意義なことだと思う。ただ、中国側からの意見を言える人間が少ないのが問題ありなのだが。

今、日中関係にとって必要なのはこうやって市民レベルで構わないので自分たちの考えや思いを意見交換できる場所なのかも知れない。そういう意味でももっとネットを活用すべきだし、たとえそれが「でっちあげ」や「デマ」であったとしても、発言したり、それらを見聞きできるということは本当に素晴らしいことだと思う。


注意:以下は気になったリンクを集めただけで、私自信がこれらの情報を鵜呑みにしているわけでもなければ、それを世間に広めようということでもないことをご理解の上、ご覧ください。(常時更新予定)

南京大虐殺
大虐殺派のウソ写真と証言
日本の教科書
「過去を反省、おわび」と首相演説

ウソでも誇張でもなんでもいい。それを発言できるということからやっと何かが始まる。日本人の「臭いものにはフタ」的な考えが事態をここまで悪化させた部分は少なからずあるのではないか。(立場的に言いたくても言えないことも沢山あるでしょうけど。)

なんでもいい。自分なりに情報を収集し、自分なりの意見を持つこと。今まで日本人が避けて通ってきた部分に今こうして自分の力で向き合っていくことに意味がある。
[PR]
by yaling | 2005-04-22 14:54 | ニュースなぼやき

日本人はマグロか?

反日デモ 欧米各紙、社説で論評
中国報告書を作成「15年で日本と同規模経済に」

国会議員たちは当然として、国民ひとりひとりがもう少し勉強して意見を言えるようになんなきゃね。よその国にフォローしてもらってる場合じゃないんだよ。

いつも受身で周りに翻弄されてばかりで…

そろそろ目を覚ました方がいいぞ。

ただ、こういうことは第三者に介入してもらった方が、スムーズに話が進むこともあるので(実際中国政府の対応は諸外国からの反応に対応した形で変化している。【反日デモ 中国が規制 「友好唯一の選択」 李外相強調】)そこを考慮した上で日本として出来うる最良の対応を模索する必要はあるのだが。

それにしてもやっぱりドイツはいいなぁ。ドイツ人は今の日本人より、まじめで勤勉で優秀だし。同盟国だっただけのことはあるなぁ。(何気にアメリカよりもドイツの方が日本の将来を真剣に考えてくれてるような気がするのは私の勘違いかい?)ドイツ人になろうかなぁ。毎日ロマンティック街道と古城街道を行ったり来たりできるもんなぁ。食事がソーセージとザウアークラウトだけなのは辛いけど…(ウソだよジャーマンポテトもあるよ。)
[PR]
by yaling | 2005-04-20 11:07 | ニュースなぼやき

「関西人のイメージ=お金第一主義者」?

関西人のイメージに変化 「お金第一主義者」減る

関西人はケチだというイメージは今やすっかり関西人の中にも定着した意識のような気がする。(定着したというよりは定着させられたと言ったほうが正しいかな?)

でも実際のところは、商売人はお金にシビアだというだけのことで、「お金第一主義者」というのは間違った解釈の仕方で、どちらかというと、東京人のほうが「お金第一主義者」だと私は思っていた。(ここでは関西人の対義語であろう関東人と表現したいところだが、あんまりにも範囲が広くなりすぎるため、あえてここでは東京人ということにしています。)

東京人の中で根っからの江戸っ子なんてものはごく少数しかおらず、そのほとんどは地方出身者のため、そんな彼らの中にはどうしても「田舎者コンプレックス」みたいなのがあって、「なにがあっても田舎者と思われたくない」という意識からか、やたらと他人の目を気にするきらいがある。(ファッションセンスにうるさかったり、ブランド志向が強いのはそこからくるものだと。)

関西人のファッションがダサいのは彼らほど他人の目を意識していないということであり(勘違いな人間もそりゃいないとは言いませんけど)、そういう意味では東京人の方が自意識や自己顕示欲が強いということになる。(関西人は別の部分で自己主張しますけどね。世界中どこに行ってもやたらと耳に付く関西弁の旅行客とか…)

で、この記事をよくよく読んでみるとこのイメージは「関西人に対し抱かれがちだったイメージ」ということなので、関西人以外は関西人のことをこう思っていたということらしいのだが、じゃあ今頃になってなんでまたその「住民の意識では首都圏との差が縮まってきている」のかというとただ単に不景気でみんなケチになってきただけで、裏を返せば商売人の多い関西人たちは言われる前からお金に関しては堅実な考えを持っていたということなのではないかと思う。

なんてここまで書いたものの、だんだんどうでも良くなってきたので、記事にするのやめよっかななんて思いながら、もったいないからアップしときます。(ケチくさくてごめんね)

本日のひとこと「目くそ鼻くそ」
[PR]
by yaling | 2005-04-20 10:48 | ニュースなぼやき

これだから芸のないバカはキライなんだよ

クズ野郎
同じようなニュースが後を絶たないから、今日はaco様のこの記事にTB

嫌がらせ、10都道府県で25件 国内の中国関連施設で
中国総領事館爆破と予告 福岡、電話で民放局に

ね。ホントバカは多いよ。なんかあまりのバカさ加減に怒る気もしないんだけれど。

日本の歴史教育の方針がどうこうなんていうのは私にはわからない。こどもたちに「私達の国は過去にこんな悪いことをしました」って自虐的な教育をする国がこの世界にあるのかどうかは知らないけれど、確かに日本の歴史授業はもう少し近現代史に比重を置いた方が、いいような気はする。

