カテゴリ:その他のぼやき( 82 )

進化(成長)と共に失っていくモノ…

毎度お馴染みaco様のこの文章を読んで、常々感じていたことがありましたので久しぶりにTB。
ガキの時に実相寺に出会えた幸福

これは何事においても言えることだと思うんだけれど、進化すると共に失っていくものってのは必ずあって、実はその失ったモノにこそ、その物事の本質が含まれていたりするんじゃないかということを感じてきた。

今朝、どこかのお米のTVCMを見ていたら、こんな事を言っていた「お金を払ったのだから、いただきますという必要はないのではないか …中略… いただきますの本当の意味を見つめ直そう」お金さえ払えば、なんの苦労もなく目の前に食べ物が用意される豊かな社会ではいただきますの本当の意味なんて逆にありえないというか無駄なことなのか…

例えば家電製品。最近の家電はどれもエコを強調し、電気代が安いだの、経済的だのとのたまうわりに、高機能化、小型化が進んだせいか、もし故障してもメーカーは修理なんてする気もない。すぐに「交換」してしまうし、それ以上にそのほとんどが機械によって作られていたりするものだから、人間の手で修理することすら不可能に近い商品が多い。10年、20年前ならテレビ・ラジオ・クーラー・洗濯機・冷蔵庫どれも消耗部品さえ交換すればどれも人間の手で直してまた使うことが当たり前だったのに。

昔、ホテルのフロントで働いていた時に聞いた話では某ホテルは新入社員は高卒の人間しかとらないらしい。大卒はスノッブだし専門学校卒は中途半端な無駄な知識が邪魔になるから。不器用でも純粋無垢な人間の方がそのホテルのカラーに染め上げることができるから。その代わり、教育にもチカラを入れていて、英会話や接客マナーなんかはその為の時間を割いて、きっちり教えてくれるらしい。

企業が中途半端なフリーターを敬遠するのもそこに理由がある。全くのド素人よりは適当に上手く仕事もこなすが、その分手を抜く方法も心得ているから。

-------------------------------------------------------------

話を元に戻すと、当時の子供番組には本当にどこまで本気で考えた結果なのかは私は知らないが、確かに子供相手とはいえ、大の大人がクソ真面目に作った作品があった。中には子供だましなものもあるのだが、それらはすでに過去の遺物となり、今現在人々に語られることはあまりない。良いものは形を変えつつも今現在も残っている。

「ウルトラマン」に「仮面ライダー」。海外だと「サンダーバード」。

「ガンダム」人気がいまだに衰えないのは当時見ていた今の大人たちが懐かしんで「ガンプラ」を作っているからだけではないことは火を見るより明らかなことだ。

彼らがやってきたことは決して、狙ったこと(そりゃ狙いもあったでしょうけど)ではなく、真面目に作品を作り上げたこと。純粋に職人として、良いものを後世に残そうとしたことなのではないのだろうか。最近の子供向け番組は確かに、こなれていて、CGを駆使したり、派手な演出で、中には大人も夢中になれる要素がある作品もあるが、記憶に残る物はあまり無いように思う。

時間が経ち、進化・洗練され、器用にそつなく作り上げられた作品には無い何か。
不器用ながら、無駄な部分も多々含みつつ、真面目に作られた過去の作品に込められたメッセージ。

人間なんてものは決して完璧な生き物じゃない。不完全だからこそ人間であって、そんな無駄なものにこそ人間の本質があったりするのではないか。無駄を許容できない社会なんてこれっぽっちも面白くない。不完全なものから成長していく過程が面白いのであって、完成形の用意された世界なんてものは生温くて人をダメにしていくだけのような気がする。

そういう意味でウルトラマンは決して居心地のよい、生温い作品ではなかったと言える。が、しかしその世界観や雰囲気は今もなお私たちの胸の中に深い印象を残している。
[PR]
by yaling | 2006-12-03 10:20 | その他のぼやき

