自殺者数過去最高ですかぁ!

これ、このニュース。記事にしようと思いながら忘れておりました。リッキーさんありがとうございます。ということでリッキーさんからTBです。
「自殺についての個人的考察」

昔は「自殺するぐらいの勇気があるのなら、それぐらい死ぬ気で頑張ったらなんだって克服できたんじゃないのか?」って思っていた。

今は違う。そうとは思わない。たぶん、恐らく自殺者のほとんどは何も考えていないんじゃないのかと思っている。

考える力があればなぜ自分が今自殺しなければならないような状況にいるのかを考え、分析し、打開方法を見出そうとするのではないのか。逆境をプラスに変えていけるように頑張ろうと思えば自殺なんて考えるヒマもないはずだ。これが最初の「死ぬ気になればなんだってできる」という考えにつながる。

自殺してしまう人間はそんなふうには考えていない。

「絶望・無気力・諦め・虚無感・やる気のなさ」

そんなマイナス要素に気持ちが振れきると人は簡単に自分の命を絶つことができるのではないのだろうか。

一度、上の息子を抱きながらビルの屋上からボーッと下の景色を覗いていたことがある。

車も人もちっぽけだった。

ボーッとしているのでほとんど何も考えていない。

ふと、こんな考えが頭をよぎった。

「今、ここから落ちたら楽だろうなぁ。明日から仕事もなにもしなくていいし~。」

なんてポケェ~としていたら、抱いていた息子が私を強く抱きしめた。

たぶん高いのが恐かっただけだろうけど、それで私も「ハッ」と我に返った。

死ぬ気なんてこれっぽっちもない。

まだまだやりたいことだってあるし、こいつらが大きくなるまで育ててやらないといけない。

死ぬほど辛いことなんて全然ない。むしろ幸せだ。

でも、何も考えていないという状態の恐さをその瞬間、理解したような気がした。

大人は子供に絶望感を与えてはいけない。

将来に希望を残してやることが大人の使命だと考える。

今の日本はいろんな意味で夢がない。

夢の持てない国は夢のない無気力な人間で溢れかえり

「生きていても死んでも大した差はない」世の中になるんじゃないのか。

「自殺者数過去最高」

日本という国はこれをどう考えるのだろうか。


追記:本当に思いつめて自殺するしか道のなくなった人もいるとは思います。例えば「いじめ」だとか。彼らが何も考えていないとは思いません。辛くて辛くて誰の助けを得ることも出来ずに死んでいくことは無念だろうと思います。でもその気持ちを誰かに伝えなければ誰も助けの手を出してはくれません。黙っていても解決はしないのです。もし、そんなに悩んでることがあるのなら、誰でもいいので相談してください。私でも構いません。バカでいい加減な人間ですが、話を聞くことぐらいならできるかもしれません。くだらない人間のせいでアナタの命がなくなるのでは割に合いません。無理をせず、嫌なことは嫌だと言って下さい。それさえできれば後はなんとでもなります。自分ひとりだけで解決しなくてもいいんだから。
[PR]
by yaling | 2004-07-28 14:30 | ニュースなぼやき
<< 【それいけ!アンパンマン 夢猫... 中島らも師匠へ >>