<   2005年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

【訓読みの「訓」の字は音読み】トリビアの泉より

この前「トリビアの泉」で訓読みの話を聞いたのだが、同じようなのを発見したので報告。

「北京語の北京は広東語」

はぁ?

と思われるでしょうが、そうなんだから仕方がない。

「北京」ってなんて読みます?

「ペキン」ですよね。

でもこの読み方日本語じゃないよね。

じゃあ中国語の標準語である北京語(普通話)かというとそうではない。

北京語で「北京」は「Beijing(ベイジン)」であり「Peking(ペキン)」ではない。

が!しかし、その昔、かすかな記憶を辿っていくと伊丹空港が国際空港だったころ北京の行き先には「Peking」と書いてあったような気がする。(ちなみに今関空では「Beijing」になっている)

何故だ!しかも北京大学のホームページを見てみると何故だか大きく「Peking University」と書いてあるではないかい!

何故!?

で、更に調べてみるとこのような記述があった。

「ペキン」は広東語の発音だそうです。
西洋と最初に接したのは中国でも南の方だったために
英語には広東語の方が定着したのでしょう。
でも中国政府は「Beijing」の方を正式名称としているので
最近は英語でも「Beijing」と書くことの方が多いようです。

日本語と中国語より

へぇ~へぇ~へぇ~

「北京語の北京は広東語」

ここに新たなトリビアが生まれた。
[PR]
by yaling | 2005-02-25 18:11 | その他のぼやき

責任転嫁シリーズ!第2弾!「ゲーム脳」の恐怖!

「ゲーム脳報道」へのCESAの対処
「ゲーム脳」関連記事こちらから

「皆さん!おちちつついてください。」

昨日(2/19放送分)読売テレビ「あさパラ」(関西ローカル)でハイヒールリンゴさんが「ゲーム脳は科学的に証明されてる…」な発言を聞いて、「え!本当に証明されたの?」と寝耳に水だった私はちょっとばかり調べてみたのですが、まだ証明されたわけじゃないじゃんよ。(もう!プンプンっ!)

まぁ、ゲームをあまりやらしたくない大人にとっては都合のいいお話ではありますので、マスコミなんかも気軽に取り上げちゃうし、またその反響も大きいのはわかりますけど、あまり無責任なことばかり言うのもどうかと思いますよ。

ただ、この分野の研究はまだまだ始まったばかりで、香山リカ先生いわく

-大胆仮説や突拍子もない理論に対して、心ある研究者たちは「いまのところそれを裏付ける根拠はない」という非常に奥ゆかしい、ことばをかえれば歯切れの悪い反論しかできない。なぜなら、科学の世界では今後の研究法の進歩によっては何が起きるかわからない以上、現時点はいくらでっち上げの仮説であっても、「絶対にありえない」とは言えないからだ。-

ということらしい。

そーかぁ。世の中科学で証明できないことは沢山あるけど、解明できないことは「ある」ことにしちゃっても、それは誰にも否定できないってことなんだねぇ。でも、それって大槻教授の説とは逆だな。彼は「超常現象はプラズマで証明できる」とか言って、「科学で解明できないことがあるのなら辞表を出す」なんていってたのにね。幽霊やUFOは証明できないから「なし」だけどゲーム脳は「あり」なんだね。

ほぉ。科学とは大人にとって都合のいい学問だったんだね。

じゃあさ、じゃあさ、私も仮説を唱えることにしてみるね。

運動ばっかりしていると「スポーツ脳」になって脳ミソが筋肉になってバカになる!

こんな話前からよく冗談ぽく言われてたけど、現に運動しか取柄のないバカなスポーツ選手が多いから「統計学」的にみて実証されたも同然だよね。

胸の大きな女性は「オッパイ脳」で脳ミソがぷよんぷよんになって頭が悪い!

なんてのももちろん「あり」だよね。

楽器ばかり弾いていると「音楽脳」になって聞く音がすべて音符として耳に入ってくる!

あれ?これなんか別の言い方がすでに存在したような気がするな…、まいいや。

算数ばっかりやってると「算数脳」になってなんでも計算ずくなイヤな人間になる!

本ばっかり読んでると「漢字脳」になってしまい、「よろしく」を「夜露死苦」と書いてしまう!

あぁ、大変だぁ!皆!おちちつついてください。

明日から私のことを博士とお呼び下さいましぃ。
[PR]
by yaling | 2005-02-20 15:35 | ニュースなぼやき

いつもウチの堀江がお世話になっております…

“実力不足”が露呈したクボジュンのホリエモンへのひと言

なんかさ、最近のマスコミってひどく公共性を無視した発言や行動が目立たない?

