「喫煙者は中毒患者だっ!」

禁煙治療に保険適用 ニコチン依存 病気と位置づけ

ハハハ。禁煙活動も来るとこまで来ましたね。

なんだかもう映画なんかでみる「禁酒法」時代のアメリカみたい。

病気でっせ。タバコ吸うのは病気です。

まぁ確かにやめたくてもやめられないのは中毒症状ではあるんだろうけど。でもこれってさ、「やめる気のない人」は病気じゃなくて「やめたいのにやめられない人」は病気ってことでしょ。現実的には「やめる気のない人」だってニコチン中毒なんだろうけど、ここのところどういう解釈なんだろう。

大体、喫煙を「病気」と位置づけた場合、やっぱりそんな国民の健康を脅かす「タバコ」は製造・販売を禁止しないと辻褄が合わなくなるような気もするし。

もとをただせば喫煙者のマナーの問題から始まった禁煙運動だと思っていたけど、ここまで来ると非喫煙者の私でも「なんだかなぁ」って印象を受けてしまう。

そういえば昨晩、テレビ番組「僕らの音楽2」でキムタクとDef Techの対談ってのを見てたんだけど、キムタクってタバコ吸うのね。なんかテレビでキムタクがタバコ吸ってる映像を始めて見た様な気がしてちょっと不思議に思った。(いやね、別に子供の教育に良くないとか、そういうんじゃなくって、私個人的に以外に思ったから…ただそれだけなんだけど。)

タバコのCMでタバコを吸う映像を流しちゃいけないなんて話が始まった頃からなんだか中途半端な感じがしてスッキリしないなぁって思っていたんだけど、「病気」扱いとなるとこりゃもう「魔女狩り」に近いものがある。どうする喫煙者の皆様!

もしよければそんな喫煙者の方々の意見を聞いてみたいもんです。
[PR]
by yaling | 2005-11-26 11:16 | ニュースなぼやき
<< やっぱり中国人にデリカシーを求... 下のチビももうすぐ2歳。 >>