話題騒然【マトリックス・ピンポン】すごいね。鳥肌実級です!

欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞

第69回(2003.3.31放送分)の優勝作品「ピンポン」がめちゃくちゃ話題になってますね。あちこちのブログにも既出ですのであまり詳しくは書きませんが、とにかく見たことのない人は必見です。



***********************************************

以下HP既に削除されておりますので、googleのキャッシュより

yahoo!エンターテインメントニュース- 5月1日(土)8時4分

「仮装大賞」ペプシCMで世界放送へ 第69回優勝作「ピンポン」アイデアを採用

 日テレ系「新!仮装大賞」の優勝作のアイデアが欧州など11か国で放送されるペプシ・コーラのCMに起用されることが30日、分かった。過去4度の優勝経験を持つ会社員(32)の昨年の優勝作「ピンポン」で、米映画「マトリックス」さながらの動きを2人の出演者と5人の黒子がアナログな手法で見せるもの。この会社員は、過去の仮装大賞優勝作が英デュオ「ペット・ショップ・ボーイズ」の新曲ビデオに取り上げられたばかり。世界的企業から抜てきを受けたCMは5月中旬から放送される。

作者・梶原さん「信じられない」
 「仮装―」がまた世界に認められた。今度はペプシ・コーラのCMだ。昨年7月、英CM制作会社が優勝作品の動画を掲載している日テレのホームページ(http://www.ntv.co.jp/kasoh)を見て、メールを送ってきたのがきっかけだった。

 「ピンポン」は歴代優勝作の中でも傑作中の傑作と評判の作品。ピンポンでラリーを続ける2人。それがだんだんエスカレート。舞台が突然、転換し、縦向きの構図になり、今度は上から。はたまたスローモーションやハイジャンプで静止するなど「マトリックス」のSFXのような動きを5人の黒子だけで見事に操っていくというもの。

 英CM制作会社はこのアイデアを借りて、ペプシ・コーラの争奪戦をやりたいので、この振り付けを監督してほしいと申し出。米大手スポーツメーカーからも同様のオファーが届いた。

 同作は、過去25回予選に出場し、優勝4回、ユーモア賞2回、ファンタジー賞2回などの実績を持つ東京都杉並区の会社員・梶原比出樹さん(32)の作品。第52回大会(97年10月)優勝作「あん馬」はペット・ショップ・ボーイズが気に入り、新曲「フランボヤント」のプロモ・ビデオにも使われた。

 梶原さんは「信じられない」と第一声。仮装大賞には毎回、会社の仲間と参加しているそうで、「やりたいけど、仕事を休んで、仲間を集められるかな」と悩んだが、番組スタッフの「こんな機会はめったにない」という言葉に押されて受けたという。

 梶原さんは年明けから勤務後に、日テレを訪れ、英国とメールや国際電話で毎日のように打ち合わせ。3月5日から1週間、英国での撮影に参加。出演者の振り付けを指導した。

 CMは30秒、90秒のバージョンに編集され、5月中旬から英国、フランス、豪州など11か国で放送される予定で、米国、日本でも放送を検討中。「仮装―」はアジアを中心に販売されているが、欧州からもラブコールがあり、さらに“仮装”は世界に広がりそうだ。(スポーツ報知)

で、実際の動画はコチラ


****************************************************

この人の空間認識力ってすごいと思う。映像的なことも勉強もされてるんじゃないのかなぁ。特に高く上がった玉をジャンプして上からの視点になる部分なんかは、本当に鳥肌モノ。そんな発想を出来る梶原氏の柔らかな脳みそを少しわけていただきたいものです。

黒子という日本的な発想からこんなすごい新しいエンターテイメントを創造できるなんて尊敬しちゃいます。このアイデアで舞台の演出すれば世界中で受けること間違いないもんね。

そんなのあったら絶対見に行くな。確実に。

打倒!キダムが来ました。
[PR]
by yaling | 2004-08-25 16:22 | 映画・TVのぼやき
<< アナタのとなりに【宇宙人】がい... 【おとなの理屈、こどもの屁理屈】 >>