人間のエゴ

 ハブとマングースをプールで競わせる。何が「ちょっと面白い話」だ。

今日もメロメロメロ~ンなacoyoさんからTB。

あら、acoyoさんお怒りです。

でも人間って本当に意味がわからないくらいエゴイストです。

自分さえよければいいんですよね。

だいたいずっと昔、地球上に生まれた生物として、人間は特別な存在じゃなかったはず。そりゃ他の動物たちよりも多少の知恵はあるかも知れないけど、それだけのこと。全知全能の神になれたわけでもない以上、いくら頭がよかったっていっても猿知恵程度。

そんな人間たちが今頃になって環境とか自然とか言ってみたところで後の祭り。

手っ取り早い方法は人口減らしゃいいわけですよ。

チッコイ地球に対して、無駄な消費ばかり多くて、何の生産性も持たない人間は破壊者以外の何者でもない。それがむやみやたらと増殖しちゃうんだから、たまったもんじゃない。

そんな人間も昔は一応、生態系に組み込まれていました。

人間も自然の中で他の動物たちと「くんずほぐれつ」して生きていた訳ですよ。それが18世紀の産業革命以降、急速に機械化が進み、人口も飛躍的に急増したんですよ。人口増加の折れ線グラフ見たことあります?

そりゃもう「ギューン!」って感じで増加したわけですよ。

で、今も増え続けている。

今更どう頑張ったって、悪あがき程度にはなっても、元の地球には戻せないわけですよ。

そこに、アメリカなんかは【京都議定書】を無視することを決めたわけですよ。自分たちの利益が優先だと。

もう、どうでもいいや。好きにしてよ。どうせそのうちみんな死ぬんだから。

でもね、今の生活はそんな犠牲の上にあることは忘れないで居ようよ。

動物たちをそんなに大切にしろなんてのも今更どうでもいいや。

イルカやクジラは可哀想で牛は食べてもいい。

そんなのもどうでもいいや。

だって、人間だもんね。エゴイストだもんね。

でもね、意味も無く殺す必要はないじゃん。食べるのならまだしもさ。

大して面白くもないショーに死ぬ思いで出演させる必要はないじゃん。面白いのならまだしもさ。

そういえばこの前、箕面(関西では猿と滝で有名な場所)に行ったらね、滝の前に一匹の猿がいたのよ。

昔はクソほどいたけど、何年か前から山に(自然に)猿を帰そうとか言いはじめたのよ。

そしたら、そこで働くおっさんがね、大きな棒を振り回して猿を威嚇しだしたのよ。

猿は何もしてないよ。まぁ餌もらえるかなぁぐらいは思ってるだろうけど、ただそこにジッとしていただけなのに。サルを山に追い払うために、棒切れ振り回しながら

「ぎゃー!ぎゃー!」

言ってるのよ。

「お前サルかっ!」

って言いたかったわさ。

で、猿は仕方なく、すごすご山の方に戻っていったのだけど…

っていうか、人間が街に帰ればいいのよ。猿のいた山に観光地を作ったんだから、どっちが遠慮しなきゃいけないって、人間が遠慮すればいいのよ。山に帰すって言っても滝のある場所はすでに山の一部なんだから。

餌をあげないようにするのはそれでいい。だいたい何でもかんでもあげちゃうとサルの健康にもよくないしね。

でも追い払う必要はない。

ダメだっていうのに餌をあげる人間のほうにこそ問題ある。(最低限のルールぐらい守れよ。)

猿はこれっぽっちも悪くない。

猿だけに黙って去るとでも?



サルわけないやろがーっ!(そっとしておいておくんなまし)


たぶんサルたちが「お前たちが出ていけー!」って思ってるやろうね。

今更、私たちが自然に帰れない以上、もう少し動物や自然に敬意を払った方がいいよ。

失礼だよ。全く。
[PR]
by yaling | 2004-10-12 15:26 | ニュースなぼやき
<< インターネットの検索能力はPC... 何コレ?安すぎない?ニューヨー... >>