カテゴリ:ニュースなぼやき( 239 )

レコードが売れないのは誰のせい?

CDが売れなくなったと言うが(日本レコード協会のデータを分析してみたよ)

ちょっと古いブログからなんだけど、そうでしょ?やっぱり。そうでしょうとも。そう思ってましたよ。そんなことだろうと。

マスコミの情報を鵜呑みにするのだけは辞めようと改めて思いましたよ。

結局レコード(CDなんだけどね。あとゲームソフト屋にファミコンショップて書いてあるのも同じようなモノ。)が売れないのは違法コピーやファイル共有ソフトのせいだと日本レコード協会が言うんだけど、そんなもんウソッパチでっせと言うことをおっしゃられているのであります。データもありますし、ごもっともであります。

それをウダウダ他人の所為にしちゃうところが女々しい。(この女々しいというのは差別用語なので以降男々しいと置き換えて発言します。)お客様は神様か?にも書きましたが、これはある意味現代病ともいえるのではないのでしょうか。いつから日本人はこれほど他力本願な責任転嫁の得意な民族と成り下がってしまったのか。自分が不幸なのは親のせいだんて言ってのける40代のヒッキー並みな思考能力にはホトホト参ってしまう。

マスコミがモノが売れないのを不景気のせいだと言い出した辺りから、バカな店主は売れる商品を置く努力しない自分の責任を不景気のせいにしてしまった。自分の能力の無さを子供に押し付けて虐待する親。自分の統率力・指導力の無さを部下や生徒のせいにして「いまどきの若いもんは…」「いまどきの小学生は…」と言ってのける上司に先生。自分のやる気の無さを失業率のせいにして、いつまでもブラブラしているフリーター。

恐らく「自己責任」なんて言葉もこれらの反動で出てきた言葉なのでは?だって昔はそんなこと言われなくても皆わかってたでしょ、そんなことぐらい。

『お前らみんなみんなそんなに人のせいにするほど自分の人生がおもろないんやったら死んでまえ!ボケェ!』

なんでもかんでも自分の責任だと背負い込んで、自分をストイックなまでに追い込む必要なんてないかも知れない。でも人のせいにする前にちょっと胸に手を当てて考えてみようよ。本当に自分に落ち度はなかったのかって。

いまの政治家はロクでもないのが多いけど、それを選んだのは誰だっけ?

子育ては大変だけど、そんな子供作ったの誰だっけ?

近頃の若いもんはアホばっかりかもしれないけれど、そんな彼らの手本となり、管理指導する立場にいるのは誰だっけ?

嫁(旦那)が浮気して泣いてるけど、そんなしょーもない相手見つけてきた、女(男)見る目の無いのは誰だっけ?

そこんとこを自覚・理解してやっと、『自己責任』なんてことが言えるのじゃないのかなぁ。もしくはそこんとこ自覚してれば『自己責任』ていうことばが他人に言われることじゃなくて自分に対する戒めの言葉だってことに気付けるんじゃないの?

男々しいことばっかり言って、受身になるのはもうやめようよ。
自分の人生は自分で切り開いていくもんだよ。

♪幸せは歩いて来ないだから歩いて行くんだよ。一日一歩三日で三歩三歩進んで二歩下がる。。。。♪【366歩のマーチ(2004年バージョン)】

ん!?バカ下がるんじゃない!ただ前進あるのみ!たまには息抜きも必要だけどね。
[PR]
by yaling | 2004-05-29 18:33 | ニュースなぼやき

犯罪国家「アメリカ合衆国」

【140人に1人“塀の中” 米の収容者、過去最高】
こんなニュースを見た。140人に1人って。日本人が1億2千万人としてこの割合を当てはめると85万7千人がクサイ飯を食っていることになる。

すごいねぇ。

そんなアメリカが「悪の枢軸」なんて言ってよその国に戦争しに行ってるのはもっとすごいねぇ。

『世界の警察』気取って見せても、中身は悪徳警官ばかりだなんて笑い話にもなんないよ。

どっちが『悪の枢軸』なのやら。

でもそれだけではないのがアメリカ。5年ほどアメリカに住んでいたこともあるので、また機会があればこのアメリカという国についての私の意見も載せてみようと思います。
[PR]
by yaling | 2004-05-28 19:54 | ニュースなぼやき

