引き篭もり?そんなもんは贅沢病だ!

職につく気も教育を受ける気も能を身につける気もない我が身を、どう祭ろうというんだね

ことなかれ主義の日本において、こじんまりと収まることなく、衝突を恐れることなく、果敢に問題提議をするお姿が眩しいacoyo様を援護射撃。(のつもりが誤射してacoyo様負傷…だったらごめんなさいね)っていうか、最近ホントにaco様以外の方々に見ていただけているのか不安な私でありますが…。

小さい頃に食事を残すと「世界には食べたくても食べられない子が大勢いるのよ」なんて、常套句はどこの家も同じなのではないかと思うんだけど、これを「引きこもり」に当てはめて「世の中には働きたくても精神的な病気で働けない人もいるんだよ」と集まったのがこの「ニート祭り」(めでたくない祭りは祭りじゃないけど、違う意味でこいつらはめでたい)だと思うんだけど…

そんなモンは「喝っ!」ですよ。(by大沢親分)

バーカ!「仕事したくても出来ない」だと?なめんなよ!こっちとら「仕事したくなくてもしなきゃいけないんだよ!」それを病気やらなんやらグダグダ言い訳ぬかしやがって、甘えてんじゃねぇよ!

本当なら自然界においては弱い者は淘汰されていくもんなんだよ。そんな弱者を守ってやろうと「人道的」なんて言葉を作ったのは人間だけで、他の動物たちは生きたくても絶滅していったんだよ。

そんな人間界でも貧富の差はどうしようもなく存在して、貧しい国の人たちはそれでもなんとか今日の糧を得るために懸命に生きようとしているんだよ。

は?病気?なにそれ。そんなもんただの贅沢病じゃんよ。嫌ならとっとと死んじまえ!

これからの世の中DNA操作してさ、病気を持った家系の人間は生まれる前にどんどん治療されていくんだよ。これがどういうことかわかる?劣勢な遺伝子はどんどん排除されていくんだよ。甘えたきゃ今の内に甘えておけばいいさ。どれだけカウンセリング受けようが駄目な遺伝子を持った人間はどうせ治ることなんてないんだからさ。

どっちにしろ悲劇のヒロインを演じるのもいい加減にしてほしい。

それでもどうしても、助けの手が必要だってのなら、自分の力でちゃんとした施設なり病院なりを探して、しっかりと地に足の着いた治療なり集団カウンセリングなりを受ければいいよ。あくまでも自分から立ち上がらないといけないよ。

結局自分の力でなんとかしようとすること意外に解決方法なんてないんだから。自分たちの苦しみを知って欲しいならちゃんと社会に出て問題提起しなくっちゃ。

間違っても「ニート祭り」に参加することじゃないことはハッキリとしてると思うよ。
[PR]
by yaling | 2005-02-10 12:55 | 仕事のぼやき
<< 今日は何の日? 宗教・信仰心について考える >>