ホリエモンが電波を買収しようとして「金にモノを言わせて何でも買えると思ったら大間違いだ」なんて資本主義国家とは思えないような発言は無かったことにしてやったとしても、NHKと朝日のいやがらせ合戦もそうだし、すごい私欲っていうか、社会に貢献している公共の代物とは到底思えないような言動が目立っているような気がするんですけど。

まぁ、前から自社の不祥事はちょこっと扱う程度で他局の不祥事やらヤラセ問題は大々的に取り上げるのはよく見かける光景ではありましたけど。

気にいらんから気に入らんと言うことはそれでいいと思う。各社それぞれの思惑で自局の利益を考えて発言することはたとえ公共性を主張するマスコミであっても、国営放送じゃない限り、当然の結果だと思いますし、そこから問題提議されなければ、闇に葬られていたかも知れない問題も多数あるんだろうし。

でも、なんか露骨過ぎなのも芸が無いよね。

もう少しさ、知的にっていうか罵詈雑言じゃなくって、アイロニーっていうの?「流石インテリだわ」と一般ピープルが関心できるような言い回しっていうのがあってもいいんじゃない?

でもってライブドアはさ、クボジュンのことをバカだと言ってるヒマがあるんなら自社の社長のことを「ライブドアの堀江貴文社長」なんて言わずに「ウチの堀江」って言うべきなんじゃないの?あんた等堀江サイドの人間なんだから、そんな回りくどい言い方しないでそこんところはストレートに表現した方が意図は伝わりやすいんですけど。

でもここで、TBSまで敵に回したら、あんたまた孤立しまっせ。

せっかく出演させてもろたんだから、せめて「クボジュンは世間の意見を代弁してそんな質問をしたんだろう。損な役回りである。」ぐらいの弁護をしてやってもいいんじゃないの?

引っ掻き回すのが目的なら、それでいいんだろうけどね。「国取り合戦」らしいから、戦国時代に突入したということですわな。まぁ下克上で身内に寝首を掻かれないに注意しなさいね、ホリエモン。
[PR]
by yaling | 2005-02-19 19:51 | ニュースなぼやき

「香港国際警察」見たよん。

a0013882_15441519.jpg

新香港国際警察

「スターウォーズ」がきっかけで映画に目覚め、アメリカ留学するに至ったとすれば、「ジャッキーチェン」のおかげで、中国に留学したと言っても過言ではないほど、「ジャッキー映画」は私の映画ファン人生の中で大きなウェイトを占めている。彼がいなければ、香港映画や中国映画、ましてや邦画には目もくれず、完全にハリウッド至上主義になっていたかもしれない。

年齢的にも「ブルース・リー」よりも「ジャッキー・チェン」だったし。

それでも、最近の香港映画は少し元気がなかったのは、ジャッキーをはじめ、ジョンウー、ツイハーク、ユエンウーピン他、みんなハリウッド進出に躍起になっていたからかなぁ。レスリー・チャンも残念だったしなぁ。

それに香港四天王とか言われて、なんか長らく同じメンバーばっかりで映画が回っていたような気もしなくもないし。

それが、最近になってなかなか二枚目の若手が続々出てきており、だんだんと活気づいてきた。この「新香港国際警察」に出ている「ニコラス・ツェー」も間違いなくその1人だと思うんだけど。後は「インファナル」の「エディソン・チャン」や「ショーン・ユー」。あと「イーキン・チェン」なんかもいいんじゃない?(誰かに似てると思うんだけど誰か思い出せない。日本の俳優。TMの宇都宮ではなくて)

そこにさ、アンディ・ラウ、アーロン・クォック、レオン・ライ、ジャッキー・チュンの香港四天王(でも四天王って映画にも出てるけど歌手のイメージの方が強い気がするのは私だけか?)やらトニー・レオンたちベテラン勢が絡んでくれば、流行の韓流なんかよりもウットリできそうな気がするんですけど、オバサマたちいかが?(なんて言っても、30過ぎの独身女性で香港スターの追っかけしてる人は韓流ブームのもっと前から存在しておりましたけどね。知り合いに香港の衛星テレビ見るために庭に3mのパラボラアンテナつけてるのがおりましたし。)