【いきなり!黄金伝説。】

京都医療労働組合連合会がココリコの二人が司会を勤める、テレビ朝日の人気番組をもじったネーミングで【げんなり!最賃伝説。】と銘打った取り組みを行っている。これは労働基準法第28条で定められた最低基準の賃金で生活が出来るかを参加者を募って体験し、それを行政に報告して最低賃金の底上げをめざすのが目標である。

最低賃金は各都道府県ごとで制定されており、この企画においては京都府の最低時間給677円から算出した、ひと月11.9万円での生活(独身者用)を参加者に実験体験してもらうことになっている。

参加者は一般から募集されており、独身の1人暮らし、既婚者の2人暮らしから始まり家族5人暮らしなんて設定まである。が、上記の募集要項をみていただけるとわかるのだが5人世帯の場合268,490円となっている。

1人、11,9万円で夫婦共働きで238000円だから残りの30490円は3人の子供の長男が新聞配達でもしてきて、家計を助ける為に親に収めているという設定か?いつまでもフリーターをしているダメな両親から生まれたにしてはよく出来た息子さんでさぞ、鼻高々でしょうね。

そんなことはさておき、時給677円の最低賃金しか稼げない能無しオヤジを持つと子供も苦労する。なんてったって、夫婦そろってフリーターなんだから、子供の苦労も半端じゃない。作文を書いても「うちのとうちゃんはフリーターです。」だなんて結構はずかしいもんがある。こんな家じゃ、最低賃金がどうこういう前に子供がグレちゃいそう。

世の中のバカなフリーターの中にはこの最低賃金すら払いたくないほど、仕事の出来ないやつもいる。そんな奴が11,9万を月に稼げば十分だ。なぜか家賃を50000円に設定しているけど、ちょっと贅沢すぎないかい?そんな奴は2~3万程度のトイレ共用の風呂なしアパートにすめばいい。十分に生活できる上に結構な蓄えもできるだろう。

日本は資本主義なんじゃなかったのか。仕事を出来ない低能な人間に対して最低賃金の底上げなんてする必要があるのか。それが気に入らないならスキルアップしてより時給のいい仕事を見つけろよ。と思ってしまう。そういう点からみてもやっぱり日本はヌルイ社会主義国家なんであろう。

悪いとはいわん。否定もしない。でも、最低賃金の引き上げを訴える前に一度そいつの仕事の能力を問うて欲しい。677円なんていう、親と同居している高校生の小遣い稼ぎのバイト程度の時給しか貰えないような能力しか持っていないその方へ、800円の時給が欲しいならそれだけの仕事ができるように努力するよう指導してほしい。人並みの生活を求めるなら人並みに働け!だからキミの給料は677円なんだって言ってやってほしい。

話は全てそこから始まるじゃないのかと思うのだが。
[PR]
by yaling | 2004-05-26 10:26 | ニュースなぼやき

日本は世界最大級のテロ支援国家なのか

昨日、日本人拉致被害者の一部の子供が「帰国」した。
というニュースをみながらスッキリしないものを感じた。

北朝鮮拉致問題にこそ目を向けるべき

昨日、解決前に支援物資を送ったことがいかがなもんかと問題になり、これを報道した日本テレビは制裁として北朝鮮の同行取材を拒否されかけた。(結局行きましたが)

で首相自ら交渉に行って、北の答えはいつもの小出しな結果。
今朝のニュースでコメンテーターのひとりが
「この問題は急速に解決するとは思えない。小泉総理は良くやった。」
なんていってるけど、ん?なんかおかしくないかい。

これってさ、よく中東なんかである『邦人商社マン誘拐身代金要求』ってやつといっしょじゃん。アメリカなんぞは「合衆国政府はテロリストとは一切の交渉をしない」なんて言っちゃうけど、日本は首相自ら赴いて交渉してくれるのですか。

