厳戒米機「自爆」とメモした邦人拘束…単語学習を誤解

【ワシントン支局】AP通信によると、シカゴからオハイオ州デイトンに向かっていたユナイテッド航空の旅客機内で1日、英語学習のため「自爆」(suicide bomb)という英単語を書いていた邦人男性(60)がテロリストの疑いをかけられ、警察に一時身柄拘束された。

警察当局によると、男性は出張のため同機に搭乗中、英字新聞でこの単語を見つけ、後で辞書で調べようとしてメモをとった。ほかの客がそれを見て驚き、乗組員に通報。同機はシカゴのオヘア空港に引き返した。警察は男性を拘束し、ほかの120人の乗客は再検査を受けたが、すぐ誤解と判明し、男性は釈放された。

米運輸当局は、テロ警戒が高まる中、危険を示唆する行動は運航に支障をきたすと警告している。(読売新聞)


「ウソだぁ~!」

こんなことありえる?英字新聞読むようなしかもシカゴから中途半端なローカル路線に乗るような60歳のオジサンが「suicide bomb」の意味が判らないというのがうそ臭いし、それを見ただけで、通報する客も信じられない。前にゴミの入った紙袋を乗組員に冗談で「Bomb」と言って渡してニュースになった人がいたけど

「同じオッサンとちゃうか?」

っていうのは深読みのし過ぎか。それにしてもやっぱりバカですよ。過剰反応にも程があるってなもんです。まぁこの時期「Bomb」っていうのもマズイとは思いますけど…。
a0013882_1911124.gif
←私はこの曲で【suicide】を覚えました
[PR]
by yaling | 2004-08-03 17:00 | ニュースなぼやき
<< 「ニーハオ・トイレ」!?何じゃ... 韓国映画「ラブストーリー」見ました >>