ちょっと疑問に思ったのですが…

あのね、ふと疑問に感じたんですけど…

米国産輸入牛肉ってさ結局、なにがどうなったのかイマイチハッキリしないまま再開された訳ですけど、以前にニュースでさ

「結局、食べるか食べないかは消費者が選択すればいいこと…」

なんて発言を政府の人間だか、輸入業者の人間だかが言ってたのを思い出して…

その時は「そりゃまぁそうだ。イヤなら食べなきゃいいもんね。」なんて気楽に考えていたんですけど…

「ん!? 本当にそうなのか?」

危ない”かもしれない”食品を売っておいて、「危ない”かもしれない”」って言ったにも関わらず食べたのはアンタなんだから、何かあっても自己責任でしょ。

なんて理論はアリなのかな。

薬害エイズ問題や、水俣病や、アスベストなんかもそうなんだけれど、その時はグレーゾーンかもしれないけど、結局クロだったってことはこれまでにもザラにあることだと思うんですけど、それを防ぐのが政府や企業の役割じゃないんだろうか。

それでどうにかなっても「自己責任」なんて言われたんじゃ、結局誰も信じられない、自分で自給自足するしか、確実な方法は無いってことなのか?

うーん…。どうなんだろうねぇ。
[PR]
by yaling | 2006-11-25 17:45 | その他のぼやき

映画一本観るのに四苦八苦

チビたちを妻の実家に預けて、久しぶりに二人で映画でも観に行くことに…。

「スーパーマン リターンズ」

先日、用事でウメダに出かけた際に妻がチケットショップで前売り券を購入済みだったので、いつもなら映画代をケチるためにレイトショーしか見ないところを、これまた久しぶりに昼間の劇場へ足を運んだ。

が!

適当に妻の実家から近い劇場に着いて、窓口で前売り券を渡したところ・・・

「ここに書かれてある劇場以外では使えません。」

だってさ。で、前売り券を見たところ

「上記の劇場以外では使えません」

といくつかの劇場リストが記載されていた。

チケットショップに売られているその劇場指定のチケット(主に株主優待券)はその劇場またはその系列でしか見られないのは常識だが、最近では前売り券でも系列によってことなるのね。知らなかったわ・・・orz。前売り券なんてものは「全国共通前売り券」しかないと思ってたもんで。確認せずに買った妻にも落ち度はあるが、そんなもんがあることも知らずに適当に近所の劇場を目指した私も悪かった。

で、気を取り直して、きちんとリストにある劇場から最寄の劇場を探すと…

「アポロシアター」

「お!スーパーマン観るの辞めて「アマチュアナイト」でも観るか!」なんて妄想する暇もなく(っていうか、正確にはアポロシネマでアポロシアターですらなかったりするのだが…)、アベノに向かう途中に次の上映時間を妻に確認してもらうことに。

妻「あれ?人が出ない。自動の音声案内だわ。」

私「じゃあ、何番かピポパってやればいいのね…」

運転しながら妻の様子を見ていると

妻「スーパーマン」

私「え?」

妻「スーパーマン リターンズ」

私「へぇ。音声認識なんだ。最近の映画館はすごいね。」

妻「スーパーマン リターンズ」

どうも音声認識が上手くいかないらしく、何度も連呼している。

妻「何回やっても違う映画になるのよ」

私「貸してみ。オレがやってみる。」

私「スーパーマン リターンズ」

音声認識案内「ピロリーン♪ 釣りバカ日誌17ですね。」

私「なんでやねん!ちがう! スーパーマン! リターンズ!(少し語尾を協調して)」

音声認識「釣りバカ日誌17ですね。」

ガァーっ!そんなに「釣りバカ」を私に見せたいのか。ああ、いいですよ。じゃあ釣りバカでいいですとも。浜ちゃん・スーさんで結構さ。今回のは大泉洋も出てるし面白いに違い無いんだから…なんて訳にもいかず

音声認識「もう一度映画のタイトルを・・・」

私「ゴホっ(咳払い)」←きちんと言おうと思って気合いれた。

音声認識「ピロリーン♪」

私「あ!」

音声認識「ウドンですね。」

「そうそう。ウドン。ウドンマンが出てきて…」ってギャーっ!なんだコレ!なめとんか、ワレ!終いには、いてまうど!