で、小出しに身代金と交換で人質を返してくれるのよね。

そのほかにも「横田めぐみさん」などの安否の不明な拉致被害者はニュースに名前の挙がってこない人を含めて、まだかなりの数があちらにいると思われる。

「これからずぅ~っと小出しに身代金を払い続けるわけなのね」

確かに、アメリカみたいに「一切の交渉は行わない」なんて言って、それを大義名分にして戦争しに行くことはできないのはわかります。両極端な話ですが、でも首相自ら交渉しにいってもらえるなんて、有る意味『なんて国民思いな首相』なんでしょうか。

『商社マンの皆様、これからは海外で誘拐されても安心ですね。だって首相自ら犯人と交渉してくれるらしいですから。』

『貧しいテログループの皆様、日本政府はテロを支援いたします。邦人を誘拐していただいたあかつきには首相自らが手土産を持って交渉に参ります。』

そういうことなのでしょうか?

誘拐ビジネスを成立させてしまった金正日。国を挙げてテロ行為を行えばちゃんとビジネスになることを証明したような気がするのですが。

それを支援した日本。

日本はアメリカの犬どころか世界のカマセ犬と化したのでしょうか。

皆さんはどう考えられます?
[PR]
by yaling | 2004-05-23 08:45 | ニュースなぼやき

家族の絆

北朝鮮拉致問題にこそ目を向けるべき

家に居て親の顔を見てると細かい小言をあれやこれやと言われて疎ましく思っている人が結構いるんじゃないのでしょうか。中には結婚して家を出てるにも関わらず、子育ての事や結婚相手のことについて何かと口を出してくる親に対して鬱陶しいなんて方も居られることと思います。

私のウチは何かと自由奔放に育ててもらったせいか、実家に居た時は結構居心地が良く、好き勝手にしてたんだけど、それでも思春期の頃は反抗期ということもあり、ヒドイ事も沢山してきたと思う。

そんな小うるさい親でも大事にしないといけないなぁと気づいたのは私が海外留学をして独り暮らしをはじめてからだった。

それは10年以上も前の話で、当時はインターネットなんてあるはずもなく、たまに日本が恋しくなったときなど、雑誌やテレビの番組が見たくて母親にお願いするといつも一週間もしないうちに大きなダンボールが届いた。

中にはビデオと雑誌だけでいいのに、インスタントの味噌汁や乾燥ワカメや、ラーメンや調味料やありとあらゆるものが入っている。でも本当はそんなものはオリエンタルマーケットに行けば簡単に手が入るんだけど、やはり母親は心配なんだろう、毎回頼みもしないモノで山盛りだった。普通の航空便でも一週間ぐらいは到着までかかることを思えば、お願いするといつも一週間ぐらいで荷物が届いていたので、その日のうちにあっちこっちに買い物に出かけ翌日には発送してくれていたのだろう。

そこまでしてもらっていても、最初はあんまり何も感じなかった。そんなもんだと思っていたし、なんなら「余計なもんまで送らんでいいのに」とまで思っていた。

ある日、私は車を運転中に事故を起こしてしまった。(信号で前の車にオカマをほりました。)警察を呼ばれて、いろんな手続きがあり、数ヶ月後に裁判所に出廷しろみたいに言われて、本当に最悪な出来事でした。(ぶつけた私が悪いんですが)そんな時、周りの友達って口では心配してくれるんだけど、結局他人ごとなんですよね。そこまで親友みたいな友達が居なかったせいもありますが。でも、その時になって本気で心配している親や兄弟がそこにいた。家に居たらケンカばっかりしている妹たちもしょっちゅう手紙をくれた。日本から遠くはなれた異国の地ではあるけど、その気持ちは十分に伝わっており、心のつながりを感じ、心の支えになった。

結局、何か困難に直面したときに、本当に頼れるのは自分自身であり、家族であるんだとその時やっと判った。家族は大事にしないといけないと思った。

離れてみて初めてわかることってあるんだよね。

日本人拉致被害者たち、まず自分たちが家族から引き離され、今度は自分の子供たちと引き離された。2重3重の被害者である。

確かに、北朝鮮の国民や子供たちには罪は無いかもしれない。日本の救援物資がちゃんと末端の飢餓で苦しんでいる人たちに届くのであれば、多少は仕方ないかもしれない。でもそれが幹部たちの利益になるんだったら許せない。日本政府にはもっと厳格な態度を望みたい。

でもダメなんだよな、この国は。世界中からバカにされてんだもんなぁ。日本人には例えば中国人とか見下している人多いと思うけど彼らは日本人のことなんて呼ぶかしってるかい?

