自分でこんなカテゴリを作ったの忘れてたわっ!

紀伊国屋書店、Webと店舗で絶版文庫の販売開始

「古本のにほい漂う秋の空」いつも切れ味するどいacoyoさんからTBです。

ブックオフなどの古本屋がこれまでの古本屋の暗いイメージを払拭し、今や一般の書店にまでも影響を及ぼすようになりました。

書店に限らず、インターネットを利用して、家電なんかでもこれまでは卸販売しかしていなかった業者が、小売販売を始めてしまい、特に白物家電はその価格差が半端ではない為、我が家では量販店で家電を買うことはもう一生ないのではないかと思えるほど。

そんな私も子供の頃はお小遣い片手に、よく東通りや天満の古本屋にマンガを買いに出かけたもんです。当時は今みたいに立ち読み防止の為にちまちまとビニールをかける店なんてありませんでしたので、それこそ一日中立ち読みしようと思えば出来た、良い時代でありました。

私の場合はそんなカビ臭さや手触りや折り目に思いを馳せるほどの情緒はありませんでしたが、なんせお金がないものですから、半額以下で買える古本は本当にありがたい存在なのでありました。

古本屋に出かけるときは基本、お目当ての本がないときでした。最初ッから欲しい本が決まっていて、たまたまあればラッキーではありますが、無駄足となることが多いため、欲しい本があるときは一般書店に行き、ただなんとなく本が読みたい時は古本屋というのが私のスタイルでありました。が、しかし今ではブックオフなんかは、昔の古本屋とはまったく規模が違う為、ちょっとした文庫本くらいなら、ちゃんと置いてあったりするので本当に助かります。

それでもイチイチ探すのはやっぱり面倒だし(これも本屋の醍醐味なんでしょうけど)、わざわざ行ってなかったりすると徒労に終わってしまう。

でも今の世の中、本屋へ行くのもすでに時代遅れ。アマゾンなんかではほとんど送料なし(1500円以上購入で無料)で本が買える上に、探すのも楽チン。だったら、古本もネットで買えないものかと思って調べてみると…


ありました。


【古本市場】

私も何度か行ったことのある古本屋がネットで古本の販売をしておりました。

何冊買っても送料300円。

タイトル検索・著者検索で簡単に在庫をチェック。

日本中のチェーン店から在庫を確認して取り寄せ可能。

「古本だからかなり傷んでいたらいやだなぁ。」なんて心配御無用。
状態がお気に召さないときはちゃんと交換してくれるんです。

すごいです。ちゃんとシステム化されてて、かなり便利&安い!

別に古本市場から一銭ももらってませんし、回し者でもありませんが…。

気になった方は一度お試しあれ。
[PR]
by yaling | 2004-10-24 15:06 | 本のぼやき
<< 【セックスレス解消!】…できるのか? ナウなヤングにホットでクールな... >>