音声認識「もう一度映画のタイトルを・・・」

よーし。こうなったら、仕方がない。奥の手だ。こうなったら、アレしかないだろ。

私「(大きく息を吸い込んで・・・)スゥープァーメン ゥリターンズ(巻き舌でネイティブ風に)」

音声認識「ピロリーン♪ スーパーマン リターンズですね。」

私「やったー!やりましたよ!そうです。そうですとも。スーパーマンリターンズですとも。」

そうですか。発音の問題でしたか。やっぱり英語の発音はきちんとしないとね。

音声認識「次の放映時間は16:35です。」

ただ今の時刻16:30・・・

こりゃどう飛ばしても間に合いそうにないな…orz

で、結局観れずに、その辺ブラブラしておうちに帰りましたとさ。トホホ

そんなお茶目な音声認識を体験したいアナタは
お問い合わせ :アポロシネマ8 総合案内 TEL:06-6649-125●
まで。 (いたずら目的での電話はやめましょうね。)
[PR]
by yaling | 2006-08-23 11:32 | その他のぼやき

ご無沙汰しております…

が、もう暫らくご無沙汰いたします…

至って健康ではございますが、このブログをはじめて以来初のタスクが目の前にございますので、そちらをケチャンケチョンにやっちまったあとまた戻ってまいります。

そのときまでどうぞよしなに。
[PR]
by yaling | 2006-07-23 09:57 | その他のぼやき

あなた何様?

ふと、昔の記憶を思い出し、腹が立った。

小学生の頃、図画の時間に担任の教師が私の絵に対して「ここをこうした方がいいよ」と言ったのだ。

その時は素直に指示通りに手直しを入れようとしたのだが、自分のイメージとは違う仕上がりになり、なんとなく釈然としない気持ちになったことを思い出したのだ。

中・高になると図画は美術となり専門の教師がそれを教えることになるのだが、小学校の担任なんてのはオールマイティで国語算数理科社会図画工作音楽体育なんでもござれである。

そんな先生がなぜあの時、私に絵のなんたるかを教えようとしたのか。

あの時、自由に自分の思うがまま描いていれば、私は芸術家になっていたかもしれない。

あの時、あの先生が私を大人の尺度で、大人の常識の枠にはめ込もうとしなければ、私はもっと自由に自分を表現できるようになっていたかもしれない。

こどもの描く絵は天才的である。

もし大人にこどもが描く絵を描くことができたなら、その人は芸術家と呼ばれているに違いない。

そりゃ基礎があってのモノダネだなんていわれそうだけれど、中・高の専門の先生ならまだしもあんなオールマイティにそれほどの基礎があったとは到底思えない。

多分恐らくアンタよりこどもの私の方がよっぽどアーティストだったんじゃないのか。

自分のこどもたちには自由に描かせよう。まちがっても私の枠にはめるようなマネだけはしないでおこう。

そんな風なことを考えたある休日の午後のお話。
[PR]
by yaling | 2006-07-01 01:28 | その他のぼやき

迷惑メール その3

いやね、この前のでオチも付いたし(え!あれで?)もうやる気なかったんだけど、ちょっと良い作品が届きましたのでご紹介。

-----------------------------------------------------------------
タイトル:3分間の憂鬱

ちょっと聞いてもらえます?
ヒドイんです…。今の彼とは、もぉ~えっちしたくないんです。
なにがヒドイって、めっちゃくちゃイクの早いんです。
どんなに頑張っても3分間…3分間ファッキングですよ(>。<)
「絵里のアソコが物凄い喰いついてくるんだ」って言うから
私のせいなのかもしれないけど、このままじゃ困っちゃう!
ハマチだって刺身にされても3分間以上は生きているのにね。
私だってもぅハタチ、喰いつくなら美味しいモノが食べたいよ。
3分間でイッてもいいけど、せめて早く動いて欲しいのマイドリーム。
早くか長くか、2者選択のけなげな私にリスペクト。

あなただったら美味しい思いが出来るかな?
試してみたいな。。。
------------------------------------------------------------------

な・なんだコレ?