『小日本』(シャオリーベン)

ちっぽけなムシケラみたいなもんだよ。日本なんてさ。取るに足りんのよ。どこの国から見てもね。(そういう意味ではイラクの人たちなんて日本びいきな人たちなのよ。原爆を落とされた敗戦国ながらも、頑張って経済大国になるまでのし上がってきたって。数少ない日本びいきな国だったのよ。)

今の日本だったら中国の方がよっぽどバイタリティにあふれているし、一本しっかりとした芯が通っているように思う。自分の考えを持たずにバカなアメリカのケツにくっ付いている金魚の糞みたいな日本、このままだと本当に誰からも相手にされなくなるよ。

国民はもっと政治にも関心をもって、気合入れたほうがいいと思うよ。私も含めてね。
[PR]
by yaling | 2004-05-22 14:46 | ニュースなぼやき

『テロリスト』の良心

昨日の「アメリカ人処刑」の映像、衝撃的でした。
確かに残酷だし人間として平常心ではいられない映像でしたが、それこそが『テロリスト』の目的だったわけで、そういう意味では見た人間に相当な精神的ダメージ与えたわけですから、ある意味たった一人殺しただけで効率良く目的を達成したわけです。

こんな言い方をすると非常識だとか、不謹慎だという人も出てくるでしょうがだってコレは戦争であり、人の殺し合いなんだから、人が死ぬことは当たり前なのでは?

そこで圧倒的な火力で攻め入ってくるアメリカに対して、絶対的に戦力の劣る『テロリスト』が対抗するには『テロ』しかないわけで、もともと『無差別テロ』なんていうものは一般市民をターゲットにしているわけだから、いくらブッシュ大統領が「バーグ氏はイラクに自由を確立するために手を貸そうとしていた無実の市民だ」なんて言ってみても何の意味もない。

それこそ米軍は毎日何人のイラク人を撃ち殺しているのか分かりませんが、そこに一般市民はひとりもいませんでした?誤爆はノーカウントとかそんなルールがあるのですか?

そういう意味でたった一人の死を公開しただけで、世界中にこれだけの精神的ダメージを与えられるのであれば、どちらかというと『テロリスト』の方が効率が良いと思える。アメリカの理屈では

【アメリカ人ひとりの命 ≠ イラク人ひとりの命】

ということは明らかですが、あのビデオを見て『テロリスト』はやっぱりヒドイなんて単純に思っている人がいるのであればそれはまんまと「アメリカの情報操作に乗っちゃってるよ!」と言いたい。

厳格なイスラム教徒に精神的にダメージを与えるためにアメリカ兵は捕虜を虐待していた訳で、この侮辱はある意味彼らにとっては死に値する行為でもあるのではないか。そんなネチッコイ拷問のような虐待をチマチマと陰湿に行うアメリカ兵に対して『テロリスト』の公開した処刑ビデオは一見残虐そうに見えるが実際は手際よく、ほとんど苦しむ間もなくのど元をカットしているように見える。首を切り離すのは多少過剰な演出ではあるが、バーグ氏にとっては、すでに絶命しているので大差はないのではないか。

アナタならどっちを選びますか?