「いい国作ろう鎌倉幕府」

なんて年号を覚えることに何の意味があるのか、未だに理解できない。(暗記するのが苦手な私にとって歴史のテストは苦痛以外の何物でもなかった。)歴史そのものが面白くないわけがない。一時期、歴史小説にハマッていろんなのを読みあさったことがある。

「源義経、武田信玄、上杉謙信、織田信長」

小説ということもあり、多少の脚色や誇張で史実とは異なる部分もあるにせよ、それは部分部分をはしょって説明するだけの歴史の授業より何十倍も面白かった。でも授業でそんな武将ひとりひとりを丁寧に取り上げていたのでは何年たっても現代史にたどり着かない。(それならいっその事、現代史から昔に遡っていく教え方をすればいいと思うんですけど。)

今の世界情勢を考えた場合、戦国時代よりも第二次世界大戦を勉強する必要があるのではないかと思う。なぜ日本はここまでアジアで忌み嫌われるのか。今の若者にとっては「自分たちがやったことじゃないし、学校も教えてくれないんだから、なんのことだかわからない」ことだと思うのだが、これが一番の問題だ。何も知らない人間がどうやって反日教育を受けた中国人や韓国人たちと対等に対話することができようものか。

「竹島?どこにあるの?どうして韓国はあんなに怒ってるの?」

話にならない以前の問題である。

そんなバカたちは「話すべき言葉」を持っていないからバカな行動しかできない。

石を投げられたから石を投げ返す。

こどものケンカじゃないんだから。ホント低脳なことこの上無い。

そんなお前らも確かに人間として3流だということを自覚してもらいたい。

そんなお前らの行動が世界からどういう風に受け取られるのかを少しは考えてもらいたい。日本人としての誇りなんてものはとっくに消え失せてしまったのかも知れないけど、日本人の持っていた(ハズ)のいいところは絶対になくしてはいけない。

謙虚さ。勤勉さ。誠実さ。

バカに合わせて、バカに成り下がる必要はどこにもない。私達はアメリカ人でもなければ中国人でも韓国人でもないことを忘れてはいけない。まずはそこからはじめようよ。

なんていいながら、イヤになったらいつでも出て行く気マンマンの非国民より。

追記:なぜ今になって抗日運動なのか。
日中関係悪化の真相:話は簡単
[PR]
by yaling | 2005-04-19 13:04 | ニュースなぼやき

それでも万引き(窃盗)する方が悪いと言っておく

本屋で万引きの女性、取り押さえたら死亡
万引女性タレント活動を再開へ…ホリプロ表明
万引きして逃亡、電車に轢かれて死んだのは、自業自得

あのね、「ちょっとした出来心」とか「たかが本一冊で」とかいろいろ言われますけど、店はそれで飯を食ってるわけですよ。例えば本屋で言うと、一冊の本が持っていかれた場合にその損害を埋めるのに何冊の本を売らないといけないか犯人は知っているのでしょうか。

旭屋本店で死亡した女性が盗ったのは語学テキスト16冊5000円相当(NHKのテキストだなこの安さは)。たった5000円の為にこんな結果になった。でもこんな結果になった切欠はこの女性自身が生み出したことを忘れてはいけない。警備員に多少の行き過ぎがあったにせよ、窃盗犯(犯罪者)に対してなんでもって気を使わなければならないのか。電車に轢かれて死んでしまった学生にしろ、ポロッと本当のことをテレビで言ってしまったバカなタレントにしろ、そんな犯罪を犯す前にそれに伴うリスクを考えられなかった時点で人間として3流だと思うし。

どうせやるならもう少しわりの仕事をしろよ。

みんな食べるために一生懸命働いている。たかが万引きと言えども書店にとっては死活問題なのである。「人の命は尊い、たかが本一冊で…」なんてナメタことを言う奴はお前がその損害分を立て替えてやればいいさ。

「文教堂の年間被害予想額は4~6億円といわれている」(万引きについて思うこと)より

人ひとりの値段なんていくらが妥当なのか知らないけど、交通死亡事故の慰謝料が一家の大黒柱の場合で2600万程度らしいから(死亡事故慰謝料より)4億ほど出してくれれば15人分の命を助けられるかもよ。ただし、これは「文教堂」に限っての話だから日本中の書店を合わせると途方もない金額になるだろうけどね。

とにかく、「万引き」なんてナマヌルイ言葉を使うのはやめて「窃盗」として警察も対応してもらいたいもんだ。で、店側は常に手錠のひとつも用意しておいて、犯人を捕まえたらその場で手錠をかけて、その辺の柱につないでおくようにすればいい。逃げられても、捕まえて抵抗されてもどっちにしても責められるんだからさ。
[PR]
by yaling | 2005-04-19 12:25 | ニュースなぼやき

思ってたより早く収拾しそうね。

中国、反日デモ規制を強化 ネットにアクセス制限

抗日戦争60周年
五・四運動(5月4日)
盧溝橋事件(7月7日)
柳条湖事件(9月18日)

今年はめでたい60周年記念の年な上に、立て続けに記念日があるもんだから、年内いっぱいは中国に行かないほうがいいかなって諦めていたんだけど…。


そうだよねぇ。日本製品とか言ってもほとんど「maid in china」なんだからね。

いつまでもそんなことしてたら観光客も減っちゃうしね。

一時期はどうなるものかとも思ったけど、中国出張もじきに再開されそうだわ。

それにしても「竹島」といい、日本の教科書以前にアヤツラの教科書にクレームつけなくちゃだわさ。
[PR]
by yaling | 2005-04-15 20:33 | ニュースなぼやき