それがただの「石けん」である確率90パーセント

【中国】 テイクオフ:「やられた!また石けん…[社会]

中国にいた頃、留学生寮から近くの超級(スーパーのこと。ちなみにスーパーマンは超級男…というのはウソで正解は超人。)で買う巧克力(チョコレート)のブランドはいつも同じものと決めていた。理由はそれ以外は食べれたものじゃないから。海外ブランドもあって、味で言うと断然そっちのが良いのだが、値段が倍以上するので、中国製ブランドで一番まともなそれが私の定番になっていた。(そういや「DOVE」ってブランドもあったけど、「DOVE」って石けんもあるよね。実は石けんとチョコレートって同じ工場で作られていて、同じ製法だったりして…)

っていうか、昔海外土産で貝の形をしたホワイトチョコを貰ってきたウチの母親が一口食べて「あ、これ石けんだったわ。」といったことがあるのを思い出した。

「ん?待てよ、あれは本当に石けんだったのか?チョコレートだったんじゃないのか?」

そういわれてみれば、幼少の頃に近所の駄菓子屋で買ったコイン型のチョコレートにもそんな油こいだけのがあったような気がする。(実名を出すのは申し訳ないが某野球選手と同じ名前、フ●タのチョコとか・・・)

今更そんなことはどっちだっていいのだが、それから数日後私が歯磨き粉と思って歯ブラシにつけたのは海外製の文字が一切書かれていないチューブに入ったハンドクリームだったことを思うと(今思うと、たぶん石けんと一緒に入っていたのではないかと)、使い慣れない海外製品を貰ったときは、落ち着いてよく確認してから使用するに越したことはないということだけは間違いない。

食堂でソースと思ったら醤油だったり、コーヒーに砂糖を入れたつもりがしょっぱかったり、とにかくセッカチはいかんのです。
[PR]
by yaling | 2005-12-22 12:07 | ニュースなぼやき
<< そりゃアンタが考えすぎだわっ(笑) 今日の気になる一品 >>