「3分間ファッキング」って…。

「ハマチ」と「ハタチ」がライムだし

「早く動いて欲しいのマイドリーム」

「けなげな私にリスペクト」

こんなことが出来るのはエミネムかミス花子ぐらいなもんですよ。
こんな才能のある女子にはかなり萌え~なのではありますが…。

ただ、私には3分もたせる自信がありませんので返事は辞退させていただきます。

サヨウナラ。
[PR]
by yaling | 2006-04-19 17:23 | その他のぼやき

迷惑メール その2

言ってるそばから次のが…。

------------------------------------------


私の勤めておりますスポーツジムの受付メールに、そちら様からの個人的なメールが届いておりましたが、
あて先をお間違いでしょうか?
受付の業務をおこなっておりますのは私だけなので、私宛なのかとも思いましたので念のためお返事差し上げることに致しました。
私はそちらの内容に覚えはありませんが、私自身あなた様とのご提案に惹かれるものがございましたので
私の個人的なメールアドレスよりメールさせていただきました。
恥ずかしいですがバストサイズは85cmでFカップです…。

-------------------------------------------

スポーツジムなんて通ってませんので、その時点でアウトなわけですが、さらに相手は間違いメールに返事を出しているわけですから、もし仮に私がこのメールに対して返信するとなると、

1.間違って届いたかもしれないメールに返事を書いた女性が
2.さらに間違ったアドレスに回答し
3.さらにそれを身に覚えの無い私が下心たっぷりに返信する

ことになり、かなりややこしくて、結局「アンタ誰?」状態なのであります。

しかもその最初のメールでどのような提案がなされたのか不明ではありますが、「恥ずかしいですがバストサイズは85cmでFカップです…。」というようなコメントを引き出しているわけですから、この巨乳よりもむしろ、その答えを引き出した元のメールのほうに興味がある。

返信: 申し訳ございません。あちこちにいろんなご提案をさせていただいておりますが、貴女にお送りさせていただいたメールを誤って削除してしまいました。恐れ入りますが、最初に私が出した(であろう)メールを送り返してはいただけませんでしょうか…。お手数をおかけいたしますが、なにとぞよろしくお願いもうしあげます。




・・・あ!しまった。返事書いちゃってるじゃん!私の負けでござます。Fカップに負けましたでございます。

ごめん。
[PR]
by yaling | 2006-04-08 22:59 | その他のぼやき

なんだこりゃ!?近頃のスパム事情。

こんなメールが届きました。(以下全文)

-----------------------------------------------------------

こんにちは。
相談があってメールしました。
私には11歳になる息子がいるのですが、その息子が先日、
「ママ、おもらししちゃった」
と夜な夜な私を起こしてきたのです。
見ると息子の股間はベトベトに汚れていて、
ズボンとパンツを脱がせてみると中は精液まみれになっていました。
まだ息子は十一歳なのにあんなに精液を出してしまうなんて普通ならばありえません。
何か病気なのかもしれないとも思ったのですが、
私はいわゆるシングルマザーなのでお父さんに相談することもできないのです。
11年前、17歳のときに出来ちゃった結婚の末すぐに離婚しているため、
男性のことをよく知らないままお母さんをやってきた自分が情けなくて仕方ありません。
あの日から息子は週に一度は、夜中に精液を出しては私を起こしにやってきます。
息子も不安がっていますし、私もとても不安です。
つきましては、一度私と息子とあなたと三人でお会いした上で、
精液とは何なのかを息子に教えてやってはくれないでしょうか。
息子の前で私とあなたが実際に性行為を見せてやれば、
息子も精液について正しい知識を得られると思うのです。
私は身長167cm、体重50kgで、スリーサイズは上から89・61・86で、
某ヘルスに勤めていて性技には自信がありますから、
実演に関しては不都合ないかと思うのですが……。

まだ子供なのに射精するだなんて母親としてショックですが、
精液がどういうものなのかを知れば息子も夜な夜な射精はしなくなるはずです。
もしもうまく行けば、小額ですがお礼も差し上げたいと思っております。
お受けいただきますかどうかだけでも、まずお返事を頂けないでしょうか。
それでは失礼致します。

--------------------------------------------------------

すげくない?ヘルスに勤めていて「性技」には自信あるくせに、11歳の子供が射精するのはショックなんだってさ。だから、見ず知らずの男とセックスしてるところを子供に見せたいんだってさ。ありえねぇー!