で、映画の方ですが、最近ハリウッドでイマイチしょうもない映画ばっかりだったせいか、はたまた「80デイズ」がこけまくった反動か、久しぶりに香港に戻ってきたジャッキーはかなりハッチャケております。今までのコミカルなジャッキー映画を想像してなめてかかると痛い目に合います。結構ヘビーな内容で、劇中のジャッキーに感情移入しちゃうと鬱になりそうなほど。

その点を「ニコラス・ツェー」が上手く和らげていればよかったんですけど、ヘビーすぎてイマイチ功を奏しているとは言いづらい。(いや、頑張ってはいるんですけど。)

とはいっても、そんなに議論しあうほどの内容も無いので、まぁ興味のある人は見に行ってください。

最後は香港コンベンションセンターの上で「プライド男祭り」の高田よろしく大暴れしております。今の香港であんな撮影を許してもらえるのはジャッキーだけなんじゃないかと思いますけど。久しぶりのジャッキー映画なので70点あげます。
[PR]
by yaling | 2005-02-19 16:34 | 映画・TVのぼやき

どうでもいいですよ♪(byだいたひかる)

Xboxに欠陥、電源コードをリコール 1410万台

うっ、ウソぉ!Xboxが1410万台も売れたの?

・・・あ、世界中でね。

で、事故報告が23件ね。フムフム。

確立でいうと0.00016%かぁ。

もうすでに一年前の【記事】なんだけど、そこに日本国内での販売台数は50万台に満たないと書いてあるし、国内で現役で稼動中のXboxの台数なんてそのうちの1/3(も動いてないだろうけど)と独断と偏見で計算すると、日本で不具合が起こる台数は0.26台ということでほぼ問題なしということになるな。

PSPの不良率の方が高そうですけどなにか?

ニュース性がないのは判りますけど、無理からニュースにしてしまうのはご遠慮ねがいます。

どうせなら細木数子先生に頼んで改名でもしてもらえば?
[PR]
by yaling | 2005-02-19 15:27 | ニュースなぼやき

「リスク」について考えてみる

リスクゼロという幻想

悲しい事件です。確かにキャッチボールが禁止された公園でキャッチボールしてた親子も悪い。だけど、彼らにその責任を問うのであれば、そんなやってはいけない場所でキャッチボールをやってる「不道徳」な親子のそばで自分の子供遊ばせてた被害者の親の管理責任はゼロなんだろうか。事前に一言「ここでキャッチボールしてはいけませんよ」って注意は出来なかったんだろうか…。

ま、出来るわけないか。今の日本は他人にモノを言うだけでリスクになっちゃうもんね。そんなことで殺されるような世の中だもんね。

でもキャッチボールしちゃいけないって言われても、他にする場所もないし、まさか道路の真ん中でキャッチボールするわけにもいかないから、近所の公園で仕方なしにやってたら、過失致死傷罪で訴えられて6000万払わないといけないのかぁ。今、私が事故で死んでら6000万もらえるのかなぁ…無理そうだなぁ。

ま、裁判所がそれを認めたんだから、仕方ないわね。公園で子供がキャッチボールで悪送球で人に当たったら、6000万円払うことになるかもしれないということを、私ら親達は肝に銘じておくしかない。今回は高い勉強代だと思って責任を問われた親は支払うしかないわね。だってそういう判決が出たんだもんね。

ちなみに年収500万の家族がこの6000万を支払うとして計算してみよう。

どっちみち一括では払えないよね。

で分割で払うのなら利息とか付くのかなぁ。そうだと辛いね。

よく知らないので、金利手数料はすべてジャパネットタカタが負担することにしておいて、まず月々返済可能な金額はいくらか考えてみよう。

500万の年収としたので、12で割って、月41万6000円(今のご時世結構な高給取りですぜ)として、まぁ貧乏生活して約半分の20万を月々返済したとしても、25年ローンですか。そうなるとかなり切り詰めた生活をしないといけないなぁ。夕食のお肉は週に2度ほどで後は植物性タンパク質で補うしかないな。お昼は近所の食堂で定食だったのが、家からおにぎりでも持って会社に行くか。家賃にしろ分譲のローンにしろ、今までのレベルでは支払い不能だから、安アパートにでも引っ越すしかないか。車の維持費もかさむから、手放すしかなさそうだな。子供は2人いたとして、これからの学費とかも必要だしな。公立の学校に行ってもらって、高校生になったら、バイトでもしてもらって、学費と生活費の一部をちょっと負担してもらえると助かるなぁ。一応年収500万で計算してみたけど、もし年収が300万そこそこしかなかったら…


