これがアメリカ的な「情報操作」なんだろうか?

ナゼ読めない…「アマゾン」で1年超も品切れの本
「拒否できない日本」定価735円の本が常に売り切れで、3000円のプレミア価格に?

なんだろうね。これ。(で、ついでにその「要望書」の和訳はコチラ

抜粋:
郵便金融機関(郵貯ならびに簡保): 郵便金融機関が、国内信託の枠組みを通じて投資顧問会社の資産運用サービスを利用することを認める。郵便金融機関に対する新たな金融サービス事業案はすべて、導入前に完全にパブリック・コメントや検討の対象とすることで、民間部門によるサービス提供を促進し、その透明性を向上させる。

こんなたった数行に書かれた文章に対して純ちゃんってば、衆議院を解散してまで実行するほどの行動力があるんだね。だったら、国民の要望なんてモンはもっと簡単に実現させられるわよね?たのもしいわぁ。

それにしてもアマゾンはそんなこと平気でしちゃうんだ。ちょっと前にも「マンガ嫌韓流」が一位なのに一位になっていないなんて話題になったばっかりだったし、なんだか薄ら寒い話だわ。

ま、「拒否できない日本」は「amazon」以外だったらどこでも定価で購入できますので読みたい方は間違ってもマーケットプレイスで購入しないようにね。

文藝春秋オンラインショップ
[PR]
by yaling | 2005-09-17 12:42 | ニュースなぼやき
<< 【価格破壊王】その名も中内●!! 期間限定「アンチウィルスソフト... >>