って、スパムメールに突っ込みいれてる私の方がありえないんだけれど、どうせ釣るにしてもこんなおバカな内容じゃ、釣られる人も少ないんじゃないかと逆にこちらが心配しちゃう。

最近の迷惑メールは女性の名前で「おひさしぶり!」なんて見出しは凝っているものの、内容はただの出会い系の広告なんてのがほとんどだけれど、たまに来るこの手の文章のみのタイプはついつい内容を読んでしまう。のだが、どれも現実味がないというか、頭が悪いというか、妄想癖の男が書いた文章にしか見えないところが辛い。もう少し宇能鴻一郎でも読んで勉強しましょう。

どうしても返事を出したくなるようなメール待ってます!

P.S. 世のお母様方へ 

11歳で精通なんてのは全くもって正常です。はっきりと覚えてはおりませんが、私も5年生ぐらいだったと記憶しております。今どきの子は発育がいいので、もっと早い子がいてもおかしくはないぐらいです。性に興味を持つのも同じころですので、もしご子息の部屋でエロ本のひとつでも出てきた時は、決して「汚らわしい」なんて言わずに、息子の成長を素直によろこんで、そっとしておいてください。

もし、どうしても許せないというような潔癖症のお母様がいらっしゃいましたら、(そちら方面の方には誠に申し訳ないのですが)こう想像してみてください。「もしそのエロ本に女性ではなく男性の裸ばかりだったとしたら…」たぶん、自分の息子がヘテロであったことに感謝するに違いありません。

とはいえ、例え男性の裸であったとしても、それはそれであきらめてください。そんなもんです。アナタがヒステリーをおこせば起こすほど息子さんの居場所はなくなるだけです。
[PR]
by yaling | 2006-04-07 19:38 | その他のぼやき

新たな生活を送るアナタへ。

新生活

人は出会いと別れを繰り返して成長していく。そこに偶然なんてものはなく総てが必然。無駄な出会いなんてあるわけがない。人は人から何かを感じ取れずに成長なんてできないもんで、逆に出会ったのに、何も感じることがないなんて奴は大した成長すら出来ないもんだと思われる。

私は海外留学をしたせいもあってか、多少普通の人より大目に人との出会いと別れを経験してきたと思っている。(その中に恋愛経験が少ないのが寂しい限りではありますが…)なかにはたった数週間程度しか一緒にいる時間がなかったにも関わらず、私に大きな影響を与えてくれた人物もいる。

そんな生活の繰り返しだったためか、もともとの性分のせいかはわかりませんが、基本的に人との出会いは「一期一会」だと思ってきた。だから、別れた友とはとくに連絡を取り合ってはいない。それでも縁のある友や、私を気に入ってくれた友はいつまで経っても付かず離れずの距離を保って、自分のそばにいてくれている。親友とかそんな風に呼ぶつもりもないが、私はそんな彼らを大切に想っている。

確かに別れは寂しいもんだ。でも別れなくして出会いはない。別れがあるから出会いもある。

友達にしても、結婚相手にしても、付き合っていて辛くなるような関係はそうそう長続きはしない。本物の友やパートナーは期が熟したとき自然と現れるもんだと思う。彼らは自然と自分の側にいてくれるし、そんな彼らと付き合うのに変に気を使う必要はない。彼らはまるでそこにいるのが当たり前かのように自然とそこにいてくれる…。

そういう友やパートナーに出会うために出会いと別れを繰り返しているわけだ。

その日が来るまで焦っちゃいけない。平常心で、自分らしく。人との出会いを通じて自分を磨かなくっちゃ。そんな彼らに出会えた時に、そんな彼らと対等に付き合えるような自分に成長するためにも。気張る必要なんてどこにもない。

新たな生活を始めるんだから、気分一新!これから出会うべくして出会う運命の人たちのために。もっともっと素敵で魅力的な人間になるために。アナタなら大丈夫!
[PR]
by yaling | 2006-03-30 12:42 | その他のぼやき

あなたの余命はあと…

デスクロック

生年月日と性別などを入力すればアナタの余命を教えてくれます。

身長・体重から割り出される「BMI」ですが、フィートにポンドで回答しないといけないのでそんなもん知るか!ってな方はこちらでお調べくらさい。

度量衡・温度換算

ちなみに私が死ぬ日は2045年6月29日木曜日で、残り秒数は(今現在)1242069870秒だそうです。

んー。こんだけ生きられるなら十分だな。
[PR]
by yaling | 2006-02-17 18:39 | その他のぼやき