あら、こんなところにも「ゲートキーパー」が!

ソニー、映画評ねつ造で150万ドルの賠償金

ふーん。

自作自演って見つかるとかっこ悪いね。

でも、CMってどこかで「自画自賛」なもんだから、私個人的にはあんまり問題ないような気がするんだけどなぁ。

どこぞのオカマ評論家に「すごいんです!」なんてCM流してた映画もあったけどあれといっしょじゃんね。

今どき評価は金で買うもんだって思ってるクリエイターは映画業界に限らず(特にゲーム業界なんかに)結構多いと思うし…。

日本は比較広告も禁止されてるけど、結局は自己判断の世界なんだからさ、今どきマスコミの情報を鵜呑みにしてまんまと操作されてる人間の方がどっちかっていうと問題ありな気もしないでもないな。

っていうかさ、「全米公開興行収入ナンバー1」なんて結構詐欺っぽい謳い文句なんかずっとなくなんないしな。

日本の配給会社もこれを受けて500円返金してくれないかしら。宣伝みて面白そうだけど、見たらつまんなかったのいっぱいあったよ。

※ちなみに「ゲートキーパー」についてはこちら
[PR]
by yaling | 2005-08-16 20:37 | ニュースなぼやき
<< 小さいことはいいことだ! 増税と郵政民営化 >>