日本は世界最大級のテロ支援国家なのか

昨日、日本人拉致被害者の一部の子供が「帰国」した。
というニュースをみながらスッキリしないものを感じた。

北朝鮮拉致問題にこそ目を向けるべき

昨日、解決前に支援物資を送ったことがいかがなもんかと問題になり、これを報道した日本テレビは制裁として北朝鮮の同行取材を拒否されかけた。(結局行きましたが)

で首相自ら交渉に行って、北の答えはいつもの小出しな結果。
今朝のニュースでコメンテーターのひとりが
「この問題は急速に解決するとは思えない。小泉総理は良くやった。」
なんていってるけど、ん?なんかおかしくないかい。

これってさ、よく中東なんかである『邦人商社マン誘拐身代金要求』ってやつといっしょじゃん。アメリカなんぞは「合衆国政府はテロリストとは一切の交渉をしない」なんて言っちゃうけど、日本は首相自ら赴いて交渉してくれるのですか。

で、小出しに身代金と交換で人質を返してくれるのよね。

そのほかにも「横田めぐみさん」などの安否の不明な拉致被害者はニュースに名前の挙がってこない人を含めて、まだかなりの数があちらにいると思われる。

「これからずぅ~っと小出しに身代金を払い続けるわけなのね」

確かに、アメリカみたいに「一切の交渉は行わない」なんて言って、それを大義名分にして戦争しに行くことはできないのはわかります。両極端な話ですが、でも首相自ら交渉しにいってもらえるなんて、有る意味『なんて国民思いな首相』なんでしょうか。

『商社マンの皆様、これからは海外で誘拐されても安心ですね。だって首相自ら犯人と交渉してくれるらしいですから。』

『貧しいテログループの皆様、日本政府はテロを支援いたします。邦人を誘拐していただいたあかつきには首相自らが手土産を持って交渉に参ります。』

そういうことなのでしょうか?

誘拐ビジネスを成立させてしまった金正日。国を挙げてテロ行為を行えばちゃんとビジネスになることを証明したような気がするのですが。

それを支援した日本。

日本はアメリカの犬どころか世界のカマセ犬と化したのでしょうか。

皆さんはどう考えられます?
[PR]
by yaling | 2004-05-23 08:45 | ニュースなぼやき
<< 【いきなり!黄金伝説。】 親バカは罪か? >>