本日、宅間守死刑囚(40歳)【死刑執行】

【児童殺傷 宅間死刑囚の死刑執行】

あのね、私こんなバカは死刑でいいと思っていました。

他人に迷惑かける奴はみんな死んでしまえと思っていました。

彼に殺された児童たちの親の立場になってみれば、すぐにでも殺したい気分だっただろうと思います。

【昨年9月末の死刑確定から一年弱の極めて異例な早期執行】

それでいいと思いながら、なぜか釈然としない。

胸の中のモヤモヤがいつまでも消えない。

何これ?

死ぬのなんて簡単なもんだね。

事件が起こってから、遺族たちはどれだけ苦しい毎日を送ってきたんだろう。

いや、これからもどれだけ苦しい毎日を送っていかなければいけないんだろう。

遺族の方たちにしてみれば、早く死んで欲しかっただろう。

でも、いざ死刑が執行されてしまうと

「こんな簡単でよかったの?」

これで本当に宅間死刑囚のしたことに対する罰になるんだろうか。

これで本当にあの尊い8人の命を奪ったことを償ったことになるの?

死ぬのも恐くないバカを殺してやったところで本当に遺族も報われたんだろうか。

こんなバカは何十年もモガキ苦しんで死んでいけばいい。

希望通りに、こんな簡単に死ねるのはおかしいんじゃないのか。

こんなブログ見ていないでしょうけど、遺族の方たちの意見を聞きたい。

もし、遺族のうちのひとりでも「これでよかった」と言ってくれれば、少しは私の胸のモヤモヤも消えるような気がする。

死刑に反対はしない。

更生の見込みがあるのかどうかの判断は難しいかもしれないけれど、凶悪な犯罪を犯した人間すべてを死刑にするのは難しいかもしれないけれど、それでもどうしようのない人間がいることも確かなことだ。

でも本当に、これでよかったんだろうか?
[PR]
by yaling | 2004-09-14 18:15 | ニュースなぼやき
<< シャマラン監督は本物?偽物?【... ジョン・ウーの【ペイチェック ... >>