ちょっと疑問に思ったのですが…

あのね、ふと疑問に感じたんですけど…

米国産輸入牛肉ってさ結局、なにがどうなったのかイマイチハッキリしないまま再開された訳ですけど、以前にニュースでさ

「結局、食べるか食べないかは消費者が選択すればいいこと…」

なんて発言を政府の人間だか、輸入業者の人間だかが言ってたのを思い出して…

その時は「そりゃまぁそうだ。イヤなら食べなきゃいいもんね。」なんて気楽に考えていたんですけど…

「ん!? 本当にそうなのか?」

危ない”かもしれない”食品を売っておいて、「危ない”かもしれない”」って言ったにも関わらず食べたのはアンタなんだから、何かあっても自己責任でしょ。

なんて理論はアリなのかな。

薬害エイズ問題や、水俣病や、アスベストなんかもそうなんだけれど、その時はグレーゾーンかもしれないけど、結局クロだったってことはこれまでにもザラにあることだと思うんですけど、それを防ぐのが政府や企業の役割じゃないんだろうか。

それでどうにかなっても「自己責任」なんて言われたんじゃ、結局誰も信じられない、自分で自給自足するしか、確実な方法は無いってことなのか?

うーん…。どうなんだろうねぇ。
[PR]
by yaling | 2006-11-25 17:45 | その他のぼやき
<< 本日のガクガクブルブルなニュース 「オーストリア」が「オーストリ... >>