①ひと思いにスパっとのど元を掻っ切られる

②一本一本生爪をはがされるかのように、裸で写真をとられて、オナニーさせられた上に、銃で変なところ撃たれて死に損なって一生をベッドの上で暮らしたり、劣化ウラン弾で自分の子供が奇形児になったり、地雷で両足を失ったり、寝てるところに爆弾を落とされて目の前で家族全員殺されて自分だけ生き残ったり…

『テロ』という行為には無条件で反対するが、「窮鼠猫を噛む」ともいいます。アメリカのやり方が本当に正義なのかどうか。うわべだけの情報に翻弄されずにそこにある本質に目を向ける必要があるのではないのでは?ましてや日本は『テロリスト』からすればそんなアメリカ側に付いている参戦国なのです。にもかかわらず、今回の邦人人質は殺されずにすんだ経緯を見ても、私にとってはビジネスで戦争を起こすアメリカよりも『テロリスト』の方が計算高く、また命に対する尊厳や良心を持っているように感じたのですが。皆さんはどう思われますか?


注意:クリックするとすぐに再生されます。見たくない方は不用意にクリックしないでください。また、興味本位で見られるのも結構ですが、普通の人なら半日はへこみます。

問題の映像
[PR]
by yaling | 2004-05-13 17:04 | ニュースなぼやき

孫正義氏笑えるね。

ちょっとお祭りに便乗してWINNY関連を

今日のWinny問題

別に47氏の無罪を訴えるつもりもないんだけど、これだけネットが発達してどんなソフトでも簡単に著作権を無視してダウンロードできる時代にいつまでも「著作権の保護」なんてことを言い続けることがすごく滑稽だと思った。

そういう意味では47氏は見せしめであり、府警としても黙っていられないのは判るんだけど、どう考えても悪あがきにしか見えない。そりゃわかるよ、著作権保護せんとオマンマ食えない人も出てくるもんね。そこには被害者がいるんだから。警察も知らん顔できない。でも実際クリック一発!チョチョイノチョイで簡単にタダで落とせるもんをモラルとか言われてもなぁ。現実味が無い。

昔は一部のヘビーユーザー達があの手この手を駆使してファイルのアップ・ダウンしていたものを手軽に誰でも出来るようにしちゃったことが罪だということなんだろうね。

ん?でもモラルって結局、被害額の多少の問題なのか?

違うと言いたいところだけど、でもそうなんだよねぇ。モラルとかいろいろ言われてるけど結局、資本主義の世界では金の話なんだよね。殺人なんかだとモラルとか常識とか比較的一般市民にも理解しやすいんだけど、スピード違反や駐禁でキップ切られてもみんな反省なんてしないでしょ。

「運が悪かった。」

これが世間一般の正直な感想なんじゃないの?この場合は罰金という形で痛い目に合う。何が運が悪かったかというと罰金を取られて減点されること。決してその違反自体を反省しているわけじゃない。

で著作権を無視した場合は?となった場合、今現状で186万人ともいわれるP2Pファイル交換ソフトユーザー全員を逮捕するのが現実的でない以上とにかく、誰か見せしめにということで逮捕なんだろうね。でもアメリカではすでに判例としてソフトの製作者には責任が無いことになっているからRIAAはユーザーを手当たり次第に訴えまくってるよね。

なんと虚しい話なんでしょうか。

いつまでも意味のないことに必死にならずに、著作権を保護する側も別の方法考えた方がいいんじゃないの?CCCD結構、マクロビジョン結構、終わりのないイタチゴッコの∞世界へようこそ。なにをどうしようがなくなるわけないよ。

だってこの人までこんなこといいながらこんな本売ってお金儲けしてるんだからさ。
SOFTBANK万歳
同情の余地はないんだってさ。
[PR]
by yaling | 2004-05-11 15:06 | ニュースなぼやき

ボランティア精神の本当と嘘

[あなたの命ハウマッチ?]と似たような話ですが、
ボランティア精神というものにも少なからず疑問を抱いてきた。

世の中に本当に他人の為に何かを出来る人がどれほどいるのか。
結局自分の懐が痛まない程度に、いい事をした気になって、自己満足のための押し付けのボランティアなんじゃないのか...(そうではない人がいないとは思ってはいません)

