「オーストリア」が「オーストリー」なら「オーストラリア」は「オーストラー」

オーストリーと呼んで オーストリア大使「オーストラリアと混同」

いやね、これも歴史教育の問題のひとつなんじゃないかと思うんだけれど、確実に世界史の中において、より重要な国であるはずの「オーストリア」が格下(こういう言い方は多分に語弊がありますが、ここは敢えてこう記述しておきます)の「オーストラリア」と間違えられて困るので改名したいと自ら言い出すとは…。

そりゃ、私も歴史の授業はあんまり好きではありませんでしたが「オーストリア」の歴史をもう少しキチンと理解さえしておけば、そんなもん間違いようがないくらい全く別物と言いますか、オーストラリアなんて取るに足らない存在なわけですよ。(何度も言いますが、個人的にオーストラリアには何の恨みもございませんし、嫌いなわけでもございません)

それでも自ら「オーストリー」にしてくれと言い出す背景にはそりゃもう想像以上の苦痛が彼らにあったということで、察するに余りあることなわけであります。

これはもう、日本国としても自分たちの歴史教育がどれほど意味の無い役立たずな物なのだったかを反省し、ややこしいとか急すぎるなど言わずに素直に受け入れてやるべきなのではないかと。

入試のときにどちらが正解かなんてどうでもいいことを気にするぐらいなら当分どっちも正解ということで。なんなら「オーストラリア」も「オーストリー」とみなすぐらいの寛大さがあっても彼らが受けてきた屈辱に比べるとその比ではないのではなかと。

というわけで、ここで今一度、自戒の念を込めて「オーストリー」の歴史をウィキで読み直しておきましょう。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より 「オーストリア」

なんていいながら、実は地球史においては「オーストラリア」の方が歴史が古かったりするからタチが悪い…。
なので後で恥をかかないように、こちらも合わせて勉強しとかなきゃだわ…。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より 「オーストラリア」

プププ(笑)・・・「30,000年前に人類居住跡が見える」だってさ。ハプスブルク家も真っ青だわ。
[PR]
by yaling | 2006-11-21 13:36 | ニュースなぼやき
<< ちょっと疑問に思ったのですが… 「チャンス・幸運を掴む」ということ >>