日本橋「でんでんタウン」の誤算

10月1日会社更生法に申し立てられた「ニノミヤ」がリニューアルオープンした。

「でんでんタウン」では、その一週間前ほどから

「10月1日 二宮事件」

と書かれた「どす黒い赤色」ののぼりが商店街の通り沿いに立てられていたのだが、イメージカラーとする「ニノミヤの赤」とはちがったその「どす黒い赤」に私はなんだか薄気味悪い印象を受けた。(これが10月1日に起こる「二宮事件」の予兆ではあったのだけれど…)

で、事件当日、リニューアルされた「ニノミヤ」がいよいよオープンすることになる。


確かに以前の薄暗い古臭い店内は改装によって明るくはなった…それだけ。

店員の無愛想さは以前のままだし、大して安くもない商品価格もこれまで通り。会社更生法によって選任された保全管財人はナニをやってるんだろうか。

しかも挙句の果てに、29日にリーグ優勝をした阪神タイガースの「優勝セール」をしている「ジョーシン」の方が客の入りがいいだなんて、なんなんだ?このタイミングの悪さは。

ダメなヤツは何をやってもダメだってことを改めて実感した今回の「二宮事件」。ああ、これは確かに「事件」だわさ。ここまで「どんくさい」のってやろうと思ってやれるもんじゃないもんね。

「でんでんタウン」もさ、あんな「薄気味悪いのぼり」を商店街中に揚げるぐらいなら、黙って「阪神優勝おめでとうセール」ののぼりを挙げたほうが街としても素直に盛り上がったとおもうんですけど。「ニノミヤ」のみならず「でんでんタウン」も終わってるのか?

ハァ~、行く末が案じられますわ。

今日の一言:「あかんもんはあかん」
[PR]
by yaling | 2005-10-03 10:57 | その他のぼやき
<< 趣味の多様化と細分化 ちょっとこれすごくない?「自己... >>