このような話が題材になった映画も少し前に公開されました。
「すべては愛のために」
a0013882_175722.jpg

http://www.ainotameni.jp/

この映画は未見なのでどういうラストかは知りませんが、「お金持ちの人妻が私財を投げ打って援助物資を集めてエチオピアへと向かうのだが、現場で待ち受けていた到底太刀打ちできない悲惨な現実に絶望する…」なんていう話なんです。この映画の主人公のように私財を投げ打ってボランティアに従事する人なんて本当に稀な話で、それでも実際に何もしないより、少しでもなにか人のためになることを…と考えることは確かにいいことなのかも知れないとは思うのだけれど、それはあくまでも自分の生活が確保された上での話であるのでなんだかスッキリしない。

今回NGOについてのひとつの意見をネット上で見た。
www.hotwired.co.jp/altbiz/yamagata/000229/textonly.html

皆さんはコレを読んでどう思われます?

追記:今回イラクで最初に人質となった3人について日本政府は「自己責任」ということで彼らを非難し、海外メディアから非難されている。私が思ったのはジャーナリストは自分の命を懸けて「自己責任」で海外に出向いていく。最終的に対価を得るのだから、結局自分のため(の仕事)であって、国益のためではないし、ボランティアでもない。でもそんな彼らでも拉致され人質になったら、例えばアメリカなら黙って軍を派遣して救出に向かうだろう。8年前にペルーの日本大使公邸占拠事件があったときは、日本政府はグダグダな対応で127日間も人質を拘束され続け、結局ペルーの特殊部隊に救出してもらった経緯がある。日本大使は国の仕事としてペルーに行ってるわけだが、そんな彼らですら日本政府は自分たちで解決することなんてできなかったのだ。ということは日本政府のいう「自己責任」というのは「どこでどんな目に遭おうが助けられない国の国民であることを自覚し、それを了解した上での自己責任」と言っているのだろう。確かにその通りだ。ダメな政府を当てにするほうが間違っている。ましてや最初に人質になった3人のうち1人は純粋にボランティアだったのかもしれないが、1人はジャーナリストで1人は「絵本を描くため」に行ったのだから、ある程度自分の命を懸けていてほしかった。
[PR]
by yaling | 2004-04-16 19:58 | ニュースなぼやき

あなたの命ハウマッチ?

以前からずっと疑問に感じていたことがある。
昨日のニュースでもそのようなのがあった。

「日本国内では出来ない移植手術を受けるために家族やボランティアが街頭募金を呼びかけ、資金が集まったので手術を受けるため渡米することが決まりました。」

一瞬いい話に聞こえる。この不景気の折、「ひとりの命」を救うために数千万から数億のお金が集まるのである。

ただ、この「ひとりの命」というのがどうも引っかかる。

イラクでは毎日多くの人が死んでいる。
北朝鮮やアフリカでたくさんの子供たちが飢餓で死んでいく。
高々数百万の借金が返せなくて、自殺する者がいる。(まぁ、これは自業自得ではありますが。)

CMで数百円で15人分のワクチンが…なんていうのがあるのを見ると、いつも「これだけのお金があったら、何人の命が助かるのだろう」とついつい考えてしまう。

それが実際に渡米したところで「移植」できる自分にあった臓器が見つかるかどうかもわからない、見つかっても成功するかどうか100%保証できない「ひとりの命」のために使われる。

アメリカのやり方を見ていると、どうやらアメリカ人1人の命=イラク人1人の命ではないのは明らかであるが、日本人の命もやっぱりそれくらい高いものなのか。

家族が自分の家族を守るために募金を集めるのは当然と言えば当然である。もし私の妻子がそんな病気や障害のために移植手術が必要だとなったら、何とかしようと走り回るに違いない。人の命の重さは金額の多少ではない。わかってはいるつもりだがやはり釈然としない。

移植手術を募金によって受ける人にお願いしたいことがある。

『あなたの命は多くの犠牲の上に成り立ったものである。
手術の結果、健康を得ることが出来たあかつきには、少しでもそれを世の中に還元できるような人生を歩んでください。あぁ、あの人の為になら何億でも惜しくない。そう言ってもらえるような人物になれるように頑張ってください。決して、こんな奴の為に…なんて言われないように。』

こんな私の考え方、間違ってるのかなぁ。
[PR]
by yaling | 2004-04-16 11:49 | ニュースなぼやき