ここまで来るとちょっと引いちゃうな。

なんでも最初にやった奴はエライ!

上の記事の英大学生。すごいよ。

結局各国のメディアに取り上げられて順調にスペースを販売し続け、とうとう残り1000ピクセルになったところで「ebay」にてそれをオークションにかけやがった。
【ココです】

通常料金なら1000ドル(日本円で約11万5千円)なんだけれど、現段階(1月5日)で36100ドル(約415万円)だっていうんだから驚く。泡銭を1億円以上儲けた上にまだ、ここに来て小銭を搾り出そうとするその商売人根性!大阪商人も真っ青であります。

調子に乗って「広告スペース拡大しました」とかやっちゃったらゲンナリですけど。

追記(1月6日午前):今朝見て更に驚いた。入札価格が跳ね上がって、152100ドル(日本円で約1千7百5十万円)になってる!冷やかしで入札してるのかと思いきや、入札者は「ebay」でコミックブックを売ってる業者みたい。なんなんだ、いったい。まぁ私みたいな下世話な人間がこうやって記事にしちゃうことも含めて、広告効果があるのかもしれないですけど、いくらなんでもねぇ。いやはや、私みたいな凡人にはついていけない世界であります。
[PR]
by yaling | 2006-01-05 10:23 | ニュースなぼやき
<< 「明けましておめでとうございます」 ホルヘ!大変だ!シエスタ廃止で... >>