ハァ…

誰かウチの子にボールでもぶつけてくれないかなぁ。






いやね、冗談みたいに取られそうだけど、不謹慎でもなんでもないよ。実際そういうことなんだから。どっちにしても事故なんてものは双方にとって不幸なもんなんだよ。誰も得なんて出来るわけがない。そんなリスクを背負いたくないのなら、家から一歩も出ずに引き篭もるしかないわけで。最近過保護な親が増えていて、ウチの子もたまに公園なんか連れて行くとちょっと過保護だなって思うことがある。

よその子供でウチの子よりもずっと小さい子が1人でジャングルジムとか滑り台とか飛び回っているのに、ウチの3歳のチビはビビってそれが出来ない。滑り台くらいなら問題ないんだけど、ジャングルジムに登るのとかダメ。ドンくさいといえばそれまでなんだけど、基本的には妻が危ないからとあまり遊ばせないから。下のチビがまだ小さいのであまり表に出てないからというのもあるけれど。怪我をさえたくないと考える母親の気持ちも判るが、子供なんてこけてナンボである。多少のリスクを負ってでも、そこから学ぶものは沢山ある。

でもその金額が6000万となると…ハァ。

貧乏人は公園で遊んでもいけないということなのか。

でもホント、子供を安心して遊ばせれる場所って少ないんだよ。なんとかならないもんですかね。
[PR]
by yaling | 2005-02-19 11:59 | ニュースなぼやき

「童貞じゃなかった」の衝撃!

【衝撃】お前らは童貞じゃなかった!!【新事実】

「童貞とは性交の経験の無い未成年者のことをいう(広辞苑より)」

「2ちゃんねる」のこんな書き込みが話題になっている。「成人の未経験者は童貞ですらない」ということらしい。で、コレを見た成人の童貞くんたちが「じゃあ自分たちはなんなんだ!」と己の存在意義そのものを否定しかねないこの発言に色めき立った。

って、結局ネタでウソッパチだったんだけど、これだけ話題になっちゃったのが笑える。

どっちだっていいじゃんよね、そんなの。

いやなら風俗でもなんでもいけばいいじゃん。


私も高校生でまだ童貞だった頃、ブサイクな友達でそいつにはお似合いの彼女がいて童貞じゃなかったんですけど、そいつにある日こう言われた…

「お前も早く童貞捨てたら?SEX気持ちいいよ。」って。

まぁ、童貞だし出来るもんならやりたいんだけれど、その時私は負け惜しみでもなんでもなく、口には出さなかったけどこう思った…

「お前の彼女とやるくらいなら一生童貞でも構わないんですけど…。」

いや、ホント。大事にしておくモンでもないけど、焦って捨てるモンでもないと思いますよ。

そんなこと気にするヒマがあるのなら、もっと自分を磨きなさいよ。

それよりも上のリンク童貞ネタの上の「怨霊のネタ」の方が面白いので必ず見るべし。
[PR]
by yaling | 2005-02-17 19:01 | ニュースなぼやき

ぞっ・ぞっ・ぞっ・ぞーしーん♪

a0013882_18175413.jpg


日本橋でんでんタウンに新しいお店がオープンしました。

その名も「ぞうしんでんき」

今話題のCATV万能チューナー専門店。(最近中古PCも申し訳ない程度においてあるけど)

いつでも逃げられるように、店内は以前閉店した店舗の内装そのまんまだし、棚も会議室なんかにある折りたたみの長テーブルだし…。

胡散臭さ120%!!

「ジョーシン電機」と間違えんといてや!うちは「ぞうしんでんき」やさかい!

気分ぞうぞう「ぞうしんでんき」!

切腹!
[PR]
by yaling | 2005-02-17 18:22 | その他のぼやき

「レイティング(年齢制限)」なんてクソくらえだ!

最近何かと未成年者の犯罪がニュースになる度にゲームやら漫画やら映画やらインターネットやらをバッシングする光景を目にするが、そんなモンは責任転嫁以外のなにものでもないとずっとここでも言ってきたことなんですけど…

だからといって表現の自由をなくすわけにもいかず大人たちは責任転嫁ならぬ責任逃れをやり始めた。それが「レイティング(年齢制限)システム」だ。

表向きは判断能力のない年齢、十分に理解できないであろう年齢の子供たちに過激なモノを見せないようにということなんだけど、これって単なる「臭いものには蓋をしろ」な論理であって、何故それがいけないことなのかを教えることにはなっていない。

ちょっと前にどこかの記事で(元の記事がどこにあったか忘れちゃったのでソース不明でごめんね)『怪物なり悪者が主人公で人を殺していく映画(ホラーとかね)を見た後よりも、正義のヒーローが悪者をコテンパンにやっつける映画を見せた後の方が子供は暴力的になる。』なんてのがあったんだけど、これは実際私にとってすごく納得のいく内容でありました。

ジェイソンを見て人を殺そうとする人間は私自身今まで見たことないんだけれど、仮面ライダーやウルトラマンを見た後に友達にキックする子供は死ぬほど見てきたし、自分もそうだった。

で、親のほうもヒーロー者の暴力は比較的簡単に容認しちゃうんだけれど、ジェイソンは子供に見せたくないっていう。

これって結局、正義なら力で解決してもいいって言ってるようなもんで、言い換えれば「アメリカの戦争は正義だからOK」っていうのと同じ理屈である。でも本当に必要なのはそんな教育ではなくて、ジェイソンを見せて「怖いね。こんなことしたらダメだよね。」であり、「こんな人がいたらどうすればいい?」ってことなんじゃないのか。

大人の勝手な価値基準でレイティングするのも、見せなきゃ大丈夫なんていう希望的妄想もそろそろやめて、少しずつでも現実を教える努力をした方が世の為であり、子供のためでもあると思うんだけれど。

親が子供に「勉強しなさい」なんていうのも同じで、これも本当に子供の将来のためというよりは将来子供が社会的に落ちこぼれたときに「ほら見なさい、あの時ちゃんと勉強しなさいって言ったのに、ちゃんとやらなかったアナタが悪いのよ。」と責任を逃れる為の「勉強しなさい」であり、決して子供の為なんかじゃないのはほとんどの親に言えることだと私は考える。

本当に子供のためを思って勉強させたいのなら、「勉強しなさい」なんかではなく、「お母さん(お父さん)と一緒に勉強しよう」っていうべき。「教えてやる」なんてスタンスもNGだな。よほど勉強のできる親ならともかく、基本的に勉強嫌いで子供の教科書見てもちんぷんかんぷんな私らにとってはやっぱり「一緒に…」っていうのが正解なんだと思う。ましてや最近売れてる本が「大人のドリル」なんていうんだから尚更そうだわさ。

そうやって、一緒にいろんなものを体当たりでお互いが吸収していくことができれば、ホラー映画見せようが、殺人鬼が主人公のゲームをしようが、ちゃんと何が現実でなにがウソなのかを見極められる子供になるんじゃないの?

いい加減逃げるのはやめた方がよさそうだよ。
[PR]
by yaling | 2005-02-17 14:45 | その他のぼやき

「スター千一夜」-ハリウッドスターたちの素顔-

アップルストア店員が明かすハリウッドスターの素顔(上)

こんなことで物知り顔で自分の人となりを評価されちゃスターも溜まったもんじゃじゃありませんけど、やっぱり一般ピープルは見てるのよネェ、そういう部分を。

街角で見かけて気さくに握手とかサインとか貰えると嬉しいモンね。

高校生の頃、夏休みにL.A.に行った際にチャイニーズシアターの前で「007」の新作のプレビューがあって、たまたま前を通りかがったときに見終って出てきた「モハメッド・アリ」は実は誰だかハッキリわからないまま、小汚いノートの切れ端を差し出した私にも「Ali」とちょっと手抜きなサインだったけどしてくれたのでいい人。

アニメ映画「パーフェクトブルー」の原作者竹内義和氏もお会いする機会があった際、VHS版を持っているのに、わざわざDVDを買ってきてサインをお願いしたところ「あれ?コレ本物?海賊版じゃない?」とおっしゃられた上に「お名前は?」とご丁寧に私の名前まで入れてくださったのでいい人。(でも私の名前、無くてよかったんですけど…イヤね、転売目的とかじゃ絶対無いんだけれど…)

「トイストーリー」の監督ジョンラセター氏も用意していた「ウッディ」が表紙になっている雑誌に気前よく2枚もサインしていただいた上に、「この雑誌どこで買ったの?」と気さくにお話していただいたのでいい人。

それと、故深作欣二監督と若松孝二監督と塚本晋也監督は私の汚いジャケットの裏地に「これにサインしちゃってもいいの?勿体無いなぁ。」と三人並びでサインしていただいたので3人まとめていい人。

それとそれと…

ごめんなさい。ただの自慢話でした。チャンチャン♪

サインをしてくれる有名人に悪人なし!
[PR]
by yaling | 2005-02-17 12:50 | ニュースなぼやき