残酷・ショッキングな映像と現実

残虐ゲームもポルノも、大人が享受できる特権でいいじゃん。

aco様とは言い回し方が若干ことなりますので、異論だと思われる方もいらっしゃるでしょうけど、最終的な方向はたぶん同じなのでよく読んでね。

小中高と多感な時代に当時ブームだったこともあり、ホラー映画、スプラッター映画は劇場公開されると必ず見に行っていた。

最近はジャパニーズホラーが人気ではありますが、「いま有名なホラー映画監督は?」なんて質問されても、大して思いつかない。当時から現役でホラーを撮っている監督なんて「エルム街の悪夢シリーズ」の監督で「スクリームシリーズ」の監督でもある、ウェス・クレイブンぐらいか。(いやね、他にもぼちぼちいるんですけど、余程のマニア以外名前なんて覚えていないでしょ?)

当時は、ジョージ・A・ロメロ、ダリオ・アルジェントにサムライミ、スチュアート・ゴードン、トビー・フーパー、ルキオ・フルチなどなど、あげるとキリがないほど沢山の有名なホラー映画監督がおりました。

で、そんな映画を数え切れないほど見て私は大人になったわけですが、当時はスプラッター映画じゃ飽き足らず、興味本位でヤコペッティ監督の「世界残酷物語」からはじまる「モンド映画」といわれるものから、「ジャンクシリーズ」などのデスビデオのようなショッキングなドキュメンタリー形式の映画も沢山見ました。宮崎勤が感化されたとされる「ギニーピッグ」シリーズもすべてもれなく見ました。(あ、これはドキュメンタリーではなく完全な作り物でしたけど。ドキュメンタリー風味ではありましたが。)

昔の日本は家でニワトリを飼育して、大きくなったらさばいて食べていました。子供たちもそれを見て育ってきた。それが先進国になるにつれて、そういう部分は表に出てこなくなった。

中国の朝市なんて行くと今でもカゴに詰められたニワトリを自分で選ぶとその場でさばいて、熱湯で軽くゆがいて毛をむしってくれるのを見られる。

イラクで人質の首を切り落とされるシーンを先進国では残虐な行為だと大騒ぎしているが、私にしてみれば今更なにをそんなことで騒いでいるのか不思議で仕方ない。

アメリカの機関銃で人々を簡単に撃ち殺していくのはOKで、ナイフで首を切るのは残虐なんてのはホント意味不明。

昔見たビデオで死体を解剖するシーンがあった。頭の耳から耳にかけて頭頂部をメスで切って、頭皮をめくると、ズルッと頭蓋骨が現れる。その光景は中華料理屋でデザートに出てくるライチと同じである。

残虐でショッキングなシーンというのは確かに、目を背けたくなるものだが、それが現実である。

交通事故で顔が潰れたり、腕がちぎれたり、内臓が飛び出たり…。

わざわざ見たくないのに見る必要はないかも知れないが、それが現実なんである。

そこから「生と死」について学ぶことだって沢山あったと私自身思う。

子供の出産に立ち会ってから、妻とセックスできなくなる旦那がいると聞く。

私も立ち会ったが全然平気だった。さすがに、頭が出やすいようにハサミをいれる瞬間は見れなかったが、出てくるところはしっかりと見た。出血も伴うし、胎盤なんてまるっきりホラー映画の内臓みたいなもんなのだが、言ってみればホルモンである。妻と冗談で「焼いて食べたらおいしいのかな」なんて言っていた。

現実なんて決してキレイもんじゃない。人が死ぬと腸に収まっていたウンチだって出てくる。交通事故の事故現場なんてキレイなハズがない。

過保護に育てられた人間は死を理解できていないのではないのか。本当に生き死にを教えるのなら、現実を見る必要があるのではないのか。

なにも小学生にそんなもんを見せろと言ってるわけじゃない。でも、少しずつでもそれがどういうことかを教える必要はあると思う。小学校高学年の調理実習は生きた魚をさばいたりするのもいいだろう。中学生ぐらいならニワトリをさばくのもいいかも知れない。

そうやって自分たちが生きているということを教えてやればいいのではないのか。

ただ悪趣味なホラーや興味本位のグロは非難されるのも理解は出来るし、見たくないという人間に見せる必要もないとは思うが、見たいという奴にはとことん見せてやればいい。中途半端に隠すから、ややこしくなると思うのだが。

昔、日本のアニメやゲームは暴力的だと非難し、日本よりずっと以前から厳しいレイティング制度を採用しているアメリカではありますが、本当に成果があったと思ってます?そう思っている方は一度アメリカ産のゲームを手にとってみるといいですよ。「GTA」シリーズとか、私の知る限りで一番えげつなかった「ポスタル2」とか。こんなゲーム、日本人は絶対に作らない。で、レイティングでは当然のようにアダルト用になってるけど、これが絶対子供の手に入らないと思ってる親はホントめでたいねぇ。

そんなに過保護にしたいのなら、子供を外に出したらダメだな。監禁して、外部から一切隔離して育てないと。インターネットなんてもっての外だし。まぁそんなことしたら、人間的に問題のある子に育つか、例え人間的に問題なくても社会的に問題がありそうな子になっちゃいそうだけれど。

大人の都合にあわせてそんなことに目くじら立ててる暇あったら、一緒にデスビデオ見た方が得るものは大きいような気がしてきたよ。
[PR]
by yaling | 2005-03-05 12:30 | ニュースなぼやき
<< それにしてもみんな好きなのね、... これでいいのか!「アンディ・ラ... >>