9・11「衆議員議員選挙」への道

連日テレビに出てくる各党の代表者たち。

いやー。なんでどうして「政治家」ってのはああなんでしょうかねぇ。

あーでもない、こーでもないと屁理屈こねてなかなか的を得ない。

民主党なんかが「郵政民営化には賛成だが、法案には反対」なんていうのも言いたいことはわからなくもないが、ならそれなりの対処の仕方があったはず。なんでただ「反対」としか言えなかったのかその理由を聞きたい。けど言わない。

まぁ見てるこっちの知能レベルに合わせてお話するのが難しいのもわかりますけど、それだから小泉さんの「これは郵政民営化反対か賛成かを問う選挙なのであります!」なんて言葉に世論も載せられちゃうわけで…。

もっと簡潔に、もっとシンプルに、透明感のある議員さんがいればいいのになぁ。

そこで、冗談でもなんでもなく、マジでネットを基盤にした「インターネッ党」とか結成してさ、(ネーミングセンスの良し悪しは置いといて…)

「マニフェストはBBSに寄せられた閲覧者たちからの意見をまとめサイトとして作成」

「収支決済は全てエクセルフォーマットでネットで公開」

「議員活動のすべてをリアルタイムストリーミング放送いたします」

なんてのがあったらいいのにと思った。

そんなのがあったら一票入れるな。間違いなく。


ただね、日本って国はもうすでにかなり危機的な状況に立たされている訳ですよ。借金借金で自転車操業してるヤフオクの出品者よりも首が回らない状態な訳ですよ。自分の汚れたケツ拭きを何代も後の子孫たちに押し付けるようなマネをしてるわけですよ。

こんな状況において国民にとって耳ざわりのいいマニフェストなんてありえるわけない。現状において痛みの伴わない政策なんてものはハッキリ言って眉唾モノで信用できない。確かに国の金の流れをキレイにすれば本当はなんでもないことなのかも知れないが、たとえ政権を取ったところで今の野党にそれだけの改革をやりとおすだけの力があるわけがない。

かと言って、私なんぞは「か弱い人間」でありますゆえ、あまりにも痛そうなことばっかり言われちゃうとすぐにぐうの音をあげてしまうのでご注意あそばせ。

それにしても、急にどこぞの「フェミニスト」団体かのように女性ばかりを擁立する「自民党」のやり方はエゲツナイけど、「国民新党」の面々の絵面もかなりエゲツナイ。(とくに綿貫氏の顔。あれは漫画にでてくる悪徳政治家の顔だ。注意:実際にそうだとは言っておりませんのでお間違いなく。)

新党「日本」においては田中康夫知事の横で顔に日の丸のフェイスペイントでニコニコしながら一緒に「ニッポンちゃちゃちゃ♪」をやっている小林興起氏が不気味で痛々しい。

不気味といえば、いつも選挙の度に不気味に思っていた梅田の大きな歩道橋埋め尽くすあの宗教団体の集まりなんかは(信仰心を背景に政治活動というのがどうもひっかかっていた。)今思えば、それでも「インターネッ党」じゃないですけど、彼らの意見を反映していそうで、他のに比べれば健全なのかなぁとも思えてきた。(これも実際のところはどうかなんて知りませんけど。)

あとオマケの新党「大地」!アンタラの大地はすでに「不毛」の大地やないかい!

とにかく国会なんてものは田中真紀子言うところの「伏魔殿」であることに違いなく、(そういったアンタは伏魔殿のプリンセス)そんな魑魅魍魎の集まる国会議員候補者たちの中に本当にデビルマンがいるのかどうかをあと2週間足らずの間に見つけ出さないといけないわけで、もう暫く情報収集に明け暮れる毎日なのであります。

情報収集にはこちらの参考サイトからどうぞ
a0013882_13334063.jpg

[PR]
by yaling | 2005-08-25 13:33 | ニュースなぼやき
<< 今度の選挙は「ジャケ買い」か? 日本初!「性器無修正」劇